2013年03月19日

ジョンジェイ?

ずいぶん前から「洋書を一冊読了してみたい」という野望がありました。大きめの本屋でペーパーバッグを手にとり、うーん、やっぱり今度ね、なんてそっと戻したりしてました。いざ買っても読まない自信があったんですよね。辞書引くのめんどくさい(笑)

しかし現代の読書はワケが違います。Kindleは英和辞書内蔵ときたもんだ!

IMG_5900
単語をタップしてると辞書が引けちゃう。なにこの近未来読書環境!

映画ランボーの原作First Bloodのサンプルで試し読みしてみました。辞書はサクサク!とは動きませんけど、許容できる動作速度です。紙の辞書引くよりよっぽど早いのは間違いない。

サンプルからAmazonの当該ページへはすぐ飛べます。

screenshot_2013_03_13T05_38_09-0344
お安いのは素直にうれしい♪

この原作、日本語版を読んで衝撃を受けましてねー。あの辺を英語でちゃんと理解出来るか試してみたいと思いまっす。ちなみにまだ冒頭のパトカーに乗せられたところまでしか読めてませんw

そうそう、Kindle paperwhiteで漫画は快適に読めるのか?を試す意味で、無料で公開されている「ブラックジャックによろしく」をダウンロードしてみました。

130319_231636
kindle paperwhiteのサイズ感はこんなの。

130319_232105
画面サイズが小さいからコマの字も小さいですけど、全然読めます。むしろ画素数のアラが出なくて綺麗に見えて良い感じ。

他にも小説なんかを何冊か読み始めてみましたが、Eインクな液晶は読みやすいですねえ〜。表示してるだけなら電池食わないってのもすごくイイ。バックライトはしょうが無いけど、小説を読んでる間は電池の心配ナッシングとかとても良いです。

そしてこのサイズからくるお手軽感が最高。持つのも楽だし、スイッチ押したら読みかけのところからスタートするんで「ちょろっと読もうかな」って気分になります。いいわ〜>kindlePW

posted by イワナミ at 23:40| 福岡 | Comment(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]