2014年12月10日

互換インクを使ってみました

CanonのMG3130という4色インク(CMYK)のプリンターを使っています。写真を印刷することはめったに無いし、年賀状程度ならアリかなーと。

この機種、インクカートリッジにヘッドが着いているタイプなので、前から気になっていた互換インクを試してみることにしました。もしヘッドが詰まってもカートリッジ替えれば元通りですからな。印刷コストが安くなればプリンターももっと活用できますわ。

互換インクはそこそこ評判の良いエレコム製をチョイス。ちょうど切れてきたタイミングで穴を開けてインクを補充。クリアじゃないから溢れるまで入れるという乱暴な補給です(笑)

そろそろ年賀状のシーズンですし、互換インクの発色具合を調べるため、手持ちの写真を印刷してみました。用紙は写真用の光沢紙。印刷結果をこれまたMG3130でスキャンしております。

141210_sample3
ホルモンライドでの連写記念写真(抜粋) この画像好きなんですw

なんか色が緑っぽいし薄いような?色味が違うのかも。とりあえずプリンタの設定で若干色味を補正してコントラストを上げてみる。色も濃いめに。

141210_sample2
通常の記念写真

だいぶ色のバランスは普通っぽくなりしたが、やっぱり黒が薄く感じられます。また少し調整してみましょう。

141210_sample1
牧ノ戸峠越えてからの輪行準備

やっぱり黒が全然締まらないですねえ。こんなモンなんでしょうかね。写真印刷は考えてなかったのでまぁドンマイ。

写真は無理でしたけど、普通に使う分にはかなり安いコストで印刷できるようになりました。普通にコピーとったりと色々捗りそう。

posted by イワナミ at 22:28| 福岡 ☔| Comment(0) | PC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください