2014年09月30日

似て非なるもの

Windowsタブレットのデータストレージ用に、64GBの東芝MicroSDカードをAmazonで買いました。届いたブツはバリバリの中国向けパッケージで、そういう業者さんが扱ってるものっぽい。まぁ今時はよくあることかと。

とりあえず手持ちのデータを転送していると、結構な頻度で転送エラーが出ます。チェックディスクすればまた再開できますが、しばらくしたらまたエラー。

もしかしてこのカードがダメなん?とも思いましたけども、SDカードリーダーには容量制限があったのを思い出す。手持ちのは結構前に買ったモノ。もしかしたら今時の規格はNGなのかも知れない。そこでまたAmazonでSDカードリーダーをポチ。

DSC_3062
Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダー

今回買ったのは黒い方。白い方は今まで使っていたものです。Transcendのは横からSDカードを挿すタイプで地味に使いやすいのです。新しい黒いのはMicroSDの口もあり、アダプタ要らずで便利ッス。

早速MicroSDを挿して数GBのファイルをコピーしてみました。結果、エラー発生せず。やっぱり白い方は大容量に非対応だったのかも。認識はするしコピーもそれなりに完了していたんですがねー。時代は移りゆくものなですねえ。諸行無常の響きアリ。

posted by イワナミ at 20:50| 福岡 ☁| Comment(2) | PC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国製と聞くとボルトで重さを調整したUSBメモリ(外付HDD)をおもいだす・・・w
Posted by 斎藤バミューダ at 2014年10月01日 21:38
最近はニセモノも品質が上がってきてますので、ちょっと安く買ったものは本物かどうかいぶかしんでしまいます。
半額で買ったヘッドホン、未だに疑いつつ使ってます(笑)
Posted by イワナミ at 2014年10月01日 22:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください