2015年09月04日

鼻毛鯖のSSD化は簡単だった。が

さすがアマゾン、早いですな。発注したSSDがもう届きました。

ちなみにSSDってのはSolid state Driveのことで、日本語化すると固定状態のドライブ、になるのかな?ハードディスクは中の回転している円盤からデータを読み出すのに対し、SSDは記憶媒体にメモリーを使っているから動く部分が無く、中のデータへのアクセスも早くなる、みたいな感じです。一昔前は結構いいお値段してましたけど、今はだいぶ安くなりましたねえ。

私が買ったのはTranscendの256GB(TS256GSSD370S)。入れる本体はNEC Express5800/S70 タイプPJ です。

Tra256ssd
Amazon.co.jp: Transcend SSD 256GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS256GSSD370S: パソコン・周辺機器

OSはWindows10。7からアップグレードしたらイイ感じで動いているのでその環境のまま移行しようという手抜き大作戦です(笑)

久しぶりに本体カバーを開け、DVD-ROMのケーブルを外してSSDに接続します。そして起動して接続を確認。

システムディスクを移し替えるのには、下記リンク先を参考にさせてもらってEaseus Todo Backup 8.2というソフトを利用しました。

HDD / SSD の C ドライブ(システムドライブ)をOS丸ごとコピー/クローンできるフリーソフト「 Easeus Todo Backup 8.2 」の使い方解説! - enjoypclife.net

上記サイトでは変換ケーブルを使われてますけど、デスクトップ機なら中のSATAケーブルに繋げば良いです。

そしてSSD側はフォーマットすらしない状態でEaseus Todo Backupを使ってシステムディスクのクローンを作成。うちだと50分ほどでクローン作成完了。電源を落としてシステムディスクだったHDDを取り外し、SSDを繋ぎます。

ここで鼻毛鯖特有のハウツーだと思うんですが、起動ドライブに使うSSDはDVD-ROMが繋がっていたポート(SATA4)に繋ぐといいらしいのでそうします。

繋ぎ終わったら起動。なぜかBIOSでしばらく止まりました。メモリチェックが走ってるっぽい?BIOSを抜けてからはさすがに早い!サクッと起動しました。

長年使っている環境なので起動後もしばらくカリカリなにかを読み込む状態が続いていたんですけど、SSDにしたらそのカリカリ待ちがほとんど無い。起動したら普通に使えます。これは驚きました。

あと、重いアプリの起動が恐ろし早くなりました。体感で数十倍。もう起動したと!?みたいな。ブラウザもサクサクになりましたね。キャッシュの読み込みとか早いんでしょうなあ。快適快適!

ベンチマークは以下のようになりました。

ssd256
Express 5800 type PJ + Transcend 256GB SSD

HDDのときはこちら↓

mainPC-hdd-160
Express 5800 type PJ + 160GB HDD

明らかに速度アップしておりますな。体感できるのは嬉しい。

試しにBIOS上でAHCIに切り替えてみましたが、うまく起動してくれませんでした。IDEに戻すと待たされるけど普通に起動します。レジストリをいじればいいのかな?よく分かりませんでした。

起動してしまえば体感上での差はなかろうし、PCなんて動いてなんぼですからもうこのまま運用することにします。十分快適ッスから!

これでまた数年戦えます(^_^)b

posted by イワナミ at 01:27| 福岡 ☁| Comment(1) | PC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イワナミ式ブログ乙型 管理人様

お世話になっております。EaseUS Softwareです。

突然のコメント、失礼致しました。

御サイト上で弊社の製品をご紹介頂きまして感謝しています。

この記事を拝読した後、ちょっとお願いしたいことがございますが、宜しいでしょうか?

より詳しい内容をお読みになりたいユーザーのために、記事中にEaseUS Todo Backup Freeの日本語公式ページをご追加頂けば助かります。

http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

お手数をお掛けまして、すみません。

ちなみに、このEaseUS Todo Backupはもう9.2にアップデートしました。お時間のある時に、上記のページにてご覧頂けばと思います。

どうぞよろしくお願い致します。
Posted by EaseUS at 2016年10月18日 17:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください