2017年04月18日

玖珠発の九重サイクリングでしばかれてきました

最寄りのリバーサイド&裏道研究家であるあつなお氏と、玖珠スタートで小国、九重方面へ走りに行ってきました。最近導入されたビアンキ ニローネ号の初ロングライドでもあります。

ざっくりルートは

玖珠→天ヶ瀬→松原ダム→小国→茶のこ→黒川温泉→牧ノ戸峠→九酔峡→玖珠

というもの。そして、おそらくはみなさんが思い描く道ではない、わき道というか裏道をチョイスして走るルートでした。それなりに坂はあるけど車と絡まないから大変走りやすかったです。あつなおさんありがとうございます。グッジョブでございました!

170414_084619
まずは玖珠スタート。あの山へ上るイベントもいずれはやるっぽい。ヒェー

170414_085042
踏み切り停車は撮影の時間です。桜と青い人と黄色い車両と山の緑で色合い盛りだくさん。

170414_085415
これぞあつなおチョイス、という道ですな。下調べが半端ない。

170414_090219
まず来たのは三日月の滝。落差はないけど岩盤がバキッとなってる様はなんかすごい。

そして久しぶりのSPD-SLシューズでよちよち歩き。岩場超こわい。

さらに少し走って慈恩の滝へ。170414_093104相当昔に来たような気がする程度でもちろん自転車では初。

さて、ここから松原ダムへ向かいます。一応県道ですがなかなかの田舎道。とにかく車と遭遇しないいいルートでした。

170414_101545
こんな感じのところをまったり走ってると「サイクリングたーのしー!」ってなりますな。

170414_102425
そしてたまに千切れる

170414_103455
もうすぐ松原ダムってあたり。気持ち良いよい。

170414_111150
そしてダムに到着!

松原ダムと下筌ダムでダムカードゲット。このダム沿いは工事アリ勾配アリでちょっと走りづらかったですね。

170414_112156
走りづらいといえばハンドルが若干曲がっていたりもしましたがドンマイ( ^o^)ノ

170414_113445
季節的にも最高やないか!

ダムから小国までの小国街道は多少車とからむも快走路ですね。トンネルの歩道が広いのもよかったですわ。

そして小国を通過して「茶のこ」に到着。ここはマスターが自転車乗りなこともあり、福岡からも自転車乗り走りにいく有名なカフェであります。ごはんもスイーツもお茶も美味しい!

170414_124915
ごはんに鳥からあげがのった茶のこランチをいただきました。とりがしみるぜ。

この日はニコ生ジャージを着ていたからか、マスターから「綾祢さんとかとブログに載ってるイワナミさんですよね?」と声をかけていただいきびっくり。ニコ生ジャージと綾祢さんの有名さに便乗だ!このビッグウェーブ、乗ってこう!(笑)

てな感じでモリモリごはんをいただいていたら、あつなおさんがなにやら驚いた感じで入り口を見ている。なんぞ?と思ったらサイクルジャージ姿のあんぢ師匠がニコニコ近づいてくるではありませんか!そういえばツールド国東のAコースにエントリーしちゃったから走らないといかん、なんて言ってたけどなんでまたここに?

師匠いわく、インスタグラムで我々の動きを見て、お昼ごはんは茶のこだとあたりをつけて自走で来られたとか。タイミングバッチリですよ!

三人でごはんしてお茶して、たまたまいらしたサイクリストの方も交えて盛り上がり、それはもう楽しい時間でした。はぁもう帰りたいけど最後に牧ノ戸超えないとなんですよね~。しゃーない、がんばりますか!

170414_140724
久しぶりに見た師匠のフィブラ。ド派手である。

170414_141456
お疲れっした!エネルギーが残り1/3とのことでしたが、帰りもお気をつけて!

茶のこからのルートが渋くてですね~。国道へ出ずに奥へすすみ、そのままずんずん山の方へ。170414_142313
よろしくあつなお先生!

170414_143234
坂で千切れるのは仕様です。

170414_143515
なんか開けたけどどこだここは?

正直どこ走ったのかいまいち分かりません。気がつけば黒川温泉の中にいました(笑)

黒川温泉を通り抜け、さらにメインでない道をえっちらおっちら。

170414_151038
なんだか九重エリアっぽい感じになってきたぞ。

170414_154340
この先で牧ノ戸への峠道に出るみたいだけどもなんだ坂こんな坂~(*_*)

正直、もう登坂力が売り切れてまして、あつなお氏にはなんども待ってもらいつつのサイクリングでした。いつもありがとうございます!

あとはゆるい勾配をのぼって牧ノ戸峠を超えるだけなんですが、この勾配でも登れんのか俺は!?というくらいに全然走れませんでした。牛歩戦術かと。

170414_161347
でも絶景だからがんばれる。というか休憩いれないとがんばれません(^^;)

170414_162439
たぶんもうちょっと。そして気温が下がってくるのを感じます。

上ってるときは別に大丈夫なんですが、下りはウィンドブレーカー的なモノが必須ですな。

170414_164046
やっと着いた-!本日の登坂はほぼ完了!

いやー、しんどかったッス。でもニローネのポジションがドンピシャに合ってて、走りも軽い操縦性も良いでサイクリングをとても楽しめました。良い自転車ですわー。てれすけさん、綾祢さん、ありがとうございますm(_ _)m

さて、あとは下り基調です。自転車乗りが下り基調というとかなりの確率で上りが入るんですが、ここからのルートはほぼ下りでした。よかったですw

170414_170343
半感応式の信号は人間でも反応することを証明し、信号を青にする青い人。そのもの青き衣をまといてシグナルを青にするべし!

170414_172457
下り途中で寒くなり缶コーヒー休憩。気温の違いからか桜まだまだ満開でした。

170414_180103
下ってきたらもう日が傾いてきてました。影が長い。

170414_181813
そして豊後の森駅跡に立ち寄りました。いつの間にかSLが!(情弱

170414_182136
チェレステは背景に埋もれないのがよいのであります。

絵になる公園だけに、どう撮るのかむずかしいっす。また撮りにいきたい。

あとは車のところに戻るだけ。

170414_182847
110kmの山ライド、おつかれっした!やっぱり自転車たーのしー!

この後日田のプノンペンラーメンで補給し、帰路につきました。あつなおさん、ありがとうございました。また行きましょう!

posted by イワナミ at 00:56| 福岡 ☔| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

2017 BRM401 ヤマネコ200はリタイアしました

今年も対馬で行われるブルベに参加してきました。が、結果はDNF。リタイアです。トラブルもありましたけど、乗ってない、太った、が主な敗因ですわ。200kmで3700mくらい上る山岳ブルベなのに全然上れないんですもの(*_*)

とりあえず時系列で振り返ってみましょう。

170401_044936
もうじき対馬に着くので準備する人たち

0時出航、5時到着のフェリーです。今回は目が冴えて全然眠れずに着いてしまいました。ビビッたか俺(笑)

下船して自転車を組み立て、500m先のコンビニへ用意し忘れていた朝ご飯を買い出しに。サラダチキンを流し込む。やっぱり鳥ですな!

170401_055957
ブリーフィングを聞いて、いよいよスタートです。

170401_061254
夜が明けていく中を走り出す。

のっけから登坂です。今回は天気が良く無さそうなので雨具を携帯しています。これが結構重たい。さらに対馬は食べ物を補給する場所がほとんどないのでミニ羊羹を13個とエナジージェルを三個フレームバッグに装備。これだけでずっしり重い。そして自分もお正月にくらべて3kgは重くなっております。上りがきついのなんの。

とりあえず一つ目の山頂に到着。みなさんまだいらっしゃるので一安心。

170401_070051
とか思ってたらスタッフの綾祢さんがブロンプトンで上ってきちゃったよ!すごいな!変態や!(笑)

ひとしきり盛り上がったところで先を急ぎましょう。シュー…パアン!!

山に木霊す破裂音。バーストです。私です(ToT)

img170401_ayane01_3
いそいで原因を探る [Photo by Ayane]

このパアンは通常のパンクじゃないですね。サイドカットの可能性が高いです。過去に泣いた記憶がよみがえる。タイヤを探ったらやはり穴が開いてました。どうやら後輪が下にずれた状態ではまっており、フルブレーキのタイミングでシューがタイヤに接触し、タイヤが切れた模様。初歩的なミスです。あほやー。

穴は一部ですが長い区間が削れてて怪しい。とにかく穴に裏からガムテを張り、こんなこともあろうかと持っていたヤマダ電機のポイントカードをタイヤとチューブの間にすべり込ませてタイヤブートにします。応急修理完了。ただし空気圧はやや低め。

補修具合からしばらくは走れそうだし、H谷さんに付き添ってもらってPC1まで行くことにしました。

リアタイヤがめっちゃ気になるので路面のギャップに注意を払いつつ走ります。段差怖い。なんかタイヤの一部だけ感触が違うような?なんて疑心暗鬼になりつつもとりあえずPC1に到着。まだ30kmくらいなのに正直しんどい。

img170401_ayane01_10
PCなのでサポートをいただき、予備のタイヤを念のため携帯させてもらいました [Photo by Ayane]

やめるにはまだ早いから、次のしんどいポイントである烏帽子岳まではがんばろう。そこの登坂で判断しようと思いました。

コースプロフィール的には重たい山岳はそうないんですが、国道レベルでもアップダウンがたくさんあってとてもキツイ。途中で雨脚が強くなりカッパ装備。初めて透湿ゴム手袋のテムレスも導入。たしかに通気してる感じがする!なんて思いつつ烏帽子岳付近へ。なんで海抜ゼロ付近まで下るのか(*_*)

烏帽子岳は150mくらいだけど途中の勾配がとてもきつい。前回はダンシングでなんとかしたけど今回は無理。結構な距離を押しました。もう私の登坂力はゼロよ。

なんとか上まで上りきり、展望台へ。

img170401_tsushima200_6
景色はいいけど、もう元気ないッス [Photo by Hase]

60km走ってのこの消耗具合での完走は無理と判断し、ここでDNFすることにしました。ハセさん付き合ってくれたのに申し訳ない-。

img170401_tsushima200_8
今回のブルベは一応終了。お疲れ俺。

ただ、対馬の公共交通機関はほぼないに等しいため、今夜の宿まで走らないといけないのであります。登坂ありのざっくり30km。気持ち折れそう。いや、折れてるんだけども(笑)

11時くらいだし、まずは腹ごしらえどころを探しましょう。鯛焼き売りのおいちゃんと話してたら20kmくらい戻ったところにレストランがあるらしい。おいしいよ、とのことだったのでそこに決定!そこまでは手持ちのようかんでしのごう。13個あるからカロリー的には大丈夫なんだけども。

img170401_tsushima200_9
この段階でのサイドカット部分はこんな感じ

穴が少し広がってるような気が。やはりこの先はやめて正解かなと。

170401_120208
水面の桜と絡めてみたの図

ルートはわき道には目もくれずにひたすら国道を。それが一番近いし楽そうでしたが、やっぱりしんどい登坂の連続でありました。1時間半くらいで橋のたもとのレストランに到着。精神的に長かったですわ~。

img170401_tsushima200_11
さわやかランチをいただく

景色のいいカフェレストランでした。美味しかったけれど、土地のモノを期待してしまっていたのでちょっと残念でした。贅沢な話しですがね。

170401_135600
この橋の横にありました。ゴールまでもうちょいだし、ブルベで寄るのはむずかしいかも。

ご飯食べ終わったのが14時くらい。15時くらいにはお風呂が用意されるらしいから、時間的にちょっと早いなーとか考えつつ走ってたら、「なんちゃら砲台跡」の看板が!とりあえず寄る!

綾祢さんから砲台跡とか寄ったらどうですか、なんて聞いてましたしね。戻るのもまだ早いしちょっと寄り道です。

って!なんだ坂こんな坂登場!結構上らされました。そして一気に下る。

170401_142027
お、あと2kmならがんばろう

170401_142021
1.5km先だけど、天空のって、もしかして山頂とかなの?

いやな予感がしましたが、先へ。なんだか道が狭くなって参りました。

170401_141503
この先かー。1kmチョットあるっぽいな。

サイドカット状態のままなので、ダートはさすがに断念。引き返しました。ちょっと見たかったけど、ここのリスクはやばそう。

下ってきたのを再登坂は勘弁じゃー。迂回路はどこかいな?探してみたけど来た道しかありません。砲台跡を紹介してくれた人のことを想い出しつつ神と仏を呪いながら再び上りかえす。ひとおもいにころせー!みたいな。

でもまだみんながんばってますからね。雨とか降ってないだけ平和ってなもんで。宿まで残り数キロ、がんばれ俺。最後まで登坂は続き、宿に到着したときの走行距離は96kmでした。登坂は1800mくらい。よくがんばった俺。

着替えてお風呂入って軽くビールをいただいていたら、スタッフカーより入電。ゴール受付を担当することになりました。初めてだったのでお手数かけさせちゃいましたけど、みなさんのご協力でなんとかなりました。ありがとうございました~。

img170401_ayane01_11
受け付けマン。とはいえ全部書いてもらうんで大したことはしないんですけど。[Photo by Ayane]

終盤は豪雨とか雹が降ったりでみなさんなんとか生還した感アリアリでゴール。ちょっと感動しちゃいましたわ。ランドヌールすげえ。

ゴールした人への対応なんかしてたら宴会もう始まってんじゃんw 乾杯の時間には居られたからまぁいいか。

img170401_ayane02_1
かんぱーい! [Photo by Ayane]

たまたま座ったとこの周りが韓国からの人たちでちょっと緊張したけど、アプリとか英語でコミュニケーションは普通にとれたし、お互いお酒いける口だったのでめっちゃ盛り上がって楽しゅうございました~。Joo, Steve, Han, See you next year!

このあとはあんまりおぼえていません(・∀・)

2017_0401_nehan
しんでいたようです(・∀・) [Photo by Nagashima]

泊まる部屋が宴会部屋になってて、部屋に戻ったらすぐ寝ていびきかいてたそうで。なんかすんません( ^o^)ノ

おかげさまで次の日はしっかり目が覚めて朝からご飯モリモリいただきました。美味しかったですわ~。旅館の方々、ありがとうございました。

img170401_ayane02_4
みなさん、お疲れっした!

特に主催のイシカワさん、スタッフのたいかんさん、綾祢さん、お疲れさまでした。いろいろありがとうございました!次回は完走出来るようにがんばりたいと思いますので、是非ともまたよろしくお願いしたいッス。

あと、酒は飲んでも飲まれるな>俺

posted by イワナミ at 00:12| 福岡 | Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

対馬の200kmを走りきるために登坂練をやってみた

走った後の飲み会につられて今年も対馬の200kmを走ることにしました。

対馬のコースはとにかく登坂の連続です。海沿いのあそこもまた上るのかと思うと気が遠くなりそうなので、少しでも登坂力を揚げておく必要があります。とにかく坂を上るのが早道です。ということであつなおさんとちょっと坂を走りに龍王林道へ行ってきました。

170318_ouka4
龍王林道から森ん子を望む図

龍王林道は上って下ってを繰り返すだけなので練習にはもってこいです。ただ、とてもつらい(笑)

170318_ouka1
山の中をえっちらおっちら。

今回は龍王林道を越えた先にある王香の餃子をニンジンにしてがんばりました。

170318_ouka7
餃子定食に鶏の唐揚げを追加してみました

餃子は独特のトロッとした具がナイス。美味しいっす。そして唐揚げがまた美味しかった!そして食べ過ぎだ!w

あつなおさんは用事があってここで撤収。残りメンバーはカレーさんいきつけのジェラート屋さんを目指します。そこまでのルートはあつなおさんに教えてもらった一本道。これがなかなか走りやすくてようございました。あざます!

170318_ouka6
みるく畑でジェラートタイム。

塩こうじとナッツ的なやつを。うまし。ここからは力丸ダムへ上って裏猫を、と思ってましたが足が残ってなかったので八木山峠方面へ変更。こっちだと標高的にだいぶ楽なんです(汗

170318_ouka2
力丸ダムから森ん子方面へタラタラ走るとことを激写されたの図 [PHOTO by AYANE]

正直全然走ってなかったので足が回りませんでしたけど、なんとか走れたので一安心かな。もうちょっと走り込んでおかないとですねー。ローラーも回しはじめよう。明日から(笑)

そうそう、帰りがけにブルベ走行中の方々と八木山峠付近ですれ違いました。イワモトさん分かりやすすぎますw ブルベの練習中にブルベ参加者のすれ違うとはなんたる幸運。ツキが向いてきてる気がする。

posted by イワナミ at 23:28| 福岡 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

雪を求めて久住へ行ってみた

春めいた陽気が続いたねーと思いきや、突然の寒波襲来。結構冷え込みまして山の方は雪が積もったとか。久住登山の出発点になる牧ノ戸峠のライブカメラでも積雪が確認出来ますね。うーむ。雪山いけるかもしれない。

先日の雪山登山が大変面白かったのでまた行きたいなと思っていたら、最寄りの登山写真家あんぢ殿も同じ気持ちだったようでダメ元で行ってみることに。

170310_074852
やまなみハイウェイから見た久住はうっすら雪化粧。雪中行軍楽しめるかも。

今回は朝駆けではなく普通にいきました。朝日を待つ朝駆けだと絶景が拝めるかも知れませんが、寒風吹き荒れる中でご来光を待っていると低体温症とかひどいと凍死する可能性もありますからな。経験不足だし、無理はせんどこうと。

時間通りに集合。準備していきまっしょい!

170310_081847
牧ノ戸の登山口からいきなり雪。うひょー\(^0^)/

早速アイゼンを装着してまずはコンクリートの長い上りを。前回は真っ暗で真っ白だったので景色もなにもありませんでしたけど、今回は天気も良くばばーんと久住周辺の景色が広がっております。テンションあがる!

170310_084332
樹氷もできてていい雰囲気。来て良かった!

170310_084421
青空に樹氷が映えますな~。

170310_093125
さすがに全域雪化粧というわけにもいかず。

前日だったらもうちょっと雪があったんでしょうが、寒波マックスから一日経過していたので雪はそこそこな案配。でも自分的には十分盛り上がりましたがね!

170310_093921
素人登山家には絶景としか思えないッス。

170310_kujyu_an10
ルートをミスって雪道をヒャッハーするの図 [撮影:あんぢ殿]

今回は凍った御池で自撮りをするのが目的だったのですが、170310_100744
半分溶けてました。

さすがに氷に乗ることはあきらめました。無念なり。でもこういう絵面も珍しかろう。

この日は天気はよかったけど風が強くて、稜線歩いてるときなんかに体温をごっそり持って行かれ地味に疲労しておりました。一度避難小屋へいってティータイム。ついでに今日のルートとかも決めましょう。ノープランだったので(笑)

170310_103313
アルコールバーナーが使えなかった反省を踏まえて今回はガスバーナー持参。20年前の古いやつですが、壊れるところがないので普通に現役です(^_^)b

今日の行程は、近くに来てるからまずは中岳にいって、それから星生山へ行くことにしました。面白いところがあるらしい。

170310_110334
ひとまず中岳上るぜ-。

雪が残ってたりするので注意深く上ります。そんなに大した山じゃなくても油断したらいかんとです。

170310_110400
今期装備した用品類のスパッツ、軽アイゼン、ストック。ぜんぶモンベル。

やっぱモンベルはいいぞ( ^o^)ノ

170310_110243
そして中岳登頂!フハハ-! [撮影:あんぢ殿]

てっぺんはかなり風が強くてちょっと怖かったッスw

170310_110749
あんぢ殿の自撮り部活動を拝見。マンフロットの小型三脚いいなあ。

頂上付近は寒いので記念撮影をキメたら早々に撤収。

170310_112500
一旦また避難小屋にもどってお昼にしましょう。

ラーメンとおにぎりという普通のメニューでも寒い中たべるから美味いのなんの。でも袋麺は手間がかかるから再考かな。

170310_124439
あの岩のところとかいくんすか?マジすか?

170310_124720
マジだったw

画像だとあれですが、いうても大したとこじゃないのでご安心を。

中岳から星生山方面へのルートは岩場もそれなりにあってなかなか面白いっすね。あんぢ殿が気に入ってるのもなんか分かります。

170310_125450
歩いてきたルートを振り返るの図。なんかすごいとこ歩いてきたような気がする。

170310_130414
山登りも面白いぜ! [撮影:あんぢ殿]

170310_130525
スナイパーがでたぞー!みたいな(笑)

途中で撮影遊びをしながらテクテクと歩きます。

170310_131612
稜線歩きも楽じゃない。

170310_131756
ルート上にある面白い岩屋。なまえ何でしたっけ? [撮影:あんぢ殿]

170310_131956
部活動を見守る。

170310_kujyu_an5
部活動に乗っかって撮っていただいた一枚。あざっす! [撮影:あんぢ殿]

170310_133248
人の顔に見えた石。ちょっとしゃくれた人がナンダコノヤローとか言ってる感じ。

170310_133944
えっちら歩いてもうすぐ星生山。がんばろう!

170310_134710
しかしここはちょっと怖いっすな(*_*)

あんぢ殿に先行してもらってなんとか。

170310_135332
星生山とかいて「ほっしょうざん」と読みます。

このてっぺんも何にもないのでさっさと下山しますか。

170310_140138
といいつつも下山途中で一服。ここは風もなく気温もあがって気持ちよかった。

そして下のルートに下りたとたん、路面がひどいことに。

170310_143004
凍ってた地面が全部溶けてぬたぬたです。

もはや田んぼでした。すべるし靴は重いしでとてもしんどい行程になりました。道理で登山客が少ないわけだ。

170310_144812
哀しいくらいべっしょりです。そして俺様を愚弄するデジカメのヒモアゲイン。

泥道は結構長くて肉体的にも精神的にもやられましたなー。ラストのコンクリートロードに出たときに嬉しく感じたくらいに。

170310_152643
しかし地味にここは雪が残っており、アイゼン着けるほどもないか?と思いつつズルズル下りました。今思えばアイゼン着ければ良かったかも。自分のはお手軽装着ですしね。

170310_154006
靴はどろんこ。でもさすが防水登山靴、まったく浸水はありませんでした。

170310_154637
お片付けして一息いれましょう。

170310_155335
ゆず茶で一服。いやー、なかなか面白かったですなー。泥以外w

8時スタートの16時完了。なかなかイイ感じだったのではないでしょうか。今回もエスコートありがとうございました!またどこぞ行くときはお供させてください~>あんぢ殿

雪山と言えば大山とかよいらしいですな?来期は是非とも行ってみたい。

posted by イワナミ at 13:38| 福岡 ☀| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

Bianchi NIRONEさんがやってきた!

最寄りのブロンプトン車載愛好家でおなじみ綾祢さんから、BianchiのNIRONEというロードバイクを譲り受けました。

170304bianchi_get1
ロードバイクゲットのよろこびを全身で表現する人 [撮影:綾祢さん] (ちなみにホイールは借り物です)

Bianchi NIRONEはビアンキのニローネと読みます。イタリア人です。ボンジョルノ( ^o^)ノ<仏

この自転車は、ブルベに参加されているてれすけさんがNIRONEのフレームを忘年会のじゃんけん大会景品に出してくれて、それを綾祢さんが見事ゲット。その後、綾祢さんが色々な方の協力を得てブルベ用マシンとして組み上げたものです。数回ブルベに使用されたものの、綾祢さんにはちょっとフレームサイズが大きかったのと、メインになるロードバイクがあるのでニローネちゃんは稼働率があまりあがらなそうだった模様。TOPチューブ長が57cmあるフレームなので乗り手を選ぶけど、ロゴダウの巨人にはちょうどよかろう、とパーツごとまるっと譲っていただきました。マジスカそんなたいそうなモノいただいちゃっていいんすか!?いいって?遠慮なくいただきますありがとうございます!(五体投地)

170304_nirone
ということでイワナミ家にビアンキが配備されました。

独特のアーチを描くフレームがいい。チェレステカラーも美しいっすねえ!

リアホイールはヨカとを借り、フロントホイールは自前のものを。ペダルはSPDに換えるつもりでしたがSPD-SLシューズがクリート付きで発掘されたので久しぶりにSPD-SLで。ポジションはとりあえずこのまま試してみましょう。

早速次の日テストライドに志賀島へ。

170305_110648
機材提供元の綾祢大先生にご同行いただく。いつもあざます!

海の中道を走ってたら先行するローディ発見。綾祢号加速して追い越しつつあいさつすると、なんと顔見知りのF元さんでした。世間せまい(笑)
そのまま一緒に志賀島を目指しました。が、早々に千切られました。お二人とも速いッス。じわじわ離されていき、フェードアウト。リアホイールは借り物のC50で高速巡航対応していたつもりでしたけども、敵が強大すぎました(涙

ともあれ、志賀島到着が11:30。おや?ちょうど最近オープンして評判がいいMegane Curry(メガネカリー)さんのオープン時間じゃないですか。さくっとお昼にしちゃいましょう!三人でエントリー。

170305_meganecurry
今日はチキンカリーの大盛りを。美味いっすねえ~。乗ってるパクチーがまたいいのですよ!(パクチーなしも可能らしいっす)

ご飯もたべたし、とりあえずひとっ走り潮見公園のぼりますか!ということになりました。なぜじてんしゃのひとはたかいところへいきたがるのかー(゚Д゚)クワッ

170305_125001
F元先生、発射!追いつけません!

170305_125326
綾祢号は久しぶりのロードで往路のハイスピード走行をかました結果、足が売り切れてしまった模様(笑)

170305_130716
潮見公園、のぼったぞー!

パーツ類のメーカーはバラバラでも結構良いパーツが結集しており、トータルでかなーり軽く仕上がっております。元々はエントリーグレードに近いアルミとカーボンの複合フレーム車両のはずなのに、手に持つと「これはズルい」と思えます。おかげさまで潮見公園への上りも思ったほど消耗しませんでした。今まで乗ってたアルミトレックが重く感じる予感がする(^_^;)

170305_133131
下ってからちょっと裏道経由でシカシマサイクルへ向かう。

改装中のシカシマサイクル、今はYショップ的な経営をされてますが、横にちょっとした休憩スペースが用意されており少人数なら一息つかせてもらえます。(2017/03/05現在)

しばしまったり歓談し、二時過ぎには帰路に。帰りはちょっといいとこ見せちゃろう!とがんばって踏んで売り切れたあたりでF元さんとはお別れ。お疲れっした!

その後LOROさんへ冷やかしにいったら写真展情報を小耳にはさんだので早速拝見しに。

170305_161841
そこにはケンイチ氏のブロンプトンがw

作品を拝見しつつお話を伺ってたら、図らずも自転車つながりな人たちが何人もいらして意気投合。作品含めとても楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました!

そして大橋の某ショップで気になる事案をちょっと確認して解散。軽く志賀島へ行って終わるつもりが、もろもろてんこ盛りで楽しい一日と相成りました。一日遊んでいただいてありがとうございました>綾祢さん

色んな方の協力で出来てるBiannchi NIRONE、大事にかつダイナミックに乗っていく所存であります!4649!(ロ_ロ)ゞ

posted by イワナミ at 00:39| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする