2006年10月09日

ヘッドホン改良 その2 本命改造

X122の改造には、お手本が存在します。
白ケーブルのページ」と言うWebサイトのX122 monitorです。
ケーブル交換は済ませたので、あとは「ドライバ周辺を鉛シートで覆って制振し、ポートを調整、背圧調整用にウレタンを入れる」と言うモノ。
鉛シート以外は適当に用意できそうなので、とにかく鉛シートを探します。

ゴルフ屋に売ってると聞いて、何軒かまわりましたが、欲しい「0.3mm厚の大きいシート」はなかなか見つけられませんでした。
ようやく見つけたのは、0.15mmのそんなに大きくないヤツでしたが、これ以上探すのは面倒なので2枚購入。
2枚重ねれば0.3mmだから、2枚。
1009_x122_kai_01.JPG
これを貼り付けるのであります。

型紙なんてのも公開されてるので、ありがたく利用させていただきます。>入手先 AV初心者のホームシアターレビュー(この中のX122コンテンツ内、鉛シートで云々のところにPDFがありました)
1009_x122_kai_02.JPG
上に印刷した紙をおいてなぞると簡単にケガけました。
1009_x122_kai_03.JPG
あとはハサミで切ってやって、張るだけ。
鉛は柔らかいんで切るのは簡単です。

で、そいつを張ったら、ドライバ裏にあるポートをふさいでる紙を剥がし、穴を半分のこした形でふさぎます。
私はそのまま鉛シートの切れっ端でふさぎました。
ちなみに、先がとんがったピンセットがあると比較的楽です。
写真だと大きく見えますが、実際は数ミリしかないチップ状の板を張り付ける作業ですので。
1009_x122_kai_04.JPG
で、塞いだ状態がこれ。
参考ページの姿と似てるから大丈夫でしょう。

あとは、背圧調整にスポンジが必要ってことなので、これも台所用のを切ってとりあえず入れてみます。
1009_x122_kai_05.JPG
とりあえずこんな風に切ったモノを入れてみました。

さて、ドキドキしながら試聴してみます。
音は鳴りました。

が、とんでもなく重低音仕様。
ベースでボーカルがかき消されてます。
参考ページでも、もっとスポンジ入れてらしたし、 とりあえずこんな量のスポンジでは足りないようですわ。
柔らか目の粗いスポンジもあった方が良いらしいし、買い出しに行くまで保留です。

重低音が出たついでに、初期状態では鳴らせていなかった低音を含むナイロンズのCDを聴いてみました。
おお、ちゃんと極低音の太鼓が鳴ってる!
こいつはスゲェ!
でもヘッドホンとしては全然ダメな現状に、枕を涙でぬらしました。
posted by イワナミ at 23:37| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sound | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック