2017年05月16日

ビアンキのペダルをSPD-SLからSPDへ換装

ビアンキ様はSPD-SLのペダルが着いた状態で譲り受けました。SPD-SLのシューズもまだ手元にあったのでそのまま乗っていました。しかし、SPD-SLはスタート時になぜかペダルの裏を踏んじゃうし、そこまでグイグイ踏まないからSPDでいいような気がする。そしてSLのクリートは外すときにやや力が要るので左足首に負担を感じる。ということで以前SPD-SLからSPDに移行したように、ビアンキ様もSPDペダルにすることに。

TERKのロードには最廉価のPD-M520をずーっと使ってそこまで不満もありませんでしたけど、XTグレードのPD-M8000だとちょっと軽い上に左右に踏み面が広くなってて具合がよさそうです。一度買ったら何年も使うし、今回はXTのペダルにしてみました。

170516_212423
新規導入のXTペダル。早速使って汚れてます(笑)

170516_212507
PD-M8000は、ペダルの左右に踏み面がちょっとあるのです。

170516_212459
古いタイプのPD-M520だと左右の踏み面がほとんどない。

レビューによってはかなり差を感じるとのことでしたが、自分の乗った感じでは踏み面の差はあまり感じませんでした。新しいからカリッとクリートがはまるね、くらい。踏み面の差はシューズにもよると思うので一概には言えませんけど、特に悪い印象はないし、とりあえず上から二番目のグレードで所有欲もそれなりにあるんで良い買い物だったと思います-。

posted by イワナミ at 21:51| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください