2016年04月29日

MTBのタイヤは悩ましい

コスモタイガーIIことGIANTG XTC 29ER 2は納車されてから三年くらい経ちます。さすがにタイヤが減って山がチビてきました。チビ山さんお久しぶりですw

納車時にはシュワルベのレーシングラルフが着いてきてました。グリップも気になったことはないし転がりも悪くないので気に入って使っておりました。そのレーシングラルフがダートで心許ないくらいの山になったあたりでGeaXのスグアーロとやらを買ってしばらく履いていました。しかし、あるとき山で枝を踏み抜き一本お亡くなり。とりあえず減りつつあるレーシングラルフに戻して次のタイヤを考えてました。

一本あるスグアーロ(2.0)をそろえるのが早いですが、「MTBは太いタイヤが似合う」という男のロマン的なところも気になりましてですね-。コンチネンタルのX-Kingの2.4とか転がりも良いらしいなんて聞くとねー。

とりあえずポイントがちょっとたまってる某店に行ってみる。スグアーロの2.0とX-Kingの2.4が両方在庫してました。少し悩んで太い方がかっこええやん!と思ってX-Kingの2.4をチョイス。結構太くなるらしいから、もしフレームに入らなかったら…誰かに譲ればいいや(^_-)☆

160428_205846
コンチネンタル X-King 2.4

まずリアに入るかどうかが気になります。フロントは構造的に楽勝で入りそうだったので、とにかくリアにはめてみる。その前に汚れまくりの駆動系を洗浄しましょう。やっぱりMTBは砂とかホコリが油に混じって汚れがひどくなりますわ。大変っす。マメにやれと言う話しですがねアハハー。

160428_205304
レーシングラルフ 2.25

160428_214308
X-King 2.4

ちょっと太くなったくらいであんまり変わらんかな?

160428_205435
レーシングラルフ 2.25

160428_214252
X-King 2.4

フレームとのクリアランスは若干減少したけど、超マッド環境を走らなければ大丈夫そう。というかそういう環境だとどんなんでも詰まるっしょ(笑)

ぱっと見もそんなに変化なし。もっとズーンと迫力が増すと思ったんですけどね-。とりあえずもう一本X-Kingの2.4を買わないと。でも押し入れのスグアーロ2.0ももったいないからフロントに付けるのも手か。オフロードバイクはフロント細くてリア太めだったりするし。

そうそう、この間takebowtuneで聞いたんですが、29erのフレームには27.5のホイールが入るので、27.5ホイールに2.8くらいの太いタイヤを履かせてセミファットとしてフワフワ乗る、という楽しそうな技があるようです。なんかめっちゃ乗ってみたい!しかし置き場所的にホイールが増えるのはちょっと考えものなので落ち着け俺(^_^;)

posted by イワナミ at 00:58| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

TOMOKABANをお助けしたい

savetomokaban2

自転車用のサコッシュやジャージを作られている熊本のTOMOKABANさんが今、大変らしいです。

3月にサコッシュなどを製作していたアトリエが火災に巻き込まれて全焼してしまうも、なんとか4月アタマから新しいアトリエを立ち上げていた矢先、熊本の大地震で再度被害を受けてしまわれました。
アトリエの建物は大丈夫らしいですが、生活環境そのものが製作再開にはほど遠い模様です。

火災ですべて失われてしまった時、僭越ながらカンパを申し出ましたが、その時は「まだなんとかしてみます」と遠慮されました。
しかし今回の震災による被害は相当ひどく、お仕事再開の目処もたてられないため経済的にも危機的状況だと伺いました。今回はカンパを受け付けてくれるとのことで、少ない額ですがカンパさせてもらおうと思います。

私ひとり程度のカンパでは豆鉄砲にすらなりませんので、TOMOKABANのファンで援助してもいいという方がいらしゃれば、下記の口座(ヒロエさんに教えてもらいました)経由でTOMOKABAN再建の手伝いをしていただけるうれしいです。TOMOKABANさんがなくなると新しいサコッシュを作ってもらえなくなってしまいますから。

肥後銀行 新町支店 普通1475710 株式会社シクロス 代表取締役 藤原 洋英

ということで、SAVE THE TOMOKABAN。再建の手助けになれば。

TOMOKABAN本家サイトに口座情報を掲載してもらいますので、そちらを確認されてから振り込みされると安全です。ダブルチェックよろしくお願いしますね。

TOMOKABAN本家サイト

サコッシュをつくっているTOMOKABANのブログ: TOMOKABANへの援助のお願い

tomoko
トモコジャージ(仮称)をまた作ってもらいたいッスなー

ちなみにTOMOKABANのシャイなあんちくしょうヒロエさん、バミーことヒラカワさんとは自転車仲間です。さすがに今回の地震による製作環境への影響が本気でやばそうなので支援のお手伝いをさせてもらおうかなと思った次第。

TOMOKABANが製作再開するその日を待ってます!順調になったらまた飲みましょう!>ヒロエさん、ヒラカワさん

posted by イワナミ at 01:04| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

コスモタイガー上昇せよ!

GIANT XTC 29er 2、通称コスモタイガーIIはストレートハンドルに換えてとても乗りやすくなりました。グリップ位置がしっくりくる。バーエンドバーも登坂ですごく役立ちますわ。実にイイ。

最近、登坂力が少し付いてきた気がするんで、力試しに若杉山、厳密には米の山展望台へ上ってみることにしました。完全舗装路で頂上まで行けるのです。5年くらい前にロードバイクで上ったきり自転車では行ってません。さてどうなりますか。

160416_144931
正面の山の左側が米の山。594mあるらしい。

160416_150932
麓まで10km。巡航が楽になったコスモタイガーIIならすぐです(ハァハァ

160416_151323
登坂開始!

フロントサスはロックアウト。登坂に備えてサドルも5mmほど上げます。少し楽になりました。

フロントインナーで1速か2速でじりじり上ります。速くはないんですけど、昔よりは傾斜が緩く感じられました。記憶では最初から最後までインナーローでギリギリ歯ぎしりしながら上ったような気が。マジで登坂力付いてるかも。ここは車が結構通るので前後ともライトオンして存在をアッピール。

160416_152608
上ってきた道が見えるとちょっとうれしい。

そろそろキャンプ場かな?という風景に二回ほどだまされて中間地点のキャンプ場。ここからがきつかったような気がする。

160416_154233
キャンプ場横に咲いてました。八重桜っていうんですかね?面白い構図になりましたw

160416_154632
来たぜコンクリートロード。前に来たときは下りのこの辺でスポークが折れたんすよねw

ここから勾配が急になります。また、路面が荒れてるので走りづらく、ここでインナーロー発動。溝も段差もあるけれど、たいして気にしないですむ。そう、MTBならね。
水を逃がすための10cm幅くらいの溝があってロードバイクだと気を遣いますが、MTBだと全く意に介せず走れます。ここはMTBがいいわ。

さすがにこの区間は心拍上がりましたわー。きつかったッス。頂上直前でのインナーローダンシングは壊れかけたゼンマイ細工のような動きだったので一人で上って正解でしたw

160416_160154
登坂完了!お疲れ俺。

頂上まで一時間かかってますね。自分的には上出来。というか過去のタイムデータがないので今回がマイベストタイム(笑)

小雨がパラついてきたので早々に退散。あばよまた来るぜ。

ディスクブレーキ搭載のMTBでの下りは楽しいっすね!オフロードバイクに乗ってたころを思い出します。段差は腰引いて抜重!みたいな。でも尻を浮かせるコツが分かりません。奥が深いぜ自転車道。

楽しく下ってると車に追い着いたりしますな。ミニバンなんかよりこっちの方がよっぽど速いけれど、車の人は自転車より遅い事実を受け入れてくれないので車間を保ってまったり下りましょう。前の車が事故って巻き込まれでもしたら大変っすからね。
下りは20分で完了。っても20分も下れるのね。登坂区間が7~8kmくらいあるからそんなもんか。

160416_165559
あとは降る前に帰りましょう~。なかなかいい運動になった。

160416_171041
シューズはモンベルのクラッグホッパー(旧型)です

ピンを長い方に入れ替えたPD-MX80によく食いついてくれます。横ずれはほとんどしません。ソールも固いので力が逃げなくてイイ感じ。小田島梨絵さんのブログを真似てみました。ナイス情報ありがとうございました!

MTBライドとフラットペダルシューズ (小田島 梨絵オフィシャルブログ|RIDE!RIE!RIDE!

おれってば結構上れるようになったんじゃね?と少し鼻高々でしたが、二日間の登坂疲れで日曜日は一日寝てました。体力はまだないようだ(ToT)

posted by イワナミ at 22:35| 福岡 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

あつなお先任軍曹と秋月登坂練

阿蘇望を控えたあつなお先任軍曹殿から秋月周辺サイクリングにお誘いいただいたのでタンクデサントしてきました。秋月周辺サイクリングというのは隠語で登坂練習のことです。ちょっと登坂がいける気になって調子に乗ってますぜコイツ!>俺

秋月まではあつなお殿の青王号に乗せてもらってワープ。駐車場に停めて、レッツサイクリング!

160415_101916
まずは初体験の寺内ダムを攻略する!

160415_103209
右側から登坂完了。ダムごとき敵ではないわ(ハァハァ

160415_103705
あつなお先任の素敵な青いホイール。ハブの色ってアピール力高いんすねえ。

160415_110604
「あの上の道、まさか繋がってないですよね?」 「いや、今から行きますよ?」

160415_111714
直登系でやばそうなので旧道から上りました。こ、これくらいならなんとか(ハァハァ

いったん下って気になる脇道から登坂開始。と、とはん(ハァハァ

160415_114034
ゆるっと上る道ならなんとかいけます。10%超えるのは勘弁な!にしても新緑がきれいでしたぜ。

日田方面へ向かう道でしたが、お昼は秋月でカレーを食べる予定だったのである程度上ったところまでで停止。引き返す前に一休み。地味にハンガーノック気味というか、スタミナ切れそうでした。

160415_120244
TREK アルミフレームス。一年違いでデザイン相当違いますな。

160415_120315
あつなお先任のキシリウムエリートを借りてみました。色味的には最低の組み合わせですが(笑)

登坂でちょっと借りてみたんですが、踏んだ時の反発力がしっかり帰ってくる印象。これが推進力と言われるやつ?高剛性ゆえの感触でしょうねえ。ニブチンの自分でもそれくらい体感するんだからすごい違いなんだろうなあ。でもホイールに二桁万円は出しきらんッス(*_*)

160415_125813
さて、お腹もすいたし秋月へ戻りましょう!

20160415_curry
月と亀のあさりカレーを初めていただきました。うまいぞー!!

ホットチャイで一服しながら今後のルートを考えます。といってもあつなお先任にお任せなわけですがw 白坂峠を上ってお茶屋にいって、そこから八丁峠へ抜ける道を抜けて半分くらい八丁峠を上って終了にしましょう、ということに。お、おう( ;∀;)

160415_150744
自撮り棒の背後霊になってみたり

160415_151916
いつもの急こう配を泣きながら上ったり。

がんばって白坂峠攻略。ま、まえよりは、しんどく、ないかも(ハァハァハァ

160415_153739
犬がなにかを欲しがるカフェで一服。登坂はご褒美がないとなぁ?(^_-)-☆

160415_161056
とくに名のないエスケープルートを抜けてハ丁峠へ。しかしあつなお先任、めっちゃ道知ってますなあ。すげえぜ。

160415_161807
ありがたすぎて後光が!w

160415_163953
ということで八丁峠攻略完了。かあさん、やっと登坂が終わったよ(*_*;

ざっくり70㎞走って1500m獲得でした。さすがにしんどい。でもやはり昔に比べたらだいぶ登坂力がついてる気がします。膝の故障などに気を付けながら、この力を維持する努力をしないとですねー。
坂は好きじゃないけど、嫌いではなくなってきました。坂の多いエリアって、車が少なくて景色がいい場所が多いのも事実ですし。
ともかくがんばれ俺(>_<)

posted by イワナミ at 23:30| 福岡 | Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

FENIX LD20の不調を直す作戦

単3二本で明るくロングライフなFENIX LD20を愛用しております。ミドルモードで一晩もつのは素晴らしい。

ただ最近、私のLD20はちょっと不調でありまして、サイクリング中に段差で強めの衝撃を受けると点灯モードが最弱のローモードに切り替わってしまってまうんです。LD20ではたまにあることらしい。メインライトにしてないから致命的ではないけれど、正直よろしくない。

対処方法としては、中のスイッチ部分を締め直すというのがあるようです。使っていたら緩んでいた、みたいな。カニ目レンチは持ってないんで、精密ドライバー二本で分解、清掃して組み直しました。

160412_203111
たまに役立つ接点復活剤

さてどうかな、と点灯状態でライトを叩く。あら?ローモードになっちゃいますねえ。もっかい組み直しましたが、現象変わらず。これはスイッチの中あたりか?はたまた別の部分なのか。うーむ。

ネジ部分に汚れがたまって接触不良になる、という案件は多いです。そう言えばLD20はライト側もねじ切ってあるんですよね。ターボモードにするときだけ締めるネジ。ここも清掃してみましょう。

160412_203831
かなり汚れてました!

振動で微細に動いてカスが発生していたのかも。

組み上げて点灯し、「この~ドロボウネコッ!(パアン )」 くらいの衝撃で叩いてみる。点灯モード変更せずです!原因はここの接触が微妙に悪くなっていたことのようですな。LD20オーナーはここのメンテも忘れないようにしましょう~(^_-)☆

注) ほぼ再現しなくなったけれど、叩きまくってるとローモードに切り替わることがありました。100%非再現にしたいけど難しいのかしらん?

posted by イワナミ at 21:10| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

ここからMTBの時間だ

通称コスモタイガーIIことGIANT XTC 29er2は、シートクランプをレバー式にてグリップをネジ止めのタイプに交換したくらいでノーマルで乗ってます。性能は自分にはこれで十分ッス。

ただ、ハンドルはちょっと高いなと思っておりました。29erなのでステムが高い位置にあるのにライザーバーでさらに上げてるのはどうなのよ?と。で、10cmほど短いフラットバーをゲットしてサクッと交換してみることに。ついでにバーエンドバーも装着。どうせ走るのってほぼほぼ舗装路ですからw

試乗がてら久山方面へペダルをこぐ。ハンドル位置、幅ともしっくりきました。昔走り回ってた紅いMTBを思い出す。こんな感じだった気がする。乗りやすい!

 160411_162733
登坂テストでダムを目指す坂へ。

バーエンドは登坂で使いやすいし、ハンドルが下がったおかげで力が入れやすくなりました。対馬で鍛えられた筋力も加わって、未だかつてないイージーさで猪野ダムへの登坂が完了しました。どんだけきつかったんだ>ヤマネコ200k

いつもならトンネルまでの登坂で引き返すのですが、今日はちょっと欲を出してさらに上を目指しちゃおうかな。

160411_163342
10数キロ走るだけでこんなとこに。いい環境です。

160411_164722
上ります。ここだけガレて押しました(笑)

さすがに路面がひどいところではインナーローまで落としましたけど、ちょっと上のギアのことがおおかったなあ。この登坂力はいつまでもつのか(笑)

160411_165750
で、ゴール!

最後の短い階段は押し上げましたが、一応自転車でここまで来られます。達成感あります。そして足もつりますw

前に来たときは一大プロジェクトな感覚でようやく到達!死ぬ-!なんて思ったもんですが、今回は意外にさっくり上って来れましたな。ダートの登坂はしんどいけどなんか楽しい。下りはもっと楽しい。石ゴロゴロでもドンマイな29erでよかったです。

160411_175148
では帰りますか~。

160411_175324
ハンドル下がって精悍になりました。クロカン車っぽい。この仕様で乗ることにしよう。

やっぱコスモタイガーII、かっこいいぜ!

posted by イワナミ at 23:18| 福岡 ☀| Comment(2) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

軽く走るつもりが100㎞になってた件

おとといの晩、リッツと鯖缶の相性が気になってしまい、芋のお湯割りで検証。水煮缶とリッツ、さらに芋お湯の相性はばっちりでございました。気が付けばリッツが1/3箱と鯖缶を深夜にペロリ。

しばらく余剰カロリーは控えようと思った昨日も、実は東京からYuunaさんが来福するんで飲み会よ!綾祢さんとともに迎撃ミッション。一次会でがっつり肉食べて二次会で日本酒。締めは赤のれんでとんこつラーメン替え玉付きだぜ!久しぶりに二次会まで堪能して気分がいいからコンビニで飲み直し用にちょっとお酒かっとくか~、とお店を出ると大盛りペペロンチーノを持っていましたWHY?もちろん温かいうちにいただきました。ついでに唐揚げとおにぎりも詰め込んだ記憶があります。どうしてこうなった。

さて、起きてから体重を図ってみると、ジーザス!せっかく切った80㎏の壁を楽々突破して81㎏に!油断したらまたもとの85㎏とかになってしまう。あの重量は自転車にもろ影響あるからはやくなんとかしないと!

ということで、LSD的な脂肪燃焼トレーニングでサイクリングへ行ってきました。めざすはとりあえず宗像サイクリングロード。

160409_155340
よか天気できもちよか

ここまでの道中で、自分の身体が以前に比べてバネ感があるというか、力が増して楽にペダルを回せるようになってるのを実感しました。緩い上りでの加速感は以前より格段にアップしておりましたな。対馬のヤマネコ200で3700mも上らされたのはこのためか!なんという虎の穴!虎穴に入らざれば虎子を得ず!そういえばとら屋のようかん、ありがとうございました☆>Yuunaさん

さておき。

今の自分の自転車力は数年前にブルべ連戦してSR取った時より調子いいかも?なんて思えるくらいに軽快に走れてます。トルクアップした感じ。対馬で延々とヒルクライムさせていただいた結果、クランクをこうグイングインと回す感覚が身につきましてね。登坂はもちろん、向かい風でも使えるテクニックです。人呼んでMTです。(呼びません

160409_160853
さつき松原もシュンシュンだ!

いつもよりあっさりと波津の海岸に到達。ここで引き返したら80㎞ライド。芦屋の海岸までいけば100㎞コース。ちなみに遅く出発したので夜間走行装備はばっちり。うむ、今日は芦屋まで行きたい気分ですね。

160409_162905
絵画のような芦屋へ向かう海沿いのサイクリングロード。めっちゃ気持ちいいです。

160409_163559
今日はちょっと砂ってましたがドンマイ。

ハンドル切らなきゃたいしたことはない。曲がるとえらいことになりますがw

20160409_ashiya
着いたぜ芦屋の海岸。ちょうど50㎞。

しかしこう、こいのぼりが真横向いてるよね。結構な追い風だったってことね。そして帰りは鯉の向く方向です。往路で調子こいたせいで足があんまり残ってない感覚。やばいかも(*_*;

ともあれ帰りましょう。やっぱり向かい風はしんどいです。でもやっぱり筋力アップしてるのは間違いなく、以前に比べたら対向かい風性能もややアップしておりました。結構進める感覚。疲れますけど。

160409_171854
西に向かうのじゃー!

160409_181056
めっちゃ踏むわけではないけどそれなりの負荷を維持したまま帰路を消化。

途中、気になってたラーメン屋さんへピットイン。福間のろくでなしの限定塩ラーメン、めっちゃ美味しかったです!ありがとうヒロマミさん!

ラーメン食べてからも良いペース(当社比)を維持しつつ495~3号線経由で帰宅。移動アベレージが23.7と、自分的にはちょっとがんばった数字が出ました。ブランク長かったワリにはよいよい。

やはりちょっと体重落としたらだいぶ違いますね。85kgくらいある方はどうにかがんばって80kgまで持っていくべきだと想います。その差は歴然です。今5kgの荷物積んでヒルクライムに行けと言われたら、手近にある角のとがったものでその人を打つでしょう。動かなくなるまで。それくらい85kgヒルクライマーはつらいのであります。

160409_195905
トータルで6時間くらいか。もっと早めに動けばよかったかw

がんばった結果、足全体がこわっております。明日は筋肉痛祭りかも知れません。ロボットダンスをマスターするチャンスかも!

posted by イワナミ at 00:18| 福岡 | Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

2016 BRM402 ヤマネコ200k ~俺は上って下るだけの簡単なマシーンさ~

BRM402 ヤマネコ200kは補給が困難なのでようかん類を大量購入。フレームバッグにインしてみました。

160401_112728
食いモンだけで1.5kgだってよHAHAHA!

減らすことも考えましたが、足りなかったらイカンのでやっぱりこのまま持っていきました。食えば減りますしね!

160401_202914
フレームに主だったピークの標高と距離を記入。こういう指標があるとあきらめがつくッショ。

チェックリストを作り持ち物を用意してたんですけど、最近携帯をiPhoneからArrowsに替えたタイミングで古いブルベ持ち物チェックリストが無くなってしまいまして、新たにリストを作りました。そのリストの信頼性が低いのでなんかびくびくしながら出発した次第。ブランク開くといかんです。

フェリー乗り場には早めに行きまして、すでに到着していたA治さんやスタッフのたいかんさん、広島のT田さんと歓談。去年はみなさん集合早かったようでしたが、今年は結構ゆっくりめ。それでも着々とランドヌール達が到着してきて、場はさらに楽しくなっていきました。3700mも上らないでこういう楽しいのだけならいいのに。ってそりゃ本末転倒か(笑)

12321451_1050748421629869_2894737427050510871_n
さて、いざ対馬へ![撮影:綾祢さん]

遅い便なので乗船して寝場所を確保したらそのまま寝ました。隣のおじさんがいびきマンでしたけど、3Mの耳栓を持っていったので全然気にならずサクッと寝られました。気がつけば対馬でしたわ。乗船時間の4時間くらいはしっかり寝られたのでさい先は良い良い。

上陸して早々に輪行解除し自分も走行準備。朝ご飯のおにぎりを三個流し込んで準備完了。かな?久しぶりなのでサイコンのリスタートとかバックライトの設定など、細かいところを忘れてました。

160402_052212
みなさん各個に準備をすすめる。自分のことは自分でちゃんとやる、という感じが好きです。

ブリーフィングの後、AM6:00スタート。これから13時間半がんばります。早く帰れることはまずないのでフルに楽しめるお得な脚力です(涙

IMG_6557
いってきます![撮影:綾祢さん]

そしてスタートしてすぐに登坂開始です。しかも今回のコースで一番高い380mまで一気に上ります。鬼ィ(笑)

160402_063835
上ってたら夜が明けました。

食料やらライト類で自転車が多少重くはなってるものの、やはり自分の軽量化はまだ効いてるようでそれなりに登坂できてます。自分的には驚異のペース。無理してはいかんので心拍はMAX140に抑えつつえっちら上りました。

160402_064252
頂上は驚きの白さ。展望ゼロなので速攻離脱(笑)

160402_070443
なかなかいい感じの道。川沿いってなんかイイ。

160402_073448
桜がちょうど満開でした。最高!

160402_075122
30kmくらいでPC1到着。早いw

コンビニというか酒屋?なので補給物資の調達は困難な様子でした。ようかん類は持ってきて正解だったようです。

IMG_6622
まだまだ登坂は続くしがんばりますか~(キリッ)の図 [撮影:綾祢さん]

このあと、烏帽子岳って展望台がある高台へ続く道を上らされます。ここがまたキツかった!なんだこの斜度は!MTBの人が押してるじゃん!

たまたまここでAJ長崎の石川代表と一緒だったので、見栄を張りたい一心で上りきりました。一人だったら押してますよあんな坂(笑)

P4020627
石川さんに追い着かれたの図 [撮影:石川さん]

MTBの人たちは韓国の人みたいでたくさん走ってました。ブームなんでしょうかね。しかし寄りによってこんな坂だらけの対馬に走りに来なくてもよかろうに、って僕らも同じか!

P4020635
烏帽子岳展望台にて。絶景でした!

160402_094837
烏帽子岳周辺は桜もたくさん植えてあっていい景色になってましたわ~。

IMG_6700
この辺りで撮ってもらえたのかな?ナイスショットいただきました![撮影:綾祢さん]

160402_102202
入り江に向かって降下していく道。後半で何度も遭遇することになります。

160402_102620
ぐるっと入り江を回り込んだ先にランドヌール発見。こういうのがうれしいのですよ。

しばらく海っぺりの平坦エリアでそこそこ平和な時間でしから、食べにくいであろうカロリーメイト的な補給食を食べてみます。イオンブランドのちょっとしっとりしたタイプを買ったけれども、やっぱりモソモソして食べづらいですな。お茶で流し込んでやりました。ジェル系は補給しやすいけど容量に対するカロリーが低いんで携帯性が悪い。やっぱりようかんかな。

160402_104906
とか言ってると登坂に入るわけで。勾配図であまり目立たない小さい突起のはずなのですが、十分しんどい。前より下を見てる時間が長いというね。

160402_104921
どんだけ上ればいいんじゃー!

160402_111852
対馬の地名は読めない。

とにかくPC2の韓国展望台までがとてもしんどいと聞いていたので、そこまではがんばろうと思っていました。しかし足が回らなくなってきましたよ。腰も痛いしなあ。お腹も空いたんで新装備のういろうを試してみましょう。ってようかんみたいに片手で開封できない!こりゃ補給も兼ねて一回休憩しよう。このままじゃ走れなくなりそうですわ。

160402_122415
糖分と炭水化物とタンパク質、あとミネラルを補給しましょう。

ちょっとストレッチして横になるとたまった疲労感が軽減しました。ブランクも長かったことですし、休まなアカンですな。

ちなみにういろうは食べ心地も腹持ちも良かったので、今後補給食として携帯するかも。ちょっと重いけど。ささみの燻製はお値段のワリに美味しくないのでもういいかなw

160402_123012
まだまだガソリンは残ってるゼ!

ちなみにYったかさんからいただいたこのフレームバッグ、やたら入って便利です。通称ガンペリー。私はペダリングのジャマになりませんでした。

160402_125612
めずらしい!対馬の!平坦路!ただし向かい風(ToT)

160402_130358
ここもキツかったですね~。全然終わらない感。勾配きついし。

100mくらいの山が連続してやってくるのです。標高図を見てると中ボスクラスかな、なんて思ってましたが、いざ対峙すると立派なラスボスレベルに感じられました。それが連続して向かってくるクエストです。勘弁してください-(泣

160402_132211
あんなに苦労した上りも下りは一瞬。位置エネルギーを返せよニュートン。

160402_132510
登坂に向けて加速していくAJ長崎 石川代表。かっこええ。

160402_133218
そうそう、フレームバッグのベルトのおかげで勾配図が一部しか見えない状態でした。勾配図自体は必要に思えましたので、今後装着方法を考えないといかんごたる。

160402_133748
飛び出してきてくれませんでした。ツシマイエネコすら見なかった。

160402_135812
たまに出てくるざっくりした現在位置の看板。

だいぶ韓国展望台が近づいてきたぜー、という辺りに差し掛かったとき、この看板の前で地図を見てる自転車乗りがいました。ちょっと気になったのでUターンして「お困りですか~?」と聞いてみたら韓国の人みたい。韓国展望台に行きたいけど迷ったらしい。もってる地図があまりにざっくりだったし、この看板も道案内にはなりませんよねw てことで自分も行くからこっちだぜ!と英語で伝えて一路韓国展望台へ向かいます。

しばらくは先行しましたが、登坂に入ると足が半分終わってるのでガクンとペースダウン。彼はめっちゃ元気そうだったので、自分は遅いから先にどうぞ!あとは一本道のはずだーと伝えたら「アリガトー!」と言いつつダッシュして行かれました。うむ、いいことしたぜ。

そしてしばらく走って韓国展望台近くのトンネルに来たら、走って行った彼がちょい横の路地でたたずんでます。ガーミン上だとトンネルの先から上るようになってるんで、手前からは行けないのね。確かブリーフィングで聞いたような気がする!Hey! This way!とトンネルを指さして通過。こっちもギリギリなのでねー。ちゃんと後で彼も上ってきましたんで結果オーライ。

160402_142040
来たぜ韓国展望台!ここまで来たら後は楽って聞いてます!

IMG_6883
のぼったYO![撮影:綾祢さん]

IMG_6889
そこの島が韓国ですかね?(違) [撮影:綾祢さん]

韓国が見えなかったのはちょっと残念ですけど、ここまで走って来れたこと自体が喜ばしい。あとは比較的勾配もゆるめですよと聞いていたのです。が!

こっからも十二分に上りと下りが連鎖する登坂無間地獄の様相でございました。

160402_145211
当時の心象風景はこの船のようなイメージ。ボロボロよ。

入り江に向かって降下して行き、入り江に沿ってぐるっと回る。そこからまた登坂が始まり、次の入り江に降下していく。これを繰り返すゾーンでは、あれ?この入り江さっき走ったとこじゃね?なんてデジャヴが。疲れもたまってきてるし、ちょっとまた休みますわ。

ベンチに座ってういろうで補給します。三個目、最後のういろうです。ラスト・ウィロー。まだようかんは残ってますからハンガーノックはまだ大丈夫。でももう足が回らないッス-。電車があったら乗ってるよなこの状態は。なんて思ってたらたいかんさんと綾祢さんの乗ったスタッフカーが!でもどうせ乗せてはもらえないんですねー。エスケープはあきらめて先に進むしかないのでありました。はぁ。

160402_155001
トイレに寄った運動公園で今回の装備をパチリ。

フレームバッグは走行中にもアクセスしやすかったです。フロントバッグよりいいいかも。多少ボトルが出しづらいけれど、そこまで大変じゃなかったです。ビバ580mmフレーム(笑)

160402_160900
後半のお楽しみだったもみじ街道に来ましたよ!

ここは景色がたいへん良いらしいのでね。がんばって走ってきたんだから頼むよ!

160402_160924
おお、のっけからいい感じですやーん!

紅葉が連なってて横には小川が。川は砂利で埋めてあるのか埋まったのか分からないですが、いい感じの道が続いてました。7kmくらいあるんでしたっけね?勾配もゆるくてよかったです。途中までは。最後に級坂があるとか聞いてないですよー!(泣

160402_174952
このころは桜並木を見ても特になにも思わなくなってましたw

もみじ街道が終わってからはひたすら距離を消化する機械に徹してましたかね。延々と上りと下りが続くんです。下りでこぐのは止めました。休息に努めます。上りに備えるのだー。そしてまた上る。

残り20kmくらいになると残り距離を気にしすぎてだめですね。数字が全然進まないw 残り10kmを切ってもまだもうちょっと!っていう気にはなりませんな。残り3kmくらいでようやくもうすぐかな!?と思えました。しかし斜行などでロスした分があったせいか、予定の207kmではゴールに届きませんでしたがね(笑)

IMG_7057
そしてなんとかゴール地点にたどり着きました!しんどかったー![撮影:綾祢さん]

IMG_7059
我ながらすっげえうれしそうw [撮影:綾祢さん]

リタイアが事実上許されない場所なので、とにかくたどり着くしかなかった。気持ちは十二分に折れてたんですけどね。人間やればなんとかなるもんだな~、と再認識させてもらいました。ブルベのおかげでいい意味で鈍感になっていく気がする(笑)

そして!
楽しい!
宴を満喫!
\(^p^)/

宴会付きブルベっていいですね。アメとムチってやつですかね。楽しい記憶でしんどいのを忘れさせる魂胆か?だまされちゃうぞー!来年も参加してしまいそう。また泣いたあと、笑いに来ますか☆

こんな楽しいブルベを開催していただいてありがとうございました。もろもろ取り仕切ってくれたAJ長崎の石川さん、スタッフがんばってくれたたいかんさん、綾祢さん、そして努力と根性で完走されたランドヌールのみなさん、お疲れさまでした!来年はフラットなコースだといいなあ!(無理

posted by イワナミ at 02:34| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

自転車でもガソリンが必要なのだ

俺のガソリンがな!(・∀・)

ということで、対馬であるヤマネコ200kの準備をしておるわけですが、中盤以降の西方面にはお店が存在しないためカロリーというか食料の補給が困難らしい。去年走った方のブログを見ても、結構持っていった補給食があらかた無くなったりとか。

さすがに200kmまるまる補給出来ないわけじゃなくても、それなりに用意しておかねばなるまい。そして買ってきたカロリー軍団がこちらになります。

160401_112303
正直買いすぎた気もする

ただ、自分は燃費が悪いので一応保険のために持っていこうと思います。登坂祭りだからいつもより余計に消耗しそうですしね。重くなるのはしゃーない。

ちなみに左のオレンジ色のはささみの燻製。すでに一本なくなり、行きの船の中で軽く飲むときに減ってしまう予感。天使の取り分です。いや、魔物の取り分かな(笑)

posted by イワナミ at 18:45| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016 BRM402 ヤマネコ200kはこんな感じ

参加する予定のヤマネコ200kのコースはこんな風になっているようです。

最初に二つばかり大きな山がありまして、あとは小さなノコギリ上のアップダウンを繰り返す模様です。斜度次第では途中離脱せねば懇親会に間に合わない気がする(汗

今回のブルベはAJ長崎代表の粋な計らいで、往復のフェリーの手配や宿の予約まで行っていただきました。フェリーで1日の深夜に博多を出航し、現着してほどなく200kmブルベスタート。13時間半後のゴールの後、懇親会というか宴会が催されるわけです。この宴会がメインイベントなので、完走よりも宴会に間に合うことの方が大事なのです(笑)

しかし前にブルベに出たのが去年のお正月なんですよね。去年ブルベ以外で1度は300kmを走りましたが、ここんとこまともにサイクリングしてない感。こないだの登坂が調子よかったので勢いでエントリーしちゃいましたが、ものすごく不安です。いつものことですが。

「泣き言は泣いて言え」をモットーに、坂道で泣いてきます(泣

懇親会で飲むビール、美味いか苦いか。

posted by イワナミ at 00:14| 福岡 ☔| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする