2016年06月05日

2016 BRM604 猫-平尾200㎞ 雨、そしてDNF

こんにちブルべ!(挨拶

対馬の200㎞ブルべは坂道が相当苦しかったけれども、思い起こせばなんかやたら楽しかった。やっぱりブルべってなんか楽しいよね、ということで近所を巡るBRM604 猫平尾200kにエントリーしてみました。なじみの方には懐かしいコース取りらしいです。確かにメジャーどころを巡る感じのコースですし、当時のスタート地点も経由するそうな。ほうほう。

しかし、天気予報は雨です。終日ではありませんが、100%雨が降るのは間違いない。今まで雨だとDNSしていたんですが、ブルべって雨とか関係なく、自分で走れる自信があるならどうぞ、ってイベントです。そこは自己判断。実際、走る人もいれば走らない人もいる。私は走らない人だったんですが、今回は走ってみようかなと。

というのも最近、アウトレットで登山にも使えるらしいカッパを普段着用に購入しましてね。腋にベンチレーションがあったりして自転車でも使えそうなんですよ。試してみる意味も込めて行ってみることにした次第。

7時のスタートだから5時に家を出れば現地で余裕があります。4時過ぎに目覚ましをかけ、4時過ぎに目が覚め、5時半に目が覚めました。うおおお!寝坊した!

パパッとサイクルウェアに着替え、顏だけ洗ってダッシュで出発。途中のコンビニで朝食と水を買って食べながら現地へ。到着は6時40分。まだ準備中のランドヌールもしらして一安心ですが、とにかく急いで自転車を仕立てました。

160604_065718
ブリーフィングなう。途中からだけど。

受け付け、車検をしてもらい速攻スタートであります。

160604_073809
いくぜ200㎞!

160604_073911
パラパラ降ってるのでのっけからカッパ装備。

あとで着るのはめんどうだろうとカッパを着たものの、まだそんなに降ってないしいきなりの登坂で暑い!

160604_075905
暑いっすね、脱ぎましょうかね、なんて話をしながらハァハァする。

160604_083133
一山超えて通過チェックのコンビニ。

30㎞程度なので飲むヨーグルト飲んでカッパ脱いでリスタート。お次は猫峠越えよ!

160604_084227
よく来るところだけどブルべでは初。

他のランドヌールと越える猫峠は一味違う。しゃべりながら上ったりするといつもより楽に感じます。でもやっぱり登坂開始んとこの急こう配は勘弁(*_*)

160604_090150
ほとんど降ってない。もしかしてカッパ初投入のおかげで降らないのかも!?なんて思ってみたり。

160604_091945
上り切ったらリカンベントのゲンさんんが写真とってくれてました。リカンベントで普通に上るなんてすげえ。

160604_093634
下って力丸ダムかすめて宮若方面へ。

160604_094414
ちょっと天気も怪しくなってきました。

50㎞ほどでPC1。軽くおにぎりでも入れときましょう。あと飲むヨーグルト。お腹大事。

160604_100233
サッとカメラを構えるとサッと出てきたレザーマン。なんか壊したんですか?

そろそろ天気やばいしカッパ着ますかねえ、まだ要らんですかねえ?なんて話しつつ補給。今回は補給地点が多いから補給職携帯してないけど、一応月餅くらいは買っておきました。そしてまだいけると判断してカッパは着ないでリスタート。

160604_102107
宮若は猫キャラ推しなんだにゃー。

160604_110021
パラパラ降っててハーフウェットなのですでに自転車はこのありさま。洗うのめんどいなあ。

160604_110336
津屋崎を抜けて波津を目指そう。

160604_113545
さつき松原付近の路面はそろそろ怪しいレベル。靴が濡れてきたような~

一応シューズのなかにビニールを履いて対策をする予定でしたが、まだ早いかな?どうすっかな?と悩んでいるうちに結構しっとり状態に。靴下予備はまだ使わず、現状でビニール袋を靴下の上に装着しました。ちょっと安心かな?

その先で北九のカレーさんとメロン姐さんが応援してくれてました!びっくりw 思わず通過してしまいました(笑)

160604_114259
追いついてきたカレー&メロンチーム

先行されるとサポートと勘違いされちゃう可能性があるので、そこに気を付けつつ次のPCまで一緒にサイクリング。

20160604_insta9
応援あざました!

PC2はお昼時だったのもあり、大盛りパスタとおみやげのもなかを吸い込みつつおしゃべり。そろそろ雨が本気だしそうですなあ。しゃーない、カッパ着ますか。

リスタートするタイミングには雨はもう普通に降ってましてカッパなしでは厳しい感じ。私にカッパはコロンビアのオムニテックとやらの素材で透湿性があります。確かに生地越しにちょびっと風を感じるような、そうでもないような。とりあえず撥水しまくってますので安心感はありました。

雨の中、淡々と距離を稼ぎます。雨天走行の経験は少ないけれど、ブレーキが効きづらいので早めの減速を意識、あとは滑りやすいマンホールやグレーチング、路面のペイントなどに気を付けて走行。

そんなに寒くもないんでカッパの上だけ着てれば何の問題もない感じ。うむ。意外に雨天走行も楽しいかも(笑)

そしてPC2を出てほどなくしたところで知り合いのランドヌールの方がツルッと立ちゴケするのが見えました。あらら、やっぱり滑りやすいから気をつけないとねー、あれ?立ち上がれなさそうだぞ?大丈夫ですか~?

見た感じはただの立ちゴケだったけど、当たり所が悪かったようで立ち上がれない模様。もしかしたら骨いったかも?とのことだったので速攻で消防に連絡しました。3分くらいで救急車到着、搬送。日本の救急システムは大したもんだ。

20160604_insta2
お大事にです!

一日も早く治りますように。そしたらまたご一緒しましょう!

消防の後に警察がきたので状況を説明。なんだかんだで1時間くらい対応しておりました。一応、警察の方に対応していた時間を書いてもらったので走行時間的には問題ない。自転車の回収をスタッフされてるたいかんさんにお願いしてリスタート。(書きながらチェーンロックの回収忘れに気付きましたw

とりあえず次の山を目指します。ここからがちょっとしんどくて、合馬越え、鱒淵ダム、平尾台、の上り三連星が待ち構えております。猫+合馬+平尾台までしか経験がないのでちょっときつい予感。上るしかないのですが。

まずは合馬を上ります。

20160604_insta8
畑ダムのころはもう本降り。

雨宿りするところもなく、進むしかない。適当な俺ソングを口ずさみつつハァハァします。やっぱきついなここは!途中で足がつりかけたのでいつもの梅純を補給。塩分と水分とればだいたい収まるんですよね。今回もそうでした。梅純万歳!

160604_153437
やっと上ったぞこのやろう!ハァハァ

下りに備えてファスナーとベンチレーションをフルに閉じていざダウンヒル。うひょー!ブレーキの効き悪い!でも絶望的に効かないわけではないので、とにかく十分に減速しながらじわじわ下る。時間とかもうどうでもいいわw

緊張しながら下ってたからか、下りきったあたりでちょっと放心しちゃいました。一服したいところではありますが、雨宿りできそうなところも見当たらなかったので先を急ぎましょうかね。次は鱒淵ダムかー。

ちらっと聞いた話では、ちょっとえぐい坂があるらしい。なにそれやめて。初めて行くところなのでビビりつつ覚悟をきめます。

160604_160952
あの山を越える感じかな?

お初の登坂は終わりがわからないので精神的にキツイですね。まだかー、まだかー?終わったと思ったら坂まだあるんかー!みたいな。今回のコースは下る前に短いながらも激坂がありまして、とりあえず宇宙を呪っておきました(笑)

さて、下ってから次は平尾台よー。って確か下ったあとにPCがあったような?どこだっけ?

今回は雨なので紙のキューシートは持参せず、電子媒体だよりにしておりました。GPSのルートを見つつスマホに入れたので確認しながらいけばいいよねと。しかしあまり確認作業をしないままここまで来てみたらあなた。鱒淵前に一ヵ所PCあったやんかー!

さすがにまた山を越えて戻るのは不可能。ダメだこりゃ。いろいろぬかった自分が悪いわ~。DNF決定。お疲れ俺。

20160604_insta7
初DNF。準備不足が主な敗因でした。

代表にDNF連絡をして、今後の方針を考えます。とにかくスタート地点に戻らないかんのです。

一つの方法として、オンコースをたどる選択肢があります。とりあえず達成感もあるだろうし。よし、平尾台上ってみよう。数十メートル上ってみて、やめました。やっぱりもうしんどいです。なんか寒くなってきたし。カッパの中もびっしょり濡れてるし、だいぶカロリーを摂ってないのも影響してるかも。やっぱり平地メインで戻ろう~。

20160604_insta6
雨宿りできるところを発見し、撤退戦の用意をしましょうかね。

カッパのズボンやグローブの防水カバーを装備して最大限の防寒策を。乾いたやつはアンダーウェアしかないけどそれも装備じゃ。あとはナイトランになるからヘッドライトも点けて~、なんて用意してますと、ブルべつながりのバンバンさんがスタート地点まで用事もあるから車で送ってくれるそうな!ありがたい!

160604_184608
レスキュー隊到着。ありがとうございます!

いやホントたすかりました。正直ここからは車が多くて走りづらいルートしか思いつかなくて参っておったのであります。

車内では普通に自転車談義でもりあがり、あっという間にスタート地点到着。車ってすげえ!

みなさん集まってるジョイフルへいったん顔を出し代表にご挨拶。それから着替えてまたジョイフルへおもむき、晩ご飯をいただきながらあとは楽しい自転車談義タイム。こういう時間も楽しいんですよね~。お付き合いいただいたみなさん、ありがとうございました!またジョイフルでw

レスキューしていただいたバンバン先生、本当にありがとうございました!次は私がヘルプします!(`・ω・´)ゞ

そうそう、実はスルーしていたPCは、DNFを決めた地点からそう遠くない場所にあったのを後で知りました。というかもう心が折れてたの分かっててもDNFしていた気がしますけども。今回の教訓は、準備はちゃんとしよう、なめたらイカン。ということであります。次はしっかり用意して完走目指します!

posted by イワナミ at 20:16| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください