2016年07月06日

猫峠の先でひどい道に入った

なんか最近腰の具合がよくない。運動不足だからかな?と思って久しぶりに定点サイクリング25kmを走ってみたら、あっさり腰の調子が戻りました。こりゃ深刻な運動不足です。腹回りも成長しつつあるし、登坂力も落ちまくりな予感。ちょっと走らないと!ということで、猫峠でも行ってみようと出かけてきました。

昼頃から出かけたので暑いのなんの。福岡市は33度くらいまで上がったんですかね?そりゃ峠でも暑いわけです。登坂途中で一息いれて冷却しながら登坂しました。

またこういう時に限って電線の工事で片側規制とかされちゃって、警備の人に無線で「ハイ、自転車向かいました~」なんて連絡してるのを横目でチラ見しながら「車を待たせちゃ悪いですし加速」をせねばなりません。おかげさまで一部区間で自己最速記録が更新されました(笑)

160706_143243
久しぶりに猫峠クリア

さて、とりあえず裏猫を下り、なんとなく力丸ダム方面へ足を向けます。時間的に微妙で、どういうルートにしようかな~、と考えつつ走ってたら、力丸ダム手前から脇田温泉へ抜けるダートの道があったのを思い出しました。最近Google Mapで見たら県道表記されてて「マジかよ!」と思ったルートです。その昔、ジムニーやらオフロードバイクで何度も通った道。

たしか締まったダートだったから、ロードでもいけるんじゃね?

なんて思ってしまった次第。ルートを1度確認しておきたかったんですよね。酷いところは押せばいいし。よし、いっちょ行ってみよう(*^O^*)

160706_150537
「通行極めて困難」 こんな看板見たことないわ(笑)

未舗装なのは知ってます。未改良ってことは、どっか崩落したりしてんのかも。でも、通行は「困難」であって「通行止め」とは書いてません。ということは、徒歩レベルなら抜けられるってことじゃないの?これは要チェックや!

ということで先へ進むことに決定。

160706_151110
車両は通行できないのかー。

四輪車は無理ということだろうと。昔はジムニーならホイホイ走れたんで、やっぱりどっか道が崩れてる可能性は高そうです。それも含めて確認よ。

少し上ってみると、こぶし大の石ころがゴロゴロしてます。雨で上から流れてきた感じ。この先、こんなのばっかりになったらろくでもないぞ!そう思って一旦引き返しました。ここはちょっと無理無理-。わざわざ行かなくてもねえ~。

そしてちょっと舗装路を進んでみたんですが、やっぱりあの先がどうなってるのか気になる。もうちょっと進んでみて、あんまり酷いなら戻る、くらいはやっておかないと後悔しそうでね。引き返して上ってみました。やっぱりこぶし大の石ころ怖いわ(笑)

160706_151309
コンクリ鋪装が続きますが、堆積物が多くて難儀します。

一応乗ったまま上ってみました。結構斜度があり滑りやすいんで、トルクをかけすぎない程度に気をつかいながら登坂する、という恐ろしい技量を要求されることに。でも出来たらちょっとうれしくて少しがんばってみました。

160706_151625
車は無理だね☆

160706_151731
乗っていけないので押すしかない

160706_151819
竹でふさがれつつあるのをくぐり抜ける

俺なにやってんだ感と、オラなんかワクワクしてきたぞ感が入り交じる。そして登山というか筋トレ的ないい運動にはなってるからヨシ、という結論。もはやサイクリングではありません(゚Д゚)クワッ

だいぶ上ってきたかな?というところでコンクリから出っ張ってたクギにタイヤが引っかかってパンク。嘘やろ!?

160706_152128
パンク現場より先を見ると、ちょっと先で開けたところに出そう

このあたりは虫が多そうだったんで、先で修理することにして引き続き押す。出た先では道路工事をしてました。

160706_153307
パンク修理しますか。

クギが刺さった跡には裏からガムテープを貼って補強。

160706_153933
小さい穴だから大丈夫でしょう。

空気圧はキチキチまで入れないけど、小石に負けないくらいには入れます。幸いチューブはコンニチハしてこなかったからガムテープいい仕事したようです。

方角的に、この工事してる道の先が脇田温泉に続いてるんだろうと。もうそろそろ峠を越えて鋪装道に出る感じなんじゃないかと。このときは思っておりました。

160706_154801
行き止まりやんか!!

途中の分岐を間違ってたようです。しかもその分岐、かなり戻ったところです。絶望しました。

しかし選択肢は来た道を戻るしかなさそう。悲しみに包まれながら苦労して上ってきたルートを戻ります。って滑る路面だと下りの方が怖いぞ!みんな気をつけろ-!(ソロ

160706_160142
えらく広いイノシシの泥遊び場がありました。いっぱいいそう(^_^;)

さてようやく分岐に戻りました。ここまで来たら踏破しなきゃ嘘でしょ!イエーイ!

160706_160516
正しい道に入ってるのは間違いないのでがんばれます

しかしこっちも道が悪い。アスファルトとコンクリでまだらになってて、さらにボッコリ穴が開いてたりして気が抜けません。まぁ上りは押し歩きなのでハァハァするだけなんですが。

160706_160802
もうちょっとかな?ガンバレ俺。

この先でまた分岐が。etrexとスマホで確認。電波は来てないけど左でよさそう。地図で見てもピークまでもうちょっとっぽいぞ!って、あれは...

160706_161232
まさかの通行止め!

私のチャレンジは終わりました。通行止めならそう書いとってよ(;_;)

下りくらいは乗って下りてやらあ!とちょっと乗ってみましたが、この勾配は石とか穴とかで前転するパターンだと気付き、押しながら下りました。自転車で来た意味とは。

160706_161951
ちなみにここが最初に間違った分岐です。右が一応正解。(通行止めだったけど)

いける分は行ったので達成感のよなものは得ましたが、工事が終わって道が繋がるまでここは来る意味がないかと。まぁ止めはしませんが、SLクリートだけは止めた方がいいでしょう。滑って転んで大分県間違いなしです(笑)

posted by イワナミ at 23:44| 福岡 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

ブルベの応援に行ってきました BRM618 通潤橋300k

筑後船小屋発の300kmブルベの応援に行って参りました。カズマン先生の引いたルート、八女方面から小国、黒川温泉あたりを上って三愛レストハウスまでいくとあったので、私はやめときました。その登坂にはトラウマありましてな(^_^;)

なんとか早起きして高速移動(当社比)し、受付時間前に現地到着。カメラの用意だけだと早いもんですな。準備中のみなさんをパチパチ激写。激写ボーイ。

160618_060406
登坂コースにもかかわらずリカンベントとはさすがです。

160618_062854
パパさん、久しぶりの300kmチャレンジ。がんばってくだされ!

160618_063403
ニコ生ジャージは相変わらずいいデザインであります。反射ベストで隠れちゃうけど。

160618_063645
受付とか車検とか始まっております。

160618_063911
車検指摘事項アリの図w なんとかなったようで良かったですね☆

160618_064150
なんとか間に合ったで賞を受賞した人w

160618_064714
10km以上走るのが9ヶ月ぶりとかマジスカw

160618_064829
個人的にものすごく尊敬している方のMTB。MTBでPBPの1200kmを完走されたそうです。人間、やれば出来るんすね!

160618_064907
ブリーフについて語っているところ(ブリーフィング)

160618_065003
ブリーフに関するうんちくをニヤりとしながら聞いているの図 (ブリーフィング)

※文章に非現実的婉曲表現が含まれる場合があります(^_-)☆

ブリーフィング後、時間となりましたのでぼちぼちスタートしてください~。で三々五々スタートしていくランドヌール達。300kmがんばってくだされ!

160618_065733
いってらっしゃい!

さて、スタートを見送るだけの簡単なお仕事は完了しました。残ったスタッフでなぜか車談義に花を咲かせた後、綾祢号に乗せてもらい応援という名の小国方面ドライブへGO!

スタート地点からすぐに山の方へ入るルートは、適当なワインディングの田舎道でドライブにもいいルートであります。車なら登坂も楽ちんですしねウハハ-。

追走開始が遅かったため、PC1では大半の方が先に行った後でしたが、数名の方とはコンタクト出来ました。

160618_110041
これからさらに過酷な登坂へ向かうリカンベントを激写!激写ガール!

だいぶ出遅れたんでこの先ルートを追走するのもなんだし、せっかくいい天気ですから観光ドライブへスイッチしました。滝とか見たいじゃないですか(笑)

IMG_7807
鍋ヶ滝で超観光モード[撮影:綾祢さん]

地震の影響で滝の下へ入るところは立ち入り禁止になっておりました。残念-。

160618_113439
オリンパスE-M10の手ぶれ補正を頼りに手持ちスローシャッター1/5秒。なんとか撮れててちょっと感動。オリンパス-!(^_^)v

観光後は三愛レストハウスでお昼にしました。三愛レストハウスのランチビュッフェ、初めて食べたけどいいですね!色々種類があるけど全部ウマイ。デザートまで考えたらかなり胃拡張モードで望まないといかん。もろもろある上にカレーとデザートまでチョイスできて1600円くらいでしたっけ?お得ですわ~♪

IMG_7825
デザートのからあげコロッケカレー [食:イワナミ 撮影:綾祢さん]

以前なら週末はかなり混んでいたらしいですが、お昼時でもガラガラでした。おかげでゆっくり食事は出来ましたけど、ちょっと存続が危惧されるレベルなんじゃないすか?熊本応援も兼ねてレッツドライブ&イートしにいきましょうぜ!

IMG_7873
お腹も満たされたし、お次はレッツ大観望!

IMG_7831
運転あざます!(ピンぼけすんません(^^;)

IMG_7895
久しぶりの大観望は空気も澄んで景色最高でした!某よっ○ーさんがいないからかな?なんてNE(・∀・) [撮影:綾祢さん]

大観望も人は少なめでしたな。一番上の駐車場にすんなり入れるくらいには空いてました。お次は押戸ノ石とやらを拝みに行こうか!というか連れて行ってもらいました(^^;)

160618_151647
こういうところのようです。

160618_151122
なんかすごいいい景色のところでした!

写真スキーとしていろいろ模索しましたが、全周囲360度の絶景を写真に収めることなど不可能!という結論に達しました。ここは是非ともご自分の目でご覧ください。ほえーってなると思います。

160618_152148
ベストキッドでおなじみの鶴の構えを決めてみる。静止画マジックで、実際はフラフラでした(笑)

すごいいいところを教えてもらいました。あざっす!

景色も堪能したし、戻りしなお茶の時間としますかな。向かうは小国の「茶のこ」さん。サイクリストのイケメンマスターとイケメン猫のササキさんが有名なお店でして、自転車乗りも集ったりもしています。みなさん剛脚さんやでー。

160618_161211
そーせー氏のオススメだった玉露をいただいてみました。

お茶の甘みというのを初めて知りました。美味しかったですー!

160618_161019
しかしササキさんの目線はいただけませんでした。次こそは。

そろそろイイ時間になりましたし、名残惜しいけれどもマイカーを回収しに来た道を戻ります。綾祢号はマイカーと違って下りでも安定感があって良いですな。ジムニーの下りの感覚ではコースアウトする速度でコーナーに入らっしゃるんでキュッとなりましたw

さて、ついに戻ってきたぞスタート地点。ゴール地点でもあります。ここで「ゴール地点に来たけど誰もいないー☆」みたいなメッセージを残して帰る気満々でしたが、あれ?あそこ歩いてるのエイジさんじゃない?あ、晩ご飯はそこのお店でカレー食べるんすか。行きます行きますー♪なんてご飯食べてたらそろそろゴール受付の準備をする時間ですね。

結局ゴール地点でランドヌールを迎える簡単なお仕事が開始されました(笑)

160618_213805
一番の方は21時半ゴール。速いっすねえ!

IMG_7996
待ち時間は4本ローラー体験会がw

3本ローラー未体験ですが、4本は比較的楽に乗れました。3本もいけるのかな?

160618_221436
二番にゴールしたSさん轟沈の図。ちょっとペース上げすぎたそうな。

160618_232037
ぼちぼち帰ってくるランドヌール。さすがライト明るい!

160618_233116
MTBの勇者も帰還。クローズの四時間前くらいに戻ってらっしゃった(゚Д゚)スゴカ!

160618_233735
9ヶ月ぶりの人も無事帰還です。お疲れッス-!

160618_233927
ホントに300km走ってる!(失礼

160618_234234
Horiさんも乙です!

そろそろ雨が降ってきましたよ。まだまだランドヌールは走ってます。大丈夫か心配しつつ待ちます。

160619_001445
お次は誰じゃらほい?

160619_001456
げんさんお疲れっした!

160619_001630
灯りが無いところでも自前で明るいランドヌール

160619_005002
もはや完全ウェットになりました。気をつけて-。

160619_012949
M木さんも堪能されてゴール。お疲れっした!

160619_020022
途中で落車したけど無事に帰還されたパパさん。無事でなにより。お疲れさまでした!

160619_020241
最後の方のころには雨脚も強まってしんどい感じに。乙でしたあ!

300km走られたみなさん、本当にお疲れさまでした!がんばってるみなさんを見るたびに心底スゲエ!と思います。今の自分は200kmも完走出来ませんでしたからなー。心機一転再挑戦しますわ。ガンバレ俺。

結局最後の方のゴールまで見届けて解散。スタッフされたカズマン、エイジさん、綾祢さん、お疲れッした!また会う日までアディオス!アミーゴ!(^_^)/~

そして帰りの高速で70km/hくらいしか出せないレベルの豪雨の中、久しぶりに右足への浸水を確認。穴は塞いだはずだよママン!とりあえず気にしない法則を発動して帰還しました。オツカレチャーン

最後に一日ドライブしてくれた綾祢さん、ありがとうでした!またよろしくです(^_-)☆

posted by イワナミ at 23:11| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

2016 BRM604 猫-平尾200㎞ 雨、そしてDNF

こんにちブルべ!(挨拶

対馬の200㎞ブルべは坂道が相当苦しかったけれども、思い起こせばなんかやたら楽しかった。やっぱりブルべってなんか楽しいよね、ということで近所を巡るBRM604 猫平尾200kにエントリーしてみました。なじみの方には懐かしいコース取りらしいです。確かにメジャーどころを巡る感じのコースですし、当時のスタート地点も経由するそうな。ほうほう。

しかし、天気予報は雨です。終日ではありませんが、100%雨が降るのは間違いない。今まで雨だとDNSしていたんですが、ブルべって雨とか関係なく、自分で走れる自信があるならどうぞ、ってイベントです。そこは自己判断。実際、走る人もいれば走らない人もいる。私は走らない人だったんですが、今回は走ってみようかなと。

というのも最近、アウトレットで登山にも使えるらしいカッパを普段着用に購入しましてね。腋にベンチレーションがあったりして自転車でも使えそうなんですよ。試してみる意味も込めて行ってみることにした次第。

7時のスタートだから5時に家を出れば現地で余裕があります。4時過ぎに目覚ましをかけ、4時過ぎに目が覚め、5時半に目が覚めました。うおおお!寝坊した!

パパッとサイクルウェアに着替え、顏だけ洗ってダッシュで出発。途中のコンビニで朝食と水を買って食べながら現地へ。到着は6時40分。まだ準備中のランドヌールもしらして一安心ですが、とにかく急いで自転車を仕立てました。

160604_065718
ブリーフィングなう。途中からだけど。

受け付け、車検をしてもらい速攻スタートであります。

160604_073809
いくぜ200㎞!

160604_073911
パラパラ降ってるのでのっけからカッパ装備。

あとで着るのはめんどうだろうとカッパを着たものの、まだそんなに降ってないしいきなりの登坂で暑い!

160604_075905
暑いっすね、脱ぎましょうかね、なんて話をしながらハァハァする。

160604_083133
一山超えて通過チェックのコンビニ。

30㎞程度なので飲むヨーグルト飲んでカッパ脱いでリスタート。お次は猫峠越えよ!

160604_084227
よく来るところだけどブルべでは初。

他のランドヌールと越える猫峠は一味違う。しゃべりながら上ったりするといつもより楽に感じます。でもやっぱり登坂開始んとこの急こう配は勘弁(*_*)

160604_090150
ほとんど降ってない。もしかしてカッパ初投入のおかげで降らないのかも!?なんて思ってみたり。

160604_091945
上り切ったらリカンベントのゲンさんんが写真とってくれてました。リカンベントで普通に上るなんてすげえ。

160604_093634
下って力丸ダムかすめて宮若方面へ。

160604_094414
ちょっと天気も怪しくなってきました。

50㎞ほどでPC1。軽くおにぎりでも入れときましょう。あと飲むヨーグルト。お腹大事。

160604_100233
サッとカメラを構えるとサッと出てきたレザーマン。なんか壊したんですか?

そろそろ天気やばいしカッパ着ますかねえ、まだ要らんですかねえ?なんて話しつつ補給。今回は補給地点が多いから補給職携帯してないけど、一応月餅くらいは買っておきました。そしてまだいけると判断してカッパは着ないでリスタート。

160604_102107
宮若は猫キャラ推しなんだにゃー。

160604_110021
パラパラ降っててハーフウェットなのですでに自転車はこのありさま。洗うのめんどいなあ。

160604_110336
津屋崎を抜けて波津を目指そう。

160604_113545
さつき松原付近の路面はそろそろ怪しいレベル。靴が濡れてきたような~

一応シューズのなかにビニールを履いて対策をする予定でしたが、まだ早いかな?どうすっかな?と悩んでいるうちに結構しっとり状態に。靴下予備はまだ使わず、現状でビニール袋を靴下の上に装着しました。ちょっと安心かな?

その先で北九のカレーさんとメロン姐さんが応援してくれてました!びっくりw 思わず通過してしまいました(笑)

160604_114259
追いついてきたカレー&メロンチーム

先行されるとサポートと勘違いされちゃう可能性があるので、そこに気を付けつつ次のPCまで一緒にサイクリング。

20160604_insta9
応援あざました!

PC2はお昼時だったのもあり、大盛りパスタとおみやげのもなかを吸い込みつつおしゃべり。そろそろ雨が本気だしそうですなあ。しゃーない、カッパ着ますか。

リスタートするタイミングには雨はもう普通に降ってましてカッパなしでは厳しい感じ。私にカッパはコロンビアのオムニテックとやらの素材で透湿性があります。確かに生地越しにちょびっと風を感じるような、そうでもないような。とりあえず撥水しまくってますので安心感はありました。

雨の中、淡々と距離を稼ぎます。雨天走行の経験は少ないけれど、ブレーキが効きづらいので早めの減速を意識、あとは滑りやすいマンホールやグレーチング、路面のペイントなどに気を付けて走行。

そんなに寒くもないんでカッパの上だけ着てれば何の問題もない感じ。うむ。意外に雨天走行も楽しいかも(笑)

そしてPC2を出てほどなくしたところで知り合いのランドヌールの方がツルッと立ちゴケするのが見えました。あらら、やっぱり滑りやすいから気をつけないとねー、あれ?立ち上がれなさそうだぞ?大丈夫ですか~?

見た感じはただの立ちゴケだったけど、当たり所が悪かったようで立ち上がれない模様。もしかしたら骨いったかも?とのことだったので速攻で消防に連絡しました。3分くらいで救急車到着、搬送。日本の救急システムは大したもんだ。

20160604_insta2
お大事にです!

一日も早く治りますように。そしたらまたご一緒しましょう!

消防の後に警察がきたので状況を説明。なんだかんだで1時間くらい対応しておりました。一応、警察の方に対応していた時間を書いてもらったので走行時間的には問題ない。自転車の回収をスタッフされてるたいかんさんにお願いしてリスタート。(書きながらチェーンロックの回収忘れに気付きましたw

とりあえず次の山を目指します。ここからがちょっとしんどくて、合馬越え、鱒淵ダム、平尾台、の上り三連星が待ち構えております。猫+合馬+平尾台までしか経験がないのでちょっときつい予感。上るしかないのですが。

まずは合馬を上ります。

20160604_insta8
畑ダムのころはもう本降り。

雨宿りするところもなく、進むしかない。適当な俺ソングを口ずさみつつハァハァします。やっぱきついなここは!途中で足がつりかけたのでいつもの梅純を補給。塩分と水分とればだいたい収まるんですよね。今回もそうでした。梅純万歳!

160604_153437
やっと上ったぞこのやろう!ハァハァ

下りに備えてファスナーとベンチレーションをフルに閉じていざダウンヒル。うひょー!ブレーキの効き悪い!でも絶望的に効かないわけではないので、とにかく十分に減速しながらじわじわ下る。時間とかもうどうでもいいわw

緊張しながら下ってたからか、下りきったあたりでちょっと放心しちゃいました。一服したいところではありますが、雨宿りできそうなところも見当たらなかったので先を急ぎましょうかね。次は鱒淵ダムかー。

ちらっと聞いた話では、ちょっとえぐい坂があるらしい。なにそれやめて。初めて行くところなのでビビりつつ覚悟をきめます。

160604_160952
あの山を越える感じかな?

お初の登坂は終わりがわからないので精神的にキツイですね。まだかー、まだかー?終わったと思ったら坂まだあるんかー!みたいな。今回のコースは下る前に短いながらも激坂がありまして、とりあえず宇宙を呪っておきました(笑)

さて、下ってから次は平尾台よー。って確か下ったあとにPCがあったような?どこだっけ?

今回は雨なので紙のキューシートは持参せず、電子媒体だよりにしておりました。GPSのルートを見つつスマホに入れたので確認しながらいけばいいよねと。しかしあまり確認作業をしないままここまで来てみたらあなた。鱒淵前に一ヵ所PCあったやんかー!

さすがにまた山を越えて戻るのは不可能。ダメだこりゃ。いろいろぬかった自分が悪いわ~。DNF決定。お疲れ俺。

20160604_insta7
初DNF。準備不足が主な敗因でした。

代表にDNF連絡をして、今後の方針を考えます。とにかくスタート地点に戻らないかんのです。

一つの方法として、オンコースをたどる選択肢があります。とりあえず達成感もあるだろうし。よし、平尾台上ってみよう。数十メートル上ってみて、やめました。やっぱりもうしんどいです。なんか寒くなってきたし。カッパの中もびっしょり濡れてるし、だいぶカロリーを摂ってないのも影響してるかも。やっぱり平地メインで戻ろう~。

20160604_insta6
雨宿りできるところを発見し、撤退戦の用意をしましょうかね。

カッパのズボンやグローブの防水カバーを装備して最大限の防寒策を。乾いたやつはアンダーウェアしかないけどそれも装備じゃ。あとはナイトランになるからヘッドライトも点けて~、なんて用意してますと、ブルべつながりのバンバンさんがスタート地点まで用事もあるから車で送ってくれるそうな!ありがたい!

160604_184608
レスキュー隊到着。ありがとうございます!

いやホントたすかりました。正直ここからは車が多くて走りづらいルートしか思いつかなくて参っておったのであります。

車内では普通に自転車談義でもりあがり、あっという間にスタート地点到着。車ってすげえ!

みなさん集まってるジョイフルへいったん顔を出し代表にご挨拶。それから着替えてまたジョイフルへおもむき、晩ご飯をいただきながらあとは楽しい自転車談義タイム。こういう時間も楽しいんですよね~。お付き合いいただいたみなさん、ありがとうございました!またジョイフルでw

レスキューしていただいたバンバン先生、本当にありがとうございました!次は私がヘルプします!(`・ω・´)ゞ

そうそう、実はスルーしていたPCは、DNFを決めた地点からそう遠くない場所にあったのを後で知りました。というかもう心が折れてたの分かっててもDNFしていた気がしますけども。今回の教訓は、準備はちゃんとしよう、なめたらイカン。ということであります。次はしっかり用意して完走目指します!

posted by イワナミ at 20:16| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

BRIDGESTONE TRANSIT CARGO

前からトランジットにカゴを付けたかったんですよ!ようやく実現しました!

2016_transit_cargo
カゴ付きトランジット。もはやただの小径ママチャリw

カゴ装着の方法は色々考えていました。ハンドルに引っかけるカゴと流用するとか、リクセンカウルのシートポストアダプターを前に装着するとか。しかしいずれも決定打ではありませんでした。

あるとき、そろそろ捨てようかと思ってるママチャリと並べてじっと眺めてると、カゴの取り付け部から前輪のハブまでの距離が似たようなもんに思えまして実際に図ってみると、ママチャリが54cm、トランジットが52cmと差はちょびっと。これくらいの差ならママチャリからカゴの部材まるごと移植できるんじゃないかい?

しかし、前カゴとヘッドパーツをつなぐブラケットがそのままだと短すぎてハンドルやワイヤーのジャマになりそう。でもそこさえ伸ばせば大丈夫っぽいぞ!調べてみると、伸ばすべきは前カゴブラケットという部品らしい。そして可変長の前カゴブラケットも存在するじゃないですか!しかも600円くらい(笑)

2016_cargo_braket
AKI WORLD(アキワールド) ロング金具アジャスター付 1INCH BK-YI-004

結構ずっしりした厚みのある頑丈なパーツでした。1インチのヘッドパーツを分解したことはないけど、まぁなんとかなるでしょう。

作業自体は大して難しくなく、ステム一体になってるハンドルを外して、ヘッドパーツを外して、ガイドのついてるワッシャーと可変長前カゴブラケットを入れ替えて組み直す。ついでにヘッド周りのグリスアップ。前カゴとカゴの支柱は一応洗って錆止め塗って組み付け。以上、終了。

安物ママチャリのプラスチッキーなカゴなのでとりあえず装着してみた感じでしたが、まぁそれなりに似合ってるしもはや実用車なのでこれはこれで良いようなw

抱えて運ぶときにちょっと重くなりましたが、やはりカゴがあると超絶に便利ですわー。これで鳥肉の買い出しが捗ります(笑)

posted by イワナミ at 22:06| 福岡 | Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

あの山を越えてカレーを食べよう

秋月にある筑前インド 月と亀というカレー屋さんに自転車で行く場合、太宰府方面へ行ってから386号線か通称ドラゴンロードを抜けて行くのが通例でした。しかし私の家からだと、太宰府エリアまでが市街地エリアなのでぶっちゃけ苦行。面白くないのであります。

そこで飯塚方面へ1度山越えしてから再度白坂越えして秋月入り、というルートが浮かびますが、峠を二つも越える!そして帰りも通ったら四峠!アホか!坂バカか!という個人的非常識ルートであり、常々却下しておりました。

ですが、ものは試しと行ってみました(笑)

距離にして40kmちょっとだけど坂ばっかりなので、3時間じゃ着かないよね~。帰りヘロヘロで遠回りするかもだし、ライトはそこそこ充実させたいけど軽い方がいいよなー、などとなんとなく出そびれているとイイ時間になってました。レッツライド。

160515_115546
今日は猫ではない方へ向かいます。狙うはやや右方向の山越えです。

八木山峠から大野峠へ。勾配11%の看板に心を砕かれつつもなんとか登坂。一時期坂道が得意になったかも、なんて思ってましたがあれはもう過去の話です。連休で太ったのもあり、坂道普通にしんどいw

160515_125822
大野から下って桂川方面へ。

途中のコンビニで水分補給。あと20kmくらいならカロリー補給はよかろう、と思ったのは大失敗でした。

160515_140136
その後の白坂峠でへばりました。ぜんぜんすすまない(;_;)

暑かったから熱ダレかと思ったけれど、単純にカロリー足りなくなってた気がします。朝ご飯から結構時間は経ってましたし。コンビニでおにぎりとかコーラを入れてたらだいぶ違ったのではなかろうか。補給は大事だYO~。

なんとかかんとか白坂峠を越えまして、あとは下って月と亀へ。自転車は裏の駐車場のあたりに駐めましょう~。

15時くらいでしたかね、お店に入ると一人先客が。ってツイッターで絡んでいただいている人呼んでカレーの妖精さんじゃないですか!(呼称には個人差があります) お目にかかるのはお初です!「もしかして!?」「違います!」の定型文であいさつを交わし、ちょっとだけお話。そのタイミングでまた他のお客さんが来店。変な時間でもお客が来るのは人気の証拠やね、なんて思ってたらおや、自転車乗りの人ですね。「あれ?イワナミさん?」と言われてフォロワーさんだと気付くw

20160515_curry
本日もあさりカレーをチョイス。これがまたうまいのだ!

カレーを食べて食後のチャイなどいただきながら、帰り道を思案します。同席したI氏は結構走ってきてるので平地をタラタラ帰ろうかな、とのこと。私もヘロヘロだったけど、出発が遅かったのでまだちょっと元気かも?ということで私は白坂をまた上ってみますわ。と少しかっこつけてみました。

内心無理かもね、ダメなら引き返して平地ポタればいいや、くらいの気持ちでしたが、それならばとI氏も白坂を夜須高原の分岐まで上ろうとおっしゃる。おっと人目があると逃げられないぞ俺w まぁなんとかなるかと登坂開始。がんばりましょう!

160515_154852
自撮り棒になんとか二人収まるの図

二人でおしゃべりなんかしながら上ると楽に上れますね。なぜだろう? あと、ご飯食べたからだと思うんですけど、登坂でへばらずいけましたわ。やっぱり補給はキモだと思われます。

160515_160237
ラストの踏ん張りどころ!超しんどい!

I氏とはここでお別れ。お疲れっした!道中気をつけて帰りましょう!

さて、私はあとちょっと上ったら桂川までダーッと下り。そのあと平地で残るは大野峠だけ。麓まできたけどだいぶ足に来てる感あり。ここは無理せず一休み。紅いコーラを飲みながら長めに休みました。さて、いざ行かん!

もうね、死ぬかと思ったね!

そこまで急勾配じゃないけど緩くもない傾斜です。キツイっす。でも今まで使えてなかった左足を回せるようになってきたから今までより戦力アップしてんじゃね?なんて淡い期待にすがりつつ登坂完了。ちょっと放心しました(笑)

これで今日の登坂は終了。ごちそうさまでした!

160515_180151
帰るぜ!

調子に乗っていたんでしょうね、家の近くのStravaのセグメントを攻略にいって今日の足の終わりっぷりを再確認しました。回らないにもほどがある!でもここ最近でベストタイムだったというね。坂は走れば強くなるようですハイ。

posted by イワナミ at 00:27| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

2016ホルモンライド 英彦山は遥かなり

前日によっしーさんお迎えライドで足を使いすぎた感があるけれど、まぁ最近登坂力ついたし大丈夫でしょ、なんて軽い気持ちで乗り込んだ2016ホルモンライド、結果から言うとコテンパンにやられました。わしにひこさんはまだむりだったんじゃー(;_;)

ホルモンライトというのは、最寄りのガンダム型思想主義者あつなおさんが企画してくれる、昼にワイワイみんなで走って夜はワイワイみんなでホルモン焼いて食べようぜ!というイベントです。バンガローを借りて泊まるからお酒も飲めるんだぜ!ライドはついでだ酒もってこい!な感じです。だいたい次の日死んでます(当社比)

今回のライドは英彦山ヒルクライムコースです。前回は途中で軽トラックと接触してみたりしたのを除いても90分くらいかかったんすよね。最近は前に比べたら少しは登坂力が付いてるのは確実ですからベストタイムが出るのは間違いない。ちょっと記録次第じゃ次回の英彦山ヒルクライム出たりできそうなんじゃない?なんて思ったりしておりました。

集合場所に着くとすでにみなさん準備完了っぽい。サクッと装備を調えていざ英彦山へ!

160501_084046
ホルモンライドということでベコ率高しw

160501_091311
登坂開始後、よっしーさんが遅れはじめました。

おとといにしまなみ海道、昨日は向かい風来福ライドだったので足に疲れが溜まってるのでしょう。誰だよ昨日引き回したのは!>僕です(^_-)☆

今回は自分のタイムを知りたかったのもあり、先行するベコーズを追いました。今思えばこの判断が失敗じゃったなー。

160501_093257
新緑がきれい!

160501_093856
この辺までは順調でした。

なんというか、我ながら結構いいペースで上って来れまして、これからの上りも大丈夫な気がしていたんです。そして分岐の看板の「英彦山→」に従って進みました。少し気になってちょっと考えたんですが、前回ここはあまり意識しないで上っていった気がしてそっちに進みました。しかしこれがミスコースでしてルートを外れた次第。前回はおそらく案内してもらってたんだと思います。

etrexにルートを入れておかなかった俺はアホかと。というか、スマホで確認すればいいだけの話しなのに、その数秒を惜しんだがためのミスコースでした。あせったり急いだりするとロクなことがないっすね。肝に銘じます。

私のミスコースを知ったカレーさんがありがたいことに呼びに来てくれたので迷子になることは避けられましたけど、50mくらい無駄登坂しちゃいまして。当然登坂時間も分からなくなりましてな。やる気がなくなりました。そしてここからが登坂の本番だったという罠(*_*)

160501_101037
新緑がきれいだとかあまり考えられなくなってくる連続登坂。かなりしんどい。

じわじわと昨日の疲れが出てきて、本当に足が回らなくなってきました。休むダンシングも出来なくなってきましてねー。一息入れたら復活しそうでしたけど、せめて足はつくまいとがんばりました。

160501_101810
たしか、こんな風景の後にゴールした気がする!

しかし、ゴール直前に似たカーブが5箇所くらいありましてね。そのたびにテンション下がりまくり。色々な呪詛を吐いていたと思います(笑)

160501_104638
そして来たぜゴール地点!時間はよく分かりませんが遅いのは間違いないw

英彦山はもう一度走りに来ようと思いマス。

登坂はほぼ完了したのでお昼に向けてダウンヒル。そこでの景色が最高に綺麗でした。新緑が目に蒼し!

160501_105841
気候も天気も気持ちヨカ。

160501_112233
せっかくの景色がもったいないのでゆっくり目に下りました。休憩時間を延ばしたともいう。

お昼に「長谷の里」で地鶏棒と味ご飯をいただき、さらに下って豆料理のお店「豆庵」へ。タンパク補給です。

160501_125259
休憩がてら、鉄る人々(笑)

んで途中でお風呂に入って現地に着いて準備して肉焼いてビール飲んでホルモン焼いてビール飲んで部屋に入ってハイボール飲んでホンコンやきそば食べてハイボール飲んで終了。楽しすぎて写真が一枚もないッス(*^-^*)

そして次の日解散して帰宅し、夜には焼き鳥屋で再集結しました。今年のGWはよう飲んだw

ともあれ、よっしーさん含め、参加のみなさんお疲れさまでした!企画して諸々用意してくれたあつなおさん、ありがとうございましたー!次回も楽しみデス!

posted by イワナミ at 00:54| 福岡 | Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

よっしーさん来福お迎えライド

はるばる東京からよっしーさんが福岡へやって来るシーズンがやってまいりました。いつも来てるような気もしますがたぶん気のせい(笑)

今年のGWは軒並みイベントがキャンセルになり、急遽予定を変更してしまなみ海道をサイクリングされてからの来福でした。しまなみ後ということで松山ー小倉フェリーでの九州入りです。ふーん、そういう手もあるのか。

ともあれ、よっしーさんは早朝5時に小倉港着。小倉から戸畑へ出て、そこから海沿いを福岡に向かうルートを走られるみたいだったので、道案内も含めて迎撃に向かうことにしました。さすがに5時に小倉港へは無理なので途中合流ということで。

160430_045206
始発で小倉方面へ向かいます。ホームがガラガラすぎる(笑)

160430_055515
芦屋海浜公園あたりで落ち合う予定だったので、遠賀川駅で輪行解除。

ひとまず芦屋の浜を目指します。しかし計算違いでこちらがだいぶ早い到着になった模様。ボケッと待っててもあれだし、とりあえず一本道だから迎えにいくぜベイベー!

160430_070428
ちょっとルートがずれる可能性もありましたが、無事合流。レッツサイクリング!

芦屋に入る前に魚見公園で朝食をとり、海っぺりのサイクリングロードへ。ここを一緒に走るのが今日の目的だったりしました。

160430_083219
天気よし、風なし、空気よしで最高でした!

160430_085539
波津でカレーの人が顔をだしてくれました。おはようございます(背中の本体に向かって

用事で比較的近くにいらしたのを抜けて来られたようでした。あざっす!ちょっとでもご一緒できてようございました~。

160430_091438
さつき松原で写真休憩w

160430_093306
せっかくなので宗像大社に寄ってみようの巻

160430_094341
レッツ参拝!

なんか気合いの入った写真屋さんがいっぱいいるぞと思ったら結婚式やってました。いい天気でよかったっすねー。お幸せに!我々は参拝すませて先へ~。

160430_103830
津屋崎で海の綺麗さをアピール。波打ち際でキャッキャウフフすればよかったかも(ない

お昼は福岡でひらおの天ぷらと決めていたけれど、なんとなくお腹が空いてきました。かりんとう万十に寄っていきましょう~。お店によって買い食い。イカめし万十というものが開発されていて、試食したらウマイ!キャベツと肉のやつも美味しい!てかこれお菓子じゃなくてご飯ですよねw 両方とかりんとう万十ください~。

160430_105351
で、食べてましたら見たことある車が来ました。綾祢参上(笑)

似たような車が入ってきたネー、ってあれ!?このナンバーしってるYO!みたいな。迎撃乙です(ロ_ロ)ゞ

一人一台なら回収できた気もしますが、まぁせっかく天気だし引き続きサイクリングです。綾祢さんはまたひらおで会うことにして一旦離脱。

495ばかりはつまらないので三苫方面へ抜けて百年公園で休憩の後、貝塚のひらおへ。ここで綾祢さん合流し天ぷら補給、そしてよっしーさんの用事があるマックサイクルさんに向かいました。この辺は実際道案内できてよかったかも。

マックさんでビーンズ家と合流し、まったり買い物しつつ楽しい時間を過ごさせていただきました。このとき買ったサイクルキャップは超気に入りました!矢野さんあざました!

とりあえず自分はここでおいとま。よっしーさん、お疲れさまでした!また明日!(笑)

次の日はホルモンライドで英彦山に上るというのに向かい風で二人とも消耗してしまったというね。なんというか、どんまい☆

いつも50kmくらいで済むコースのつもりが、113km走ってましたわ。そりゃ疲れが残るはずやー。ということでホルモンライドに続きます。続きはウェブで(笑)

posted by イワナミ at 23:19| 福岡 | Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

X-King 2.4をリアに履いた感じは

せっかくタイヤを交換したのでテストライドしないとね、ということでコスモタイガーIIことGIANT XTC 29er2でまた若杉山へ上ってみました。

160429_154955
目指すは左の米の山

160429_155347
リアタイヤにX-King 2.4

ここまででの印象は、空気圧2.0barくらいでポヨポヨ感が感じられますね。転がり感はレーシングラルフより無いかな?でもまぁMTBならこんなもんかねーと思えるレベル。

ここからの登坂での印象は、踏んだときのボリボリ感がすごい、転がり感はまぁまぁ。ショック吸収性はやや上がった、くらいですかね。乗った感触は十分かと。でもボリボリいうってことはめっちゃ減ってると思うので、寿命は短いかも。比較的安いのを普段用に買っとこうか、なんて思ってしまう。

えっちらおっちら上るけど、前回よりも身体が重いような?なまったかな?

160429_164503
米の山展望台に到達。タイヤを換える前よりちょこっと遅くなってました。

キャンプ場まではちょい早いくらいだったので、スタミナ切れか運動不足による劣化か。両方かな(笑)
展望台はそこそこ混んでたので早々に撤収。

160429_165656
下りで違うルートをチョイス。ダートではないけど、車が来なさそうな道。

160429_165822
なかなかイイ感じでございました。

途中、結構勾配のきついゾーンがあったので、こちらから登坂してくと力が付くかも知れません。ただ自分のレベルだと通常ルートでも十分な練習になるんで、こっちはしばらくは登坂しないと思います。

160429_171654
帰る途中にあまり使われてない公園に寄り道。釣り人がちょっといるくらいでガラガラでした。ちょっとした練習にいいかも。

160429_172441
れんげもよう咲いております。

2時間半で40kmのライドでございました。

車が多いからあまり上りたくないけど、頂上からの景色は抜群なんですよね。てことでまた行こう。

posted by イワナミ at 22:24| 福岡 | Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

MTBのタイヤは悩ましい

コスモタイガーIIことGIANTG XTC 29ER 2は納車されてから三年くらい経ちます。さすがにタイヤが減って山がチビてきました。チビ山さんお久しぶりですw

納車時にはシュワルベのレーシングラルフが着いてきてました。グリップも気になったことはないし転がりも悪くないので気に入って使っておりました。そのレーシングラルフがダートで心許ないくらいの山になったあたりでGeaXのスグアーロとやらを買ってしばらく履いていました。しかし、あるとき山で枝を踏み抜き一本お亡くなり。とりあえず減りつつあるレーシングラルフに戻して次のタイヤを考えてました。

一本あるスグアーロ(2.0)をそろえるのが早いですが、「MTBは太いタイヤが似合う」という男のロマン的なところも気になりましてですね-。コンチネンタルのX-Kingの2.4とか転がりも良いらしいなんて聞くとねー。

とりあえずポイントがちょっとたまってる某店に行ってみる。スグアーロの2.0とX-Kingの2.4が両方在庫してました。少し悩んで太い方がかっこええやん!と思ってX-Kingの2.4をチョイス。結構太くなるらしいから、もしフレームに入らなかったら…誰かに譲ればいいや(^_-)☆

160428_205846
コンチネンタル X-King 2.4

まずリアに入るかどうかが気になります。フロントは構造的に楽勝で入りそうだったので、とにかくリアにはめてみる。その前に汚れまくりの駆動系を洗浄しましょう。やっぱりMTBは砂とかホコリが油に混じって汚れがひどくなりますわ。大変っす。マメにやれと言う話しですがねアハハー。

160428_205304
レーシングラルフ 2.25

160428_214308
X-King 2.4

ちょっと太くなったくらいであんまり変わらんかな?

160428_205435
レーシングラルフ 2.25

160428_214252
X-King 2.4

フレームとのクリアランスは若干減少したけど、超マッド環境を走らなければ大丈夫そう。というかそういう環境だとどんなんでも詰まるっしょ(笑)

ぱっと見もそんなに変化なし。もっとズーンと迫力が増すと思ったんですけどね-。とりあえずもう一本X-Kingの2.4を買わないと。でも押し入れのスグアーロ2.0ももったいないからフロントに付けるのも手か。オフロードバイクはフロント細くてリア太めだったりするし。

そうそう、この間takebowtuneで聞いたんですが、29erのフレームには27.5のホイールが入るので、27.5ホイールに2.8くらいの太いタイヤを履かせてセミファットとしてフワフワ乗る、という楽しそうな技があるようです。なんかめっちゃ乗ってみたい!しかし置き場所的にホイールが増えるのはちょっと考えものなので落ち着け俺(^_^;)

posted by イワナミ at 00:58| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

TOMOKABANをお助けしたい

savetomokaban2

自転車用のサコッシュやジャージを作られている熊本のTOMOKABANさんが今、大変らしいです。

3月にサコッシュなどを製作していたアトリエが火災に巻き込まれて全焼してしまうも、なんとか4月アタマから新しいアトリエを立ち上げていた矢先、熊本の大地震で再度被害を受けてしまわれました。
アトリエの建物は大丈夫らしいですが、生活環境そのものが製作再開にはほど遠い模様です。

火災ですべて失われてしまった時、僭越ながらカンパを申し出ましたが、その時は「まだなんとかしてみます」と遠慮されました。
しかし今回の震災による被害は相当ひどく、お仕事再開の目処もたてられないため経済的にも危機的状況だと伺いました。今回はカンパを受け付けてくれるとのことで、少ない額ですがカンパさせてもらおうと思います。

私ひとり程度のカンパでは豆鉄砲にすらなりませんので、TOMOKABANのファンで援助してもいいという方がいらしゃれば、下記の口座(ヒロエさんに教えてもらいました)経由でTOMOKABAN再建の手伝いをしていただけるうれしいです。TOMOKABANさんがなくなると新しいサコッシュを作ってもらえなくなってしまいますから。

肥後銀行 新町支店 普通1475710 株式会社シクロス 代表取締役 藤原 洋英

ということで、SAVE THE TOMOKABAN。再建の手助けになれば。

TOMOKABAN本家サイトに口座情報を掲載してもらいますので、そちらを確認されてから振り込みされると安全です。ダブルチェックよろしくお願いしますね。

TOMOKABAN本家サイト

サコッシュをつくっているTOMOKABANのブログ: TOMOKABANへの援助のお願い

tomoko
トモコジャージ(仮称)をまた作ってもらいたいッスなー

ちなみにTOMOKABANのシャイなあんちくしょうヒロエさん、バミーことヒラカワさんとは自転車仲間です。さすがに今回の地震による製作環境への影響が本気でやばそうなので支援のお手伝いをさせてもらおうかなと思った次第。

TOMOKABANが製作再開するその日を待ってます!順調になったらまた飲みましょう!>ヒロエさん、ヒラカワさん

posted by イワナミ at 01:04| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする