2016年05月29日

外れやすくなったブロンプトンのチェーンガードを固定するHow to.

ブロンプトンに今着いている50Tのクランクは中古で入手したものです。もともとチェーンガードの固定はあまりしっかりしてない構造のようだし、何度か外れてたんでしょうね、やや外れやすくなっていました。しまなみ旅行中にチェーンガードがどこかに引っかかって外れ、クランクに巻き込んで割れてしまいました。

とりあえずはめ直して走り終えましたが、帰ってきてからどげんかせんといかんとボンドで固定してみました。でもなんかこう、仮留め感は否めない。そこでちょっと調べてみたところ、旧型の一体型50Tには組ねじというネジを使った定番固定方法があるようでした。早速部材を入手して試してみました。

160529_192628
まずガードの固定用ピンを引っこ抜きます。ラジオペンチとペンチを使うと一瞬です。

160529_192723
組ネジはM4.5x10mm。5本必要なので2パック要ります。

これと、直径12mmで穴が5mmのステンワッシャーを5枚。

160529_194104
表はネジそのままでOK

160529_194152
裏にワッシャーを入れます。

160529_193227
ねじロックをしておくと安心。

160529_194122
以上、施工完了!

超簡単でばっちり固定されました。このタイプのクランクを使われてる方は是非。

160529_192826
割れたところは100mmのタイラップで対応してみた

しかし、この部分はタイラップの厚みすら許されない構造で、画像の下側の部分ですらチェーンにちょびっと引っかかる。仕方ないのでタイラップは外してボンドで固定してますが、固定と言うにはちょっとアレ。今度チェーンガード注文してこよう。

posted by イワナミ at 22:38| 福岡 ☔| Comment(0) | Brompton | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください