2017年04月27日

ゴリゴリするアルテホイールをヘビーメンテナンス

シマノのWH-6700というホイールを愛用しています。アルテグラグレードですね。自分にはまぁ十分かと。

先日の対馬から帰ってきたら前輪のハブがゴリゴリする感じになってましたので、開けてグリスアップ。慎重に玉アタリを調整しますが前輪のゴリゴリ感は残ったまま。ベアリングとかカップが痛んでる模様。まずはベアリングだけ交換してみるかとも思いましたが、MR4をメンテした時に使ったバルブコンパウンドがまだ残ってるので、そいつを使ってカップと玉押しを研磨してみることにしました。

170418_164313
まずは前輪から。

古い球とコンパウンドを入れて電動ドライバーでウィンウィン回して研磨します。ある程度でキッチリ洗浄。研磨材が残ってたら洒落になりませんw

170418_170848
研磨後の玉押しはこんなん。やりすぎたかも(^^;)

170418_171606
あとは通常の手順で組み直すだけ。

ガタが出ないけど締めすぎないように、慎重に組み上げます。だいだい上手くいかないんで3回は玉アタリやり直しますがドンマイw 組み上げた感じ、ゴリ感はなくなったのでヨシとしましょう。

次にリアをやりますが、こっちはとくにゴリゴリ感はそんなになかったんですよね。

170418_173300
玉押しの削れ具合はこんなの

これくらいなら自分で研磨したのと変わらないかまだマシな方かも。ベアリングだけ交換することにしました。

170418_173940
新旧のベアリング比較、右が古い方です。

古い方、ちょっとつや消しになってるの分かります?これくらいの摩滅でも回転抵抗が増すんですねー。グリスアップしながらでも1万キロくらい使えばそうなるか(笑)

ハブのメンテついでに汚れたロゴ部分だけでも磨いてやるか~、と愛用のブリジストンのサビ取りクリームRC-2でホイールを磨き始めたらあなた!めちゃくちゃ汚いやん俺のホイールってばよ!ちなみにサビ取り用のRC-2ですが、なんでも磨き剤としてめちゃ優秀です。良い塩梅の研磨具合で鏡面仕上げいがいの部分ならどこでも使えて便利です。一家に一本RC-2

白い部分がくすんでるってことは、同じだけの汚れが黒い部分にも付着してるわけです。見て分からないだけで。ウエスが一気に真っ黒になるので何枚も替えながらゴシゴシ。

170418_183827
超キレイになりました!

しかしスポークの塗装がはげたのは計算違いじゃ。まぁ古いモンだししゃーない。気が向いたら塗ります(^_-)☆

とりあえず復活したWH-6700。よく回るようになったかどうかはまだ実走してないから分かりません!続きはWebで(・∀・)

posted by イワナミ at 21:39| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください