2006年11月01日

PQEditが便利極まりない

標準のIMEはバカで仕方がない、辟易する、胃が痛い、タンがからむ、自分だけに犬の遠吠えが聞こえる、マスキングがずれてたのに塗った、斜めにネジを締めちゃった、と、個人差はありながらも数々の諸症状に悩まされがちなMS-IMEであります。
[es]にはATOKが標準装備になって入力環境が改善されてうらやましいわけですが、当方は初代Zero3なので標準IMEがバカでも使うしかないんですわ。

IMEがバカだと文章書きに使う気がしなくなってくるもので、折角のキーボードがもったいなくなってきます。
そんなとき、PQEditを知りまして。

これはWinCE時代のPQBoxの進化型との位置づけで良いんでしょうかね?
ともかく、標準にはない予測変換、推測変換が可能になる優れ物です。
辞書を用意して分割加工する必要がありますが、詳しいページがありますのでそこのに書いてある通りに導入すればそんなに難しいことはありません。

最初は「辞書内の文字列が横に出るだけか」なんて大きな間違いをしてしまっていて、あんまり評価していませんでした。ごめんなさい。
メニューにある推測変換や結果を学習する、にチェックを入れてからというもの、マイ辞書を鍛えて行ってる感覚が楽しく、無駄に文字入力をしてしまいますw

今のところ、そこまで私の癖を反映してくれてませんが、いずれはスラスラと私の思った通りに入力候補を羅列してくれるようになりますように、なんて期待しつつ使わせてもらっておる次第であります。
学習機能がいかほどなものか使い始めたばかりで良くわかりませんが、少なくとも標準IMEに比べたら月とスッポンです。
カーソルの使い方が慣れてるMS-IMEのと違うのでちょっと戸惑いましたが、慣れれば全然OK。

PQEditはあくまでアプリケーションであって、そのままMS-IMEと入れ替えるっツーわけには行きませんが、起動オプションに「/t」をつけて一時モードで起動してやれば、特定のアプリ上へ書いた内容を送ることが出来ますから、そんなに気にはなりませんね。
キーボードショートカットに割り付けておけば気軽に起動出来て良いかと。

でもやっぱり各アプリ上で動作してくれるATOKを使いたいなぁ。
シャープ様、何とかしてくれませんかねー?
まぁその前に通信中着信を初代で実現して欲しいわけですが。

導入に関するURL

PQEdit作者様HP
mee_changの日記〜きれそうなわたしの12か月〜
http://d.hatena.ne.jp/mee_chang/



辞書ツール
http://homepage2.nifty.com/qta/pqbox/dutl.htm


辞書データ
富豪辞書 for CE
http://fepunch.hp.infoseek.co.jp/omake/fugodic4ce.html


あと、PQBOXとかで検索するとヨサゲ。
posted by イワナミ at 21:54| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

ソフトバンクの通話(一部)定額プランは危険すぎる

「ソフトバンクが通話定額を始めた!」と聞いたときは、ちょっと驚きました。
Willcomで通話定額を経験してるんで、通話が定額な魅力は知っております。
Willcom同士なら、何時間話しても、追加課金なし。
(正確には連続通話は2時間45分まで。その前にかけ直せばまた次の2時間45分まで無料。その前に〜以下略)
遠方の友達とダラダラお茶でも飲みながら「そう言えば、」と話の筋道を何度も変えながらしゃべり倒して疲れてやめる、ってのはとても楽しいです。

そんなのをソフトバンクが始めるのか?
無理じゃないの?と思いました。
携帯電話の基地局って、そんな大量の通信を長時間維持するようには出来てないと思いますから。
最寄りの基地局の回線が一杯になって電話繋がらない人が多数でるんじゃ?なんて心配してみました。

で、よくよくプランを見てみたら、全然想像してたのと違うプランでした(笑)
2880円!とうたってるのも、放っておくと数ヶ月後には5000円くらいになったりするようです。
一応、色々オプションを解除すれば月額2880円にはなるようですが、そんな汚い手に乗るもんか。
こんなん「契約後3ヶ月は無料!」をうたい文句にするプロバイダみたいなもんじゃないですか。
ずっと使う料金に数ヶ月のおまけなんてチリみたいなもんなのに美味しそうに見せちゃダメだろ。
もしくはプロバイダ料を含まない料金のみしか記載してない光回線料金広告を見て「月の支払総額はいくらなんだバカ野郎」みたいな印象を受けました。

あと、21時から0時までの電話ゴールデンタイムは、200分までの通話が定額分で、超過は30秒20円だそうです。
一般ユーザーには、どこらへんが定額プランなの?って話ですな。
子供じゃないんだから、ゆっくり長電話できる時間なんて晩飯食って寝るまでの間しかないっつーの。
これって通話料込みのプランってだけじゃんか。
しかも超過分の高額ップリには舌を巻きます。
10円で15秒。
寿限無(以下略)さんは、10円じゃ名乗ることも許されませんなw
つーか2時間話したら4800円。
そんな金あったら肉を食おう、肉を。
もしくは白波3升買って吐くまで飲もう。2時間しゃべるよりよっぽど楽しいよ?(苦しいとも言う)

メールもソフトバンク相手のみが無料対象で、他のキャリアやPCへの送信は有料。
ふーん<そろそろ呆れてきた

数ヶ月後に2880円にする作戦だとパケット放題は含まれませんから、1パケット0.21円払うことになるようです。
個人的な話になりますが、W-Zero3で月間通信量が160万パケットだったことがあります。
ストリーミングでネットラジオを週に数時間聴いてたらこんなになってました。
しかし、当然Willcom定額プランに加入してますので、その時私へのパケット分請求は、リアルインターネットプラスの2100円のみでした。
Willcomはやっぱり安心安心。

しかし、もしもソフトバンクの例の通話定額と言われているプランに加入し、高くなったから色々外して2880円にしちゃった状態で160万パケットやらかした場合の請求額を計算してみると、
0.21円x1,600,000パケット=33万6000円
・・・十分死ねる(笑)
まぁさすがにこんなことはしないでしょうが、こうなる可能性もあったりするわけです。
鬼じゃ!ソフトバンクには鬼がおる!と思わざるを得ません。
(もしかして総支払い限度額とかあったらゴメンね>関係者の人)

ともかく、途中で料金が変わったり、無料通話に制限が、特に時刻指定があったりする時点で最低のプランですね。
PDAライクな携帯を導入した時はソフトバンクに一瞬期待しましたが、やっぱりダメみたい。
あーあ。

関連URL
・ソフトバンク・ゴールドプランの真実 (WILLCOM NEWS)
http://e.willcomnews.com/

ソフトバンク・新プランの落とし穴(WILLCOM NEWS)
http://blog.willcomnews.com/?eid=385728


知れば知るほど入りたくないゴールドプラン。
誰が入るんだろう?
まぁ、このプランなら、基地局の心配は要りませんね。
よかったですね>関係者の方々
posted by イワナミ at 00:12| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

W-OAM対応W-SIMのフルブラウザ搭載音声端末「9(nine)」発表さる!

W-SIMな音声ガワが欲しかった私は、この発表にかなり興奮してしまいました。
W-OAM対応W-SIMのフルブラウザ搭載音声端末「9(nine)」
1018_nine.jpg

Willcom 9(nine)
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/009ke/index.html

ケータイWatch「ウィルコム、W-OAM対応のシンプルなストレート端末「9」」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31527.html

格好いいじゃないですか。
iPodを含むMac関連商品が流行らせた「デザインをしないデザイン」っぽい今風。
私はかなり良いと思いました。

2インチQVGA液晶でフルブラウザ(NetFront)がありますから、とりあえず色々OK?
メールもPOP/SMTPいけるし、普通用途にはよさげであります。
動作もサクサクとの話ですし、結構惹かれますなー。
キーロックスイッチもスライド式で良い感じ。

新しいW-SIMで通信中着信が分かるのもポイント高いッスね。
これならWillcom同士で無料通話ダラダラ状態のときに「あー、今誰かから電話あってたらどうしよう」なんて心配することも要らん。
まぁ今までそれが出来なかったのは電話としてどうかと思いますが、解決したからもういいです。

W-OAM対応になったことで、通信速度の向上も魅力。
WillcomのW-OAM解説
http://www.willcom-inc.com/ja/service/reason/comfortably/index.html
私のプランである2xパケット契約だと、64kbps→104kbpsに高速化されるそうです。桁違いだ!w
4xパケットだと128kbps→204kbps。
ただし、W-OAMサービス範囲に居ることが前提になります。
都市圏から整備してるそうなので、辺境の我が家にはまだ来ないっぽい気がします。
いずれ対応してくれると信じてますよ>Willcom様

で、新しいW-SIMは普通にW-Zero3で使えるらしいのも嬉しいじゃないですか。
差し替えるだけで若干高速通信できます。
消費電力も低くなってるみたいだから、待ち受け時間も延びるかも?とか思いましたが、Zero3本体の消費電力が大きそうだからあんまり変わらないと思いますので期待しません。
ちと残念なのは、通話中着信お知らせ機能がW-Zero3では機能しないらしいこと。
W-Zero3の電話としての致命的弱点は、通信中とか通話中の電話着信が全く分からないことなんですよね。
ここはファームでなんとかなりませんか?
[es]だと通信中着信できるんだから無印もなんとかして下さいよ。本当にもう。

2インチQVGA液晶でのフルブラウザの使い心地はどうですかねー?
さすがにデジカメ程度の液晶サイズだと、ちいさすぎるかも?
私の使い道としては、rep2での2ch、ブログ、Mixi、Google検索、時刻表検索とかなんで、そんなに困らないと予想。
出かける時用のガワと考えれば十二分な機能かと思いました。

しかし、ものすごく残念なのは、nico同様にイヤホン端子が無いこと。
ケータイWatchの写真でみても、USB端子しかなさそう。
これでは「胸ポケットに軽い端末を放り込んだまま無料通話をイヤホンでダラダラ楽しむ作戦」が出来ない。
Zero3はデカくて重く、さらにキーロックするのが面倒、と、微妙な弊害が多いからイヤホン挿したままウロウロしにくいんですよね。
ホントにここは残念な部分です。

イヤホン端子、なんで付けないんですかね?
理由がさっぱり分かりません。
企業ユースでも、無料通話なことを幸いに、互いにPC操作しながら打ち合わせとかするシチュエーションでもイヤホンあったら便利なのに。

と言うことで、イヤホン端子のない音声端末は不要な私は、今回もスルー決定。
ただし、12月にモノが出たときに触りに行って、体に電気が走ったらどうなるか分かりません(笑)


ついでにWillcomつながりで。

ケータイWatch「ウィルコム定額プラン」、070番号すべてが通話定額の対象に」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31526.html

旧ドコモPHSとかアステルユーザーでまだ頑張ってる人への通話も無料に!(ウィルコム定額プランから発信した場合)
あんまり恩恵にあずかる人はいないでしょうけど、私の友達には一人ドコモPHSユーザーが居ますんで、これは個人的にはかなり朗報。
たまに長電話してたんで、今後その電話代が不要になると思うとすげー得した気分です。
ちなみに今月20日から。
posted by イワナミ at 16:40| 福岡 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

X01HTのモックを見てきました

通信費が高く付きそうなのできっと買いませんが、気にはなる(笑)
ってことで、電気屋さんで情報収集して参りました。
ホットモックはなかったけど、普通のモックはあったんでさわってみた印象は、
・厚みが結構ある
・画面は特に小さいとは思わない
・キーボードはそれなりに打ちやすそう
って感じでした。

原寸大サイズのチラシをもらってきたので、W-Zero3と比較してみましょう。
1016_x01ht03.JPG
1016_x01ht01.JPG
もった感じは結構小さめだったけど、実際並べてみるとそれほど小さく感じませんねー。
手に持ったらこう?
1016_x01ht02.JPG
ちなみに私の手はデカイです。あんまり一般的なイメージではないと思いますw

驚いたのは、やはり価格設定。
二店舗で聞いてみたんですが、
A店:19,800円(新規) スーパーボーナス加入で1万円引き
B店:25,000円(新規) スーパーボーナス加入、他値引きで10,500円
とのこと。
スーパーボーナスは26回払いの月賦仕様(確か月2000円くらい)で支払総額が6万円くらいになるわけですから、誰も使わないんじゃ?とか思いますね(笑)
2万円で買って、安いプランで半年くらい使って解約し、あとはPDAとして余生を・・・なんてアコギな考えもよぎる今日この頃です。
それにしても鬼安い。
一寸前までは、これと同等の機種が10万円以上で輸入されていたのを知ってる身としては、目ン玉飛び出しそうな価格ですわ。
まったく日本人はハードウェアにお金を出さない民族になってしまったんですね。
そのおかげで通信費が高い設定になってるんじゃなかろうか、とか考えちゃいます。

とりあえず、この機種はハード的にはかなり良いらしいので、やっぱり惹かれますなぁ。
SIMナシでの起動阻止機能はあっさり解決するらしいので、良し。
スーパーボーナスは必須じゃないようなので、良し。
問題はやはり高額になりそうな通信費と、MMS(いわゆる携帯メール)が使えないところですかね。

あと、販売員さんに「これメール(MMS)出来ないらしいですね」って言ったら「そんなことはありません!普通の携帯の機能は全部出来て、プラス色々出来るんです」と断言されてしまいました。
カタログに赤い字でバーンと書いてあるよ、店員さん。
まぁそこは一個だけ入荷した、ってお店だったので、一個しか入荷しないんじゃそこまで勉強しないよな、なんて思った次第でありました。

端末は安いし魅力的な点は多いけど、やっぱり通信費が壁ですね。
月額5000円(+通話料)だけで済むWillcomはなんて居心地が良いんだ、と思ってしまいます。
あとは通信速度が速くなってくれたらなぁ。
値上げは少なめで(笑)
posted by イワナミ at 18:50| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

日本の携帯キャリアはしょっぱいね

昔から「これが日本で使えればいいのに!」と思っていた端末が、ようやく日本でも使えるようになります。

DoCoMo hTc Z
1011_htc_z.jpg
73,290円(有償端末保証サービス加入時)
ドコモの該当ページ

SoftBank X01HT
1011_x01ht.jpg
31,290円(スーパーボーナス加入時)(※噂?)
ソフトバンクの該当ページ

HTCジャパン(ハードメーカー)

ハード的には、両者ともほぼ同じモノ、と考えて良いらしいので、主要情報のみ抜粋。

2.8インチQVGA液晶
Bluetooth/無線LAN内蔵
200万画素カメラ
microSD
赤外線通信アリ

CPU:サムソン400MHz
RAM:64MB
ROM:128MB

サイズ:113x58x22くらい
重さ:180gくらい

ってところで、通信機能満載のかなり小さなW-Zero3って感じの、ハード的にはよだれモノの端末です。
QVGAってのがW-Zero3を見慣れた身としては少し残念ですが、2.8インチと小振りな画面サイズですからまぁそんなに困ることは無い気もします。
なんと言ってもボディサイズが普通の携帯電話とあんまり変わらないあたりが素晴らしいじゃないですか。
これなら持ち運びが楽で良いです。

いやあ、ようやく日本のスマートフォン業界もにぎやかになってきて良い感じだね!と思ったのは一瞬だけ。
キャリアのサービス内容を見て落胆しました。

まず、両者とも回線契約をしておかないと使えないらしいのです。(通称SIMロック)
正直、このスペックならば、単体でも全然使い道があります。
予定管理、メモ帳、辞書、音楽再生、動画鑑賞などなど。
通信も、例えばBluetooth内蔵のWX310Kとかをモデムにしてやれば使えるんじゃないですかね?
しかし、SIMロックにより回線契約が無いとただの文鎮にしかなりません。
こんなに高いものを買いながら、所有者の自由にならんのです。

インセンティブがあるから、ってことなんでしょうけど、ドコモなんて7万円ですよ。
安いノートPCが買えますよ。
ソフトバンクは値段的には頑張ってると思いますけれども、それでも3万円は支払ってる訳ですからね。
せめて最低利用期間を設けるとかしてくれないと、なんか消費者的には納得いきません。
レンタル品としか思えない。

(10/13訂正)>>>>
勘違いがありました。
SIMロックは両者ありますが、hTc ZはFOMAカードが無くてもPDAとして使える模様です。
これならとりあえず問題ないような。
ただし、X01HTは回線契約が無いとただのゴミです。
考え直せよソフトバンク。
>>>>(10/13訂正)


次に通信費の問題。
ソフトバンクは1万円程度の定額制。
ドコモに至っては、パケット通信は従量制のみ。
正直、高いと思います。
今後、Webサービスはどんどん便利になっていくでしょうから、そう言うのを利用するのに便利極まりないスマートフォンの通信量は肥大するでしょう。
それなのに従量制を採用するドコモさんの考え方が理解できません。
すごく偏った使い方の想定しかしていない、キャリアの指定する使い方以外は認めない、そんな器の小さな企業体質はここにも健在か、と思わざるを得ません。
まぁ当初は企業向けのみの販売だったのを、無理矢理個人向けにもリリースしたってんで、こういう形になったとも推測は出来ますが、発売するからにはもうちょっとなんとかならんかったのか、と考えてしまいます。
ソフトバンクの1万円定額も、個人的には「まだ高い」としか思えませんね。
基本は携帯電話なのでそれに通話料金も加算されますから、月々の支払いは結構なものになると思われます。

他にも、ドコモのは、iモードメール、公式サイト接続、iアプリが軒並み非対応ってことで、いわゆる普通の携帯サービス全滅の予感。当然のようにiモード用のパケホーダイは利用不可。
この情報をFAQにしか載せてないあたりがとてもドコモらしい<皮肉

ソフトバンクは、Yahoo!ケータイ、S!メール(MMS)不可だし、売りとされる3Gハイスピード(HSDPA)の範囲も全然狭い模様です。
これじゃあ今まで通りの携帯使った方がいいじゃん、って話になりそうですやね。
あと、ドコモのは関東甲信越のみの販売らしいですね。
九州在住の私には売ってもらえませんか。
どうせ買う気ないから構いませんが。

ドコモははなからやる気がなさげでどうでも良いですが、ソフトバンクはまだ頑張ってくれそうなんで今後に期待したいです。
ともあれ、現状ではまだまだWillcomのW-Zero3シリーズの方が圧倒的に魅力的ってことで。
通信速度は遅いですが(笑)
posted by イワナミ at 15:48| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

TOMBOと同期で快適ー

テキストを書くデバイスとして、Zero3はなかなかよいものです。
腰を据えて、という状況ではそれほどでもありませんが、ゴロゴロしてたりとかちょっと電車で、とかいうちょっとしたときなんかには最適です。
しかし、保存したテキストの扱いが面倒に思えて、さほど活用してなかったのも事実です。

Zero3で作ったテキストの母艦への移動は、miniSD経由がまず考えられます。
が、これがまたメンドクサイ。miniSDカードランチャーからはカードが発射されがちだし、PC側で抜き差しの際にドライブを停止したりなんだりも手間。

次に思いつくのはメール経由。
自分あてにメールを打っておけば、今時はGmailに貯められるからいいかも。
でも、メールクライアントでいつもテキストを打つのもなんです。

そして、最後に思いついたのが、アクティブシンク時にファイルの同期を行う、というもの。
MSのエンジニアは馬鹿じゃなかろうか、と思える珍妙なインターフェースを誇るこのアクティブシンクですので、あんまり使う気はありませんでした。
が、やっぱり自動で同期するのは楽チンなのー。ってことで採用です。

で、ファイルの同期ができるとなると、次はテキストツールの選定であります。
個人的にテキスト打ちに便利だと思ってるのが、TOMBOってファイルビュー付きテキストエディタ。
多数のファイルにまたがった長文を作るのにヨサゲだったりします。
あと、個人的に気に入ってるのが保存の手軽さ。
1行目が自動的にタイトルになって指定したフォルダに保存されるのです。

標準ではMyDocument以下全部が同期されてしまうけど、とりあえずはTOMBOのファイルも完全に同期されるので、まぁよしとしておきましょう。
追加アプリでフォルダの同期もなんとかならないこともないけど、初期化時の再設定がなんともメンドクサイ事になるから、標準機能で実現すべきなのだと、めんどくさがりの自分は思うわけであります。

母艦での操作はフォルダをランチャに放り込めば住む話だし、Zero3側では特に気にすることはない。
ただ、同期するときに余計なファイルも転送されるので、ちょっとばかり時間がかかることになるのかな。
ただ、時間がかかると言っても数秒なので問題外でしょう。
ともあれ、これでZero3でネタを拾い、母艦でまとめるって形態がようやく良い感じで形になりました。
ヨカヨカ。
posted by イワナミ at 13:22| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

便利な電話帳

W-Zero3の標準な電話帳アプリである「連絡帳」は、はっきり言って使えません。
電話番号を表示する、って基本機能を実現しているだけで、使い勝手はクソ以下です。
有志の方が作成してくれていたW-zero3 PhoneBookも、ユーザーインターフェースは素晴らしいものの、起動に10秒以上かかるところで導入を断念しておりました。

そんなところに素晴らしい電話帳アプリが!
PQzで有名なホーミンさんの「QDz」であります。(ちなみに発表はだいぶ前でしたが、今回入れたのでこのタイミングなのです)
これの良い点は
・起動は十分早い(一発目は読み込みに多少かかるけど、数秒)
・普通に十時キーで上下左右に選択を移動できる
・ソフトキーのジャンプで目標までの到達が早くできる
・写真を登録しておけば見め麗しい電話帳になる
・お気に入り機能があるから、良く使う人を探すの超楽チン
てな感じ。
ホント素晴らしい。
私はZero3を普通に電話として使ってますから、こいつは超絶キラーアプリでございます。
標準の連絡帳は二度と使わない自信がありますわ。

ってことで、デフォルトで使用するために、右ソフトキーの連絡帳と置き換えます。
最初はW-zero3 Utility Plusのキー割当で割り付けてみましたが、これでやるとQDz自身のメニュー表示に右ソフトキーが使えなかったりしました。
当然、画面表示も「連絡帳」のままですので、禍根を断つために他の方法をとりましょう。

ここで登場するのがTodayメニューエディタです。
これは左右のソフトキー入れ替えに特化したある意味キラーソフトです。
こいつを起動して、右ソフトキーにQDzを割り当てるだけです。
これでやるとちゃんと表示も変わりますし、横画面でもきちんと反映してくれます。
WUPで起こったQDz自身のメニューが効かないなんてこともなし。
完ぺきであります!

Zero3ユーザーは早速ホーミンさんのところへGo!(QDzで検索すれば一発)
ちなみに、私のは初期型のW-Zero3(WS003SH)ですが、W-Zero3[es]用と書いてあるファイルで問題なく使えております。
最近は[es]ばっかりがフィーチャーされてて初期型ユーザーとしてはちょっと嫉妬しちゃいますw
posted by イワナミ at 17:58| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

新型スマートフォン W-Zero3[es]発表

007.jpg
Willcom store W-Zero3[es]
https://store.willcom-inc.com/ec/faces/lstlscp000906/

公式
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/007sh/index.html

基本仕様

型名 WS007SH(B)/(W)
OS Microsoft(R) Windows Mobile(R) 5.0 software for Pocket PC 日本語版
CPU Intel(R) PXA270 プロセッサ 416MHz
表示 640×480 ドット、 2.8 型 65,536 色 モバイル ASV 液晶(タッチパネル/バックライト付)
メモリー フラッシュメモリー 128MB (ユーザーエリア約 60MB ) / SDRAM 64MB (ワークエリア)
通信機能 PHS ( W-SIM ) 対応
カードスロット mini SD(TM) カードスロット×1、W-SIM スロット×1
接続端子 USB ポート( miniAB コネクター)、イヤホンマイク端子(平型)
電源 リチウムイオン充電池( EA-BL13 )、AC アダプター( EA-79 )
連続通話時間 約 7 時間
連続待受時間 約 500 時間(電波状態ランプ消灯時)
約 300 時間(電波状態ランプ点灯時)
内蔵カメラ 有効画素数 約 131 万画素 (マクロ撮影/ QR コード対応)
日本語入力システム ATOK、Microsoft(R) IME
外形寸法 幅約 56mm × 高さ約 135mm × 厚さ約 21mm (本体閉時、突起部除く)
質量 約 175g (スタイラスペン、充電池含む)
主な付属品 W-SIM 、 USB ケーブル、 CD-ROM 、 AC アダプター、取扱説明書、ソフトケース、その他

小型W-Zero3ってとこでしょうか。
Zero3との相違点は
・安い(新規で4万円→3万円)
・幅が狭い
・チョット軽い(220→175g)
・無線LANがない
・液晶は2.8インチ
・ATOK搭載
・USBホスト機能アリ
・キーロックがスライドスイッチになった
・カメラにマクロ、QRコード追加

って感じです。

個人的にはUSBホスト機能が超うらやましい!
これがあると、周辺機器が使えまくるので、用途に幅がでまくりますからね。
Willcomが予定してるのだけでも
・ワンセグチューナー
・モバイルプリンタ
・BTアダプタ
・バーコードリーダー
・プレゼン装置
だそうです。(無線LANはSDに挿すッポイ)
私ならUSBの外付けHDDをつないで動画やMP3の垂れ流しなんかやりたいなー。
キーボード繋いで長文打つとかもいいですよね。
あー、なんでW-Zero3にはUSBホスト機能を付けてくれなかったんだよう。
バカー。

とにかく、小さくなって安くなったんで、結構売れるんじゃないかなーと思います。
つーかPDAの値段知ってる身としては、かなり安いです。これ。
VGA液晶で3万円ってありえなかった。しかもキーボード付き。
大きさも普通の携帯に近くなったし、金額的に折り合いがつけば買いでしょうな。
ただ、OSがWM5 for PocketPCなので、色々なアプリを追加できる反面、不安定へのイバラの道が待ってることにもなりますので注意が必要です。

しかしWillcomって通信速度は曲がりなりにも速くはないですが、パケット定額はいいですよー。
私は先月40万パケット使いましたが、パケットに関しては定額分の2000円のみです。
無駄に使いまくりが出来るのはいいですわ。
ただ、通信中の着信が出来ないのがネック。
これさえ改善してくれれば安心してさらに通信しまくりなんですが。

どうもSIMのファームアップで可能になるらしいです。
うわあああ!シャープのエンジニアGJアイラビュー!!

ぬか喜びもつかの間、私のW-Zero3ではカードのファームアップでもダメだと言う噂を小耳に挟みました。
畜生。アニマル!

ちなみに私は液晶がでかいところに惚れ込んでW-Zero3を買いましたので、esにはしません。ホント言うと、金銭的に出来ません(笑)
posted by イワナミ at 14:16| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

W-SIMなシンプル音声端末がでますよ

nico_.jpg
nico.って言うみたいです。
最後のドットまでが名前なのかな?二個ドット?ドット欠けが2個あるみたいで嫌な名前です(笑)
W-SIM、小型軽量、シンプル音声端末で、欲しかったカテゴリーのもので私は色めき立ちました。
が、今回は導入を控えます。
理由は下記の最後にあります。
---------------------------
イワナミ式「音声端末増設計画」

端末選定において、W-SIM端末が有利な理由
・Zero3と電話番号の入れ替えがイージーである。
メイン電番を音声側にする、なんかで事務所経由にならないのはいい。
一時的にもできるし、恒久的に入れ替えるのもあり。
ウィルコムはプラン変更も簡単なのもよい。
・ガワだけ買える、というのはインセンティブの関係でお得ではないから考慮には値しない?中古市場が潤えば話は変わるが、しばらくはないだろう。
また、自分の端末更新頻度を考えてもとくに留意する事柄ではない。

2台持ち検討
・マルチパックか、SIM入れ替えか
マルチパックでは、ゼロ3をつなぎ放題にしてネット接続しまくり。音声端末は、音声定額にしてしゃべり倒す使い方。
特にZero3で通信中に電話着信があった場合、転送で音声端末に着信できるのは非常に大きなメリットかと思われる。
音声側を着信転送スペシャルとするなら、安心だフォン契約で1000円/月ってのも考えたが、発呼が不能なので使えないから却下。
SIM入れ替えは料金的なメリットはあるが、入れ替えのたびにオンラインサインアップすること、着信転送問題が解決しないことから、マルチパックにする方がよいだろう。
基本料金においては600円の負担増になるだけだし。

・周知番号をどちらにするか
基本的に持ち歩くべきは音声端末だと思うから、音声端末をメイン番号にすべきかも。
しかし、それだとZero3のみで行動する場合、電話の着信に不安がでる。常時転送状態にするのはどうも安心感にかける気がする。
また、音声課金がフルに襲いかかることになる。が、そんなに音声通話は頻度が高くないのであまり問題ではない。

Zero3をメイン番号にする場合、音声定額から外れていることにさえ留意していれば課金トラブルは回避される。
音声側はゼロ3がネット接続中の転送先という位置づけにすればいいだけの話。
でも、着信転送ってどこで設定するのだろう?

「2台目音声端末に求めるもの」
小さいこと。
2台持ち運ぶ羽目になるから小さいことは絶対条件。

機能は?
高機能であると、それを実現する料金プランが必要になる。
あえてWebをスポイルすることで音声定額のみで済ませられるのは大きなメリット。
逆に、音声端末のみで出かけた場合、外でのウェブ環境がなくなることを意味するが、ウェブがいるとき(使えるとき)はゼロ3も持っていくはずなので、これは問題にならない。

ピュアに音声端末として機能してもらいたいから、イヤホンジャックは必須である。
これがないと音声定額がフル活用できない。
ってことで、今回のSIMジャケットフォンは悲しいけどスルー。
これならまだ古い端末を再雇用したほうがマシである。

とても残念であります。
---------------------------

てな感じですわ。
小型で簡易な音声端末ってのは非常に良い!のになぁ。
イヤホン端子が無い以外は理想的なのに。
TTにも無かったし、イヤホンマイク使いたい人って少数派なんですかねぇ?
posted by イワナミ at 22:50| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

DSブラウザーだそうで

ニンテンドーDSで手軽にブラウジング! DSブラウザーは7月24日に発売! (ファミ通)

こんなのが発表されてたなんて、ぜんぜん知りませんでした。
携帯ゲーム機がPDAに近づいていく気がします。

最初、DSとPSPが同じころに発表されたときは見た目のクールさでPSPの独壇場になるか!?なんて思ってましたが、ふたを開けたらDSの圧勝でしたね。
PSPは画面は綺麗でいいものの、キー入力がほぼ無理、USBはあるけど外付け機器非対応、無線LAN内蔵なのにろくなブラウザがない、みたいな。
ゲーム以外には動画再生端末として使われるくらいじゃないんですかね?
まぁゲーム機なので別にそれで良いっちゃ良いんですが。

反面DSはソフト資産とペン入力の面白さでぶっちぎりの勝利ですねぇ。
本隊スペックだけしか見てなかった私は、正直DSがここまで売れるとは思ってみませんでしたわ。
そして動画とか音楽再生アタッチメントが出て驚き、今度はインターネット端末になりやがるですよ。
しかもそれが3,800円とリーズナブルなのがにくい。
DS持ってたら絶対買いますわ。使わないとしても(笑)

こう色々できるようになってくると、次が楽しみになりますな。
キーボードとかつながるようになってオフィスアプリとか出たりしないかな?
はたまたSkypeのような通話系とか。
ワンセグチューナーとかもありかもしれない。
次に何が出るのか楽しみであります。
DS持ってないけど。
posted by イワナミ at 22:28| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

長電話愛好会 博多支部

相手によりますが、私はかなり長電話します。
先日は、横浜方面隊と3時間半ほどしゃべってました。
通常回線で福岡ー横浜間通信を3時間半行うと、夜間帯は1分10円として3時間半だと2,100円になります。
結構しますなー。
博多ラーメンに換算すると、替え玉つきで4回分くらい。安いところなら7杯食えます。
IP電話にしたりすれば多少安くなるでしょうが、まあ複数回ラーメンが食えることに代わりはありません。

こういうときにはいつも「ああ、PHS同士ならお金かからないのに」って思います。
WillcomのPHS同士なら、通話に課金はありません。(※かける側が通話定額に入っていれば)
どんなに長電話しようが、無料。
10円安いキャベツを求めて放浪してる場合じゃないですよ。
毎日電話をかける相手がいる人は、Willcom端末を持たない理由が無いと思います。

無料な通話の対抗馬としてSkypeがあります。
これも大変よいサービスですが、パソコンの前にいなければなりません。
BlueToothヘッドセット、もしくは超小型PC、あるいは高性能無線LAN内蔵PDAとかを持っていればウロウロ通話ができますけど、一般的じゃないですからねー。
最近はSkype用の電話アクセサリーがぽつぽつ登場してますから、今後はもっと便利になるやも知れませんが。

Willcom端末は通話無料なのも魅力ですが、ネット接続料金が安いのも良い点です。
私は通話定額+リアルインターネットプラスってサービスに加入しています。
これはWillcom端末は通話無料で、64kbpsでのネット接続は無制限。
で、月に5,000円です。
Willcom端末以外への電話はあまりしないから、6,000円はらうことは少ないですな。
パケット量はさほどなくて20〜30万パケットと言うところ。
データ定額オプションとリアルインターネットプラスの課金グラフ交差点が20万パケットあたりだったと思うので、20万パケットを上回ることが多い私の選択は正しかったのかな、と思われます。(データ定額オプションにしていても6,700円でデータ課金は止まります)

横浜の友人も、外出時のネット端末としてWillcomに魅力は感じてるようですが、通信速度の遅さに躊躇してる模様。
確かに最速で128kbpsってのは速くはないです。
でも、ドコモとかで30万パケット分のデータを拾うとなると、1万円くらいになるとどっかで読みました。
データ用の端末として使うとなると、もっと行く月もあるかも知れない。
でも逆に、全く使わない月もあるかも知れない。
この辺で悩んでるようあります。

まぁアレです。
月イチで愛好会の会合をすればだいたい元はとれるので、さっさと契約しなさい>M
今ならサンヨーの端末が9,800円くらいになってるから、お買い得よー。最初は27,800円とかじゃなかったかいな?格安感あり。
普及版たる300Kが128kbps対応になるので、安価に押さえたい、小さい方が良いってんならそっちもありかも。画面は小さくなるけども。
一番のお勧めはW-Zero3なのだが、現行機でも37,000円は下らないかなー。新型は45,000円コースですな。
あと、夏に新機種が出るとの話もあるので、せめて発表まで少し待つのも正解かも知れない。

ちなみにZero3で2時間45分ほど通話したら、Zero3はかなり暖かくなりました。ホカホカ。
夏はイヤホンマイクが必須ですな。
あと100円ショップのイヤホンマイクは音が非常に悪いので、マシな物を買いましょう。
関係ないけど100円ショップの平型-ヘッドフォン端子変換アダプタは音質劣化は感じられませんでしたんでお買い得だと思いますです。
posted by イワナミ at 22:14| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

今度はBalckBerryとな!

企業向けですが、西洋で人気のBlackBerryが日本上陸になるそうです。

ITmedia +D モバイル:ドコモが「BlackBerry」端末を調達、秋にも提供へ
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0606/08/news056.html

なにやらカッコええ端末じゃないですか。
日本の携帯事情が変わって来てる気がしますなー。
これもすべてW-Zero3の成功があったから、と考えるのはユーザーのエゴですかね(笑)
ともあれ、海外ではBlackBerryなるものがリーマンの間では大人気だよー、なんて記事をみるにつけ、どうして日本には入ってこな
いのかよく分かりませんでした。
つーか、BlackBerryって何?
と思う人多数だと思っていただけたようで、ITmediaさんがまとめてくれておりました。

ITmedia ビジネスモバイル:ドコモが秋に導入する「BlackBerry」って何?
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0606/08/news073.html

どうやらBlackBerry専用のサーバーを自前で用意することで、セキュアに便利情報ツールとして使えまっせーってことですか。
各企業で自分にあった形で運営できるのが魅力なのだと思います。
キャリアがそう言うサービスを提供することも可能だけど、今回の上陸にそれは含まれない、と。
端末の日本語完全対応もしないらしいし、なんとなく投げやり感が漂ってる気がします。考えすぎ?

また、利用端末ごとにサーバー利用で課金できそうなのに、ドコモさんが無視するとは珍しいような。
せっかく端末単位でサーバー利用料という追加課金ができそうなのに。
まぁきめの細かいサポート体制を取りきらんっつーことなのでしょうかね。
色々出来ると顧客ニーズも千差万別だろうし、そこまで面倒見切れないのが正直なとこじゃなかろうか。
逆に言えば、企業単位で自分にあったサービスを自由に構築できるのは良いことなのかも知れない。
あんまり企業ニーズがどんなもんか分からないけれども。

最初、端末の写真を見たときに「これ欲しいよ!個人にも売ってくれよー!」なんて思ってみましたが、個人的にはそこまでサービス提供していただく必要が無いのでBlackBeryyはどうでも良くなりました。
インターネットに繋がればそれ以上は必要ないんで、通信回線の高速化と低価格化が進めばそれで満足です。
ってことでWillcom様がんばってください。
posted by イワナミ at 22:42| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

スマートフォン時代が来るのかなぁ

ノキア・ジャパンが、ビジネス携帯「E60」「E61」のSIMロックフリー版を自社ブランドで提供
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0606/07/news041.html

E61カッコイイっすねー。
Zero3と同時期にやられてたらグラグラしてたかも。
まぁ企業向けなので事実上Zero3の一点買いですが。

USIM入れ替えでキャリア不問ってのは、ユーザーにとってはどうなんですかね?
ナンバーポータビリティを考えると、気に入った端末を使い回せて良いのか。

E61とZero3の大きさ比較してあるサイト様がありました。

Mobile Diary News Blog版 
写真で見る「Nokia E60」と「Nokia E61」
http://d.hatena.ne.jp/yamadaatmn/20060607/1149665474
こう見ると、あんまりZero3と変わらない?
手持ちのZero3で見た感じだと、E61はたばこの箱よりちょっと縦長で薄い感じのようですね。
ちょっと良いかも。

そんなことよりSidekickV、シャープ製だしなんとかなりませんかねー。
W-SIM入るようにして。<かなり無理な話

Engadget
シャープ製フルキーボード端末SideKick III は7月10日発売
http://japanese.engadget.com/2006/06/06/t-mobile-sidekick-iii/

まぁディスプレイが240x160らしいし、おそらくWMもSmartphone版だろうから(追記:OSはWMじゃないらしいです)Zero3ほど遊べないとは思いますけど、小さいは正義です。
夏発表のWillcom新機種ってのがこんな感じになりますように。

W-Zero3のヒットで今後日本で使えるフルキーボード端末が増えそうな期待がもてます。
やっぱフルキーボードは便利ですよ。
私の場合、これが無かったらただのデータビューアになりますから。
ブログの更新とかにももちろん良いですが、普通に予定入力とかがとても快適になってナイスでしたわ。
覚え書きもそのままテキストファイルにして流用できるし。
フルキーボード端末、もっと増えて欲しいものであります。
posted by イワナミ at 22:29| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(1) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

W-Zero3をRealVGAにしてみた

常駐系を極力排除して、安定期に入ったZero3。
トラブルが無いって素晴らしー。
電話のベルが鳴って通話ボタンを押しても無反応で「おい!電話に出させて〜!」なんて黒い板に突っ込みを入れたりしていたころが懐かしいです。

安定してるのはとても良いことなのですが、ちょっと物足りなくなってRealVGA化してみました。
やり方は諸先輩方がWebにアップしてありますので、それを見ながらやるだけ。
先達の方々に感謝です。

必要なファイルを落とし、またやるときのために手順書を作成しつつやってましたら、1時間程度で出来ました。
初めて見たRealVGA画面は、感激モノでした。
「こんなにVGAって広いのか!」と。
いかに標準の画面デザインに無駄が多いかってのが如実に感じられてしまい、MSのある方角(東?)へ怨念テレパシーウェーブを送っておきました。

情報表示スペースが広がり、各表示内容も小さくなっているので、画面の一覧性はたいしたものです。
反面、フォントなどは細かすぎる感があり、目が疲れるのも事実。
眉間のあたりにじわじわと違和感が蓄積していくような気がしました。

一覧性の高い表示能力をとるか、普段使いの気楽さ(見やすさ)をとるか、うーん、なんて悩み始めたあたりで不具合様参上。
SIPが表示されてません。
VGA Large Keyboadを入れてるので問題は無いはずなんですが、どうにもちゃんと動いてくれない。
縦使用が多いので、縦画面で文字入力が出来ないのは結構困るのです。
色々オプションをいじってみましたが、どうにも戻りません。
さらに、連絡先も表示しなくなりました。
OzVGAだとこういうトラブルがあるけど、WM5対応版なら大丈夫のはずだったのに。
使うファイルを間違えたのかしら?

このままでは通常使用に難ありですから、仕方ないので前の状態に戻すことに。
こんなこともあろうかと、直前のバックアップはバッチり作っていたのでした。

サクッとバックアップツールを起動し、復元開始します。
しかし、スタートが「Start」だったり、連絡先が「Conect」だったりと珍妙な英語混じりToday画面になってるじゃないスカ。
いやー、なんか洒落たTodayじゃないかー、なんてボケは要りません!
RealVGA化のなんかが残ってたんでしょうかね。
Windowsフォルダに色々コピーしたし。

仕方ないので、フォーマットしてからバックアップ復元をします。
060606_error2.jpg
これでダメなはずが無いよねー。
復元終了し、起動します。

し か し
060606_error.jpg
なんですか?この画面は。
WUP様が何かしたというのか?
ってか、何が書いてあるかサッパリ分かりません。
致命的症状な予感。

仕方なく、また再セットアップでございます。
最近手動での環境保存を怠っていたので、かなり時間がかかりそうです。
できあがったら環境保存しとこう。
posted by イワナミ at 23:49| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

キャッシュ問題をクリアせよー

星羽様がこんな便利なものを作ってくれています。

IECacheMgr
http://blog.goo.ne.jp/mypda/e/000ebb3c7e4fe8a1c040809328f85d6f

Zero3で、ブラウザはIEをデフォで使っています。
ストリーミングとの相性が良いっぽいのが最大の理由ですかね。
ネットラジオのリンクを押せば、そのままWMPが起動して再生、ってOperaとかじゃ動かなかったような?
IEで動けばいいので検証はしていませぬ。

で、色々使ってるとたまるのがキャッシュ。
私はMAXで20MB以上たまっていることがありました。
メニューを開いていくとクリアする項目がありますが、めんどくさい。
でも空き容量をただただ蝕んでいくキャッシュは消したい。
そんなときに役立つのがIECacheMgrでございます。
ホント欲しかったんですよ、こんなの。
ありがたやー。

主な機能はIEキャッシュ関連の容量制限。
デフォルトでは33MBまでため込む仕様らしいですね。
ヒドイ仕様もあったもんだ。
どのように消していくかは存じませんが、たまり過ぎなきゃ問題無いッス。
あと、キャッシュ関連ファイルの削除機能もありました。
十二分な機能であります。
欲を言えば、「オプション付きの起動でキャッシュクリア、自動終了」みたいに出来たらなぁ、なんて思いますが、ランチャで起動してタップすれば良いだけですので現時点でも大満足です。
ありがたやー。
posted by イワナミ at 23:54| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

W-Zero3 Utility Plusの問題とその解決策

W-Zero3 Utility Plus(通称WUP)
http://www.mcf.cn/~wzero3/
(コンテンツにあります)

Zero3ユーザーなら誰でも知ってるWUP。
Zero3専用なのでアプリのキー割り当て設定なんか超分かりやすいですわね。
「クリアタイプ表示をONにする」のがこれで出来るのは嬉しい。
さらに「特定のアプリ毎のキー割り当てが出来る」ってのがすばらしい。
私は縦でブラウジングすることが多いので、PageDownキーをハードキーに割り当てたいわけですが、キーのどれか一つをPageDown専用にするのはチョットいただけません。
IE以外ではほとんど使いませんから。
しかし、WUPだと「IEの時はメールボタンはPageDown,他の時はメール起動」って出来ます。
これを知ったときは悶絶してチョット実が出ました。
いやー、ホント良いソフトでございます。

ただ、一点気になるところがありました。
WUPを入れるとダイアルアップ出来なくなることがあったのです。
現象としてはかなり致命的なんですが、環境に依存すると思いますし、私なりの解決策を発見したので現在は問題外と言う認識であります。
もし同様のトラブルに見舞われたりしちゃった人の参考になれば幸いです。

私の接続失敗する環境は
・メールボタン長押しにEasyDialをWM標準機能のボタン設定で割り当て。
・WUPを常駐させている状態で、とメールボタン長押しでEasyDial起動しダイアルアップ開始。
・エラーが出て接続できない。その際、ダイアルアップ設定のパスワードが消えたりしている
・WUPの常駐を外してメールボタンを長押しすると普通ダイアルアップする。
って感じです。

この流れではWUPが悪者っぽいので、しばらくWUPを外してました。
しかし、アプリ毎のキー設定が使えないのは悲しいです。
でもダイアルアップできないのは痛いしー、と思っいつつ、スタート→プログラム→EasyDialをタップしたら何のことはない、普通にダイアルアップするやんけ。
当然このとき、WUPは常駐している状態です。

もしや?と思い、WM標準機能のボタン設定から「メール長押し>EasyDial起動」を削除して、WUPでの設定に切り替えてみました。(縦、横ともにメール長押しでEasyDial起動。ただし、起動先指定は \Windows\スタートメニュー\プログラム下のEasyDial.lnkにしました。動作実績があったのでそうしただけです。
こうするとあら不思議、メールボタン長押しでEasyDialが起動してダイアルアップ確立と、思惑通りの動作をしてくれました。

後で調べてみたら、WUPはどうも長押しがらみで問題が発生することがあるようですな。
私は問題無くなりましたが、せっかくの素晴らしいソフトウェアですので、改善してくれたら嬉しいです。

勝手な推測になりますが、WMのボタン設定がなにか悪さをしているような気もしています。
第一、WM標準のボタン設定だと、どういうリンクでアプリ起動してるかわかんないのが気持ち悪い。
WUPで標準の部分から設定すれば問題は発生しないのかも。<想像
posted by イワナミ at 00:41| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

ANIARA買いました

Willcomからのメールで、W-Zero3にピッタリなケース「ANIARA」が再販になったのを知りました。
https://store.willcom-inc.com/ec/faces/lstlscp000607/

Zero3に良さげな入れ物はいろいろあるようですが、ハードシェルで丁度良いサイズとなると他に無いっぽいんですよね。
本体がでかいのでまもるくんとか付けたくないし、でかい液晶面を守るにはこれが一番かなーと前から思っていたのですよ。
蓋がパコッと開く構造も使い勝手が良さそうですし。
電器屋でもチラチラ探してましたが、店頭ではお目にかかったことはありませんでした。

そんな時にこのお知らせはありがたい。
7割方買う気でサイトをのぞきました。
メールが来て1時間くらいしか経ってないのに、すでに白は完売状態。
もしかして、瞬殺間近!?
そう思うと購買欲ブースターはエネルギー充填120%。対ショック対閃光防御ですよ。
今となっては懐かしいW-Zero3予約大戦争の時にWillcomストアは登録していたので、素早くログイン、素早く購入。送料無料はありがたい。
無事にモノは押さえられたのを確認してから、商品詳細ページを見て「なんかでかいかも」なんて思ったりしました(笑)

またサイトみたら赤も品切れ。でも黒は在庫ありのままです。(16:45現在)
かなり黒は入荷してるようですね。
本気で欲しければ他の通販サイトで買えますし別にあせることも無いとは思いますが、この品物に関しては送料無料になってくれるのでちょっとだけお買い得かもしれません。
posted by イワナミ at 16:48| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

Sonyからまた小さいのが!

まぁココでも見てください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200605/06-0516B/

これは
欲しい
小型機

小さいの好きな私としては、かなり惹かれる一品です。
IntelのUMPCより断然よさげ。
500gで普通のPCですよ。
一応ですが、キーボードもついてますよ。碁盤の目なのが気になるけど。
電池も3,5時間はもつらしい。

やっぱ小型端末でも普通のWindowsが動いて欲しいことがあるんですわ。
ざっとスペック表を見ましたが、これなら大丈夫そう。
そして500gってのは良いですねー。
現在のメインストリームなパナのノートは1kgですから、その半分。
軽量です。
ただし、画面もその分小さくなりますな。
4.5インチで高解像度となると、ちょっと年寄りには無理くさい。

で、17万円(予価)
おもちゃにしてはちょっと高いですけど、超小型端末なことを考えると、さほど高いわけでもない。
posted by イワナミ at 14:39| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

nPOPの不思議

岩国へ行って、旅先からZero3でブログ更新しようと思ってましたが、メール送信でエラーが出てしまって出来ませんでした。
私が常用しているのはnPOPでして、別に問題ないと思ってたんですがどうしてもこける。
プロバイダ側の規制かな?なんて推測もしましたが、まずはアプリを最新バージョンにするのもユーザーの義務です。
で、先ほど最新版に入れ替えてみたら、下のようにメール送信が出来て更新可能でした。
こんなことなら旅先でバージョンアップすれば良かった。

posted by イワナミ at 15:23| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更新テスト

nPOPのバージョンが古かったからなのか?
posted by イワナミ at 15:13| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする