2017年04月27日

廉価なタイヤを試すテスト

私が初めて購入したTREK 2.1というロードバイクは、アルミフレームでグレードは上の下というところ。フレームは上位のものだけどホイールとタイヤはお安いのが付いてました。特にタイヤは致命的でスリックタイヤのMTBと走行感は変わらず、すぐに評判の良いGP4000sに換えました。それだけでシューッと走るようになり、タイヤの性能は大事なんだと痛感。以降、ロードのタイヤはGP4000s一択でした。一本4000円くらいしますが、性能が良い割りに長持ちするからまぁいいかなと。

しかし最近ビアンキのニローネ号が我が家の一員に加わってロードバイクが2台になり、タイヤコストがちょっと気になりだしました。体重あるから特にリアがメリメリ減るんすよ(涙

そんな折り、対馬でお会いしたイワオさんから「コンチネンタルのウルトラスポーツ2は値段の割りに良いですよ」なんて話しをうかがいました。練習では前をGP4000s、減りやすい後ろにウルトラスポーツ2という組み合わせだそうです。実力者が使ってるなら間違いなかろうと思い、試しに2本買ってみました。ケブラービードの方で一本1700円くらいでしたかな。GP4Kの半額ですわよ奥さま。

到着して見てみたら、ビード周りが太ましかったり段があったりして値段なりっぽさはありました。とりあえずメンテ上がりのWH-6700に填めようとしたけれど、ぜんぜん填まりません!明らかに直径が足りない。なんとか押し込むと、チューブを噛んでパンクさせてしまってました。二回目のトライで上手くいき、後ろに取りかかるとまたパンク。丁寧にやったんですがねえ。いずれのびるんでしょうが、出先でのパンク修理に不安要素があるのはよろしくないので、WH-6700には今まで使っていたGP4000sを、ボントレガーのRaceにウルトラスポーツ2を使うことにしました。

WH-6700は今まで通りすんなり。Raceの方も、さっきの苦労はなんだったのかと思うくらい楽勝で填まりました。新品でこのくらいなら今後のパンク修理も楽勝でしょう。クリンチャーとチューブレス対応リムの差を如実に感じる作業工程でございました。もうチューブレス対応リムは買わんぞ。

さて、ウルトラスポーツ2を填めたRaceホイールは、先日の志賀島ライドで使ってみました。走り始めから軽快で、体感的にまったく気にならないレベルで良かったです。GP4000sとの差は正直分かりませんでしたねえ。普通にシューッと走りますね。上等上等。

170423_095217
ホイールが違うとまた印象が変わるんでしょうが、RaceくらいのグレードならUltra Sports2で十分かと。

Raceホイール用のタイヤはウルトラスポーツを使っていこうかしら。雨天のグリップとかはまだ分かりませんけど、通常使用においては全く不都合を感じませんでした。とてもコスパが良いタイヤだと思います。

しばらく使ってみてまたなにか気がついたらレポートしましょうかね。便りがないのは元気な証拠、になればいいなあ~。

posted by イワナミ at 22:54| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください