2017年04月25日

二週連続で志賀島 その2 ~志賀島とダム、ダブルで~

先週志賀島は行ったし、今週はどうしようかなー。でも志賀島のカレー屋さん、今週はタケノコのカレーがあるのかー。これはみんなに知らせておかないと。そう思い、早速ツイート。

「明日はシカシマカリーでタケノコカリーがでるそうな」 (原文まま)

このツイートにカレー業界が誇るカレーの精霊ネリー氏が反応。「メガネ...」と。そこでハッと気付く。シカシマカリーってなんやねん!あそこの屋号はメガネカリーや!(゚Д゚)クワッ

なんとなく自分でも違和感はあったんですけど、志賀島のカレーだからシカシマカリーだと安易にタイポしてしまいました。メガネカリーなのに!お向かいのシカシマサイクルとごっちゃにしてしてんじゃねえ!

これは大変失礼なことをしてしまったと思いましたが、まぁ世間ではよくあるミステイクだろうし数分で広大なネット空間に霧散するはずだった。のですが。ネリー氏のリツイートをメガネカリー店主に拾われちゃった模様。しかも私のことも認識されてる模様。速攻ツイッター上でお詫びはしたけれど、やはりちゃんと直接謝りたいんで明日のサイクリング先が決まりました(笑)

土曜日に秋月までカレーサイクリングをしていたあつなお殿も日曜は海か山かサイクリング先を悩んでいたらしく、私がメガネカリーにわび入れカレーサイクリングに行くと告げると付き合ってくれることになりました。あざます!心強いです!w

そして今回は集合場所を設定してアイランドシティ内で合流を果たしました。

170423_094324
まずはエンナちゃんの休憩所に。そして桟橋跡が消えているのを実際見てびっくり。

この日は視程がめっちゃ良くて対岸のシーホークの柄が視認できました。すごーい。黄砂とPM2.5 でよく見えないことに慣れてしまった自分が哀しい。

170423_100655
空気が綺麗だからのっけから志賀島もキレイに見えます。先週の霧とは大違い(笑)

今回は集合が早かったので先に潮見公園を攻略することに。登坂に入るとあつなお先生はシュルシュル上って行かれました。がんばれ俺の足-ハァハァ。

170423_104745
思った通り視界良好!上って良かった。

170423_105433
ここまで見えるのはホント珍しいです。もしゴジラが向こう岸にいても弾着観測出来るレベル。

170423_110837
下ってからいつもの浜辺で「今日は先週と違って玄海島が見えるんですよ」な状況説明的撮影をば。

170423_111517
空気キレイだと望遠大活躍。新型コンテナ船かっけえ。

なんて楽しんでたらメガネカリーの開店時間が迫って参りました。そろそろ移動しましょう~。

170423_112215
玄界灘の青とカシャロジャージのブルーがいい感じであります!

さて、メガネカリーは今回も前に二人並んでる状態で到着。開店後、すぐに昨日のことをお詫びしたら店のお二人は「ウケました(笑)」と笑ってすませてくれました。ありがたやー。

開店即満員ってわけじゃなかったけど、すぐに一杯になってましたな。やはり美味しいカレーは人を呼び寄せますなあ。

20170415_curryn
今日のターゲットは筍とかしわのキーマカリー

鶏だからってわけじゃないけどこれ美味しかったすわー、筍が年中旬ならいいのに。お、タケの旬で筍か。昔の人はいい感性してますのう、とタイピングしていて気付く四月下旬の夜。

相変わらずこの後はノープランだったので、時間も早いから滅多に行かないであろう東のエリアをご案内することにしました。目指すは久山の猪野ダム。途中、長谷ダム経由であります。潮見公園含めて最寄りの登坂コースですが、こんだけまとめて走ったことはないです。坂嫌いだったので。

登坂は今でも苦手ですけども、登坂できたらサイクリングコースがすごく広がりますからな。長めのサイクリングすると登坂は避けられないし、それなりに上れて苦手意識が薄くなると「たーのしー!」って感じられる時間が増えます。上れるに越したことはない。理屈は分かってるんですが、なかなか苦手ゾーンから脱出できないッス(^^;)

170423_123123
まずは香椎を抜けて長谷ダムへいきますよー。

長谷ダムへは香椎駅裏の細かい道を縫っていくので地の利のない人にはお勧め出来ないし、登坂も短いから大して面白くもないんじゃ?なんて思いますけど、短いけどキツイ登坂でダム超えられるってステータスもあるからサイクリングにおけるちょっとしたスパイスって意味ではありなのかも?坂苦手歴長いもんで坂の魅力がまだよく分かりませんw

ここんとこサイクリングでちょろちょろ登坂してるから少しは脚力が戻ってきたようで、心拍アゲアゲながらもなんとかダンシングで長谷ダム(香椎側)クリア。しんどー。メインディッシュは猪野ダムなので遊歩道へは入らずそのまま久山へ抜けました。

170423_133424
久山の定点に到着の図。

ここにロードの人と来るのは初めてかも。辺境の地へようこそ(笑)

久山神社から緩い坂をのぼり、ダム前の登坂がちょっとキツイ感じ。当然あつなお氏はサクッと視界から消えました。久しぶりにダムまで上るのでちょっとしんどい。てかステムあたりからパキパキ音がしだして気が気じゃない。締めすぎた?逆にゆるんだ?とりあえず上ってチェックですわ。

170423_141034
登坂完了。今日はもう上らねえぞ!

170423_135741
締め直して異音解決。コラムにヒビとか入ってなくてよかった(^^;)

そのまま猪野ダムを周回しました。車もほとんど走ってないし、新緑がキレイでいい感じでした。あつなお氏も気に入ってくれたようでなにより。

170423_141958
よいとこです。

ダムを周回して下界に下りて、なんとなくお茶するところなど探しながら

170423_144014
新しく出来た道を案内しつつ南下。エリア的にお店はまったくなかったw

結局福岡インター近くで解散。お疲れさまでした!次回は空港まで自分も豆狩りにいきます(笑)

posted by イワナミ at 01:12| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

二週連続で志賀島 その1 ~海霧に消える島~

先々週と先週の二週連続であつなお氏と志賀島へ走りに行ってました。まずは1週目。4月15日です。

なんとなく香椎浜で集合しますか~てな感じでしっかり予定を決めていなかったので、あつなお氏となかなか合流敵わず、結局志賀島で合流を果たしました。あとでSTRAVAのログみたら数百メートル差で海の中道を走っていた模様(笑)

今回のサイクリングの目的の一つはメガネカリーのエビカリーを食べること。11時開店のつもりで来てみたら11時30分開店の模様だったので、軽く一周いっときますか!でサクッと周回に。ほぼ30分なのでちょうど良い。

170416_111159
湿度はちょっとあるけど天気もなかなか良し。いいサイクリング日和と思いきや、

170416_111513
濃厚な海霧が発生しております!

かなり真っ白けでして玄海島が全く見えない。こんな霧は志賀島では初めて見ました。道中であったカメラおじさんも初めてだと言われてました。なかなかレア体験。

170416_112350
裏側も霧で視界悪い。

とはいえ自転車の速度域だと問題無いレベルの濃さだったのでメガネカリーの開店時間目指してペダルを回しました。

メガネカリーの前には二人並んでたのでその後ろに。これなら席は確約されたようなモノです。勝ったなガハハ!

20170422_curryn
メガネカリー 限定のエビカリー 魚介の出汁が効いてて美味しーい!

あつなお氏は汁なしチキンカリー。こちらも美味しそうであります。
ドリンクセットのお茶をいただきつつこれからのルートを思案。この日はラファのジャージ展示イベントが催されていたのでそれを観に行くことに。その前にもう一周して潮見も上りましょうかね。

170416_124959
ひとまず海っぺりで食休み。

通常ならこっち方面に玄海島が見えるのですが、海霧でまったく視認出来ず。もしかしたら消失してしまってるかも!?なんて懐かしい映画のネタなどを想い出しつつだべります。ちょっとお腹もこなれたし、潮見公園上りますかね。

170416_132309
登坂中、霧の中に出たり入ったり。

ニローネ号の登坂はクランクが175mmから170mmにちょっと短くなったため、ちょっとペダルが重くなってます。計算したらクランク175mm換算でリア28丁が27丁に変わったくらいの差のようです。まさにチョイ重。でもこういうネガティブ項目はメンタルに大きく影響するので「めっちゃ重い気がする!」と思ってました(笑)

170416_133606
登坂後、潮見公園から眺めると、ちょうと砂洲の上に霧がかかっていてなかなか幻想的でした。

しばらく景色を眺め、いざラファが出店している清川へ。

170416_141252
たまには踏んでおかないと、というあつなお氏の高速列車。しかし途中下車(^^;)

もうちょっと走れるようにしておきます-。

170416_142849
世代的には未来少年コナンの三角塔にしか見えない。

170416_144721
箱崎付近で頭上を降下する飛行機の音に反応してパチリ。

当然ノーファインダーですが、だいたい持った感覚で思ったところが撮れるようになってます。長年使ってるSONY TX20は手になじんで気に入ってるんですが後継機種がないんすよねー。大事に使わねば。

170416_151409
ジャージの展示は思った以上の空間になってて時間を忘れて楽しませていただきました。

170416_160202
ウロウロしながら見てたらどんどん知り合いが訪れてきてオフ会状態に。

各ジャージにまつわる逸話など聞かせてもらいつつ、楽しい時間を過ごさせてもらいました。ありがとうございまっした!

結構な時間までおじゃましておいとま。まさか次の週も志賀島に行くとは思ってませんでした(笑)

次週に続く。 See you next week!

posted by イワナミ at 23:58| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

玖珠発の九重サイクリングでしばかれてきました

最寄りのリバーサイド&裏道研究家であるあつなお氏と、玖珠スタートで小国、九重方面へ走りに行ってきました。最近導入されたビアンキ ニローネ号の初ロングライドでもあります。

ざっくりルートは

玖珠→天ヶ瀬→松原ダム→小国→茶のこ→黒川温泉→牧ノ戸峠→九酔峡→玖珠

というもの。そして、おそらくはみなさんが思い描く道ではない、わき道というか裏道をチョイスして走るルートでした。それなりに坂はあるけど車と絡まないから大変走りやすかったです。あつなおさんありがとうございます。グッジョブでございました!

170414_084619
まずは玖珠スタート。あの山へ上るイベントもいずれはやるっぽい。ヒェー

170414_085042
踏み切り停車は撮影の時間です。桜と青い人と黄色い車両と山の緑で色合い盛りだくさん。

170414_085415
これぞあつなおチョイス、という道ですな。下調べが半端ない。

170414_090219
まず来たのは三日月の滝。落差はないけど岩盤がバキッとなってる様はなんかすごい。

そして久しぶりのSPD-SLシューズでよちよち歩き。岩場超こわい。

さらに少し走って慈恩の滝へ。170414_093104相当昔に来たような気がする程度でもちろん自転車では初。

さて、ここから松原ダムへ向かいます。一応県道ですがなかなかの田舎道。とにかく車と遭遇しないいいルートでした。

170414_101545
こんな感じのところをまったり走ってると「サイクリングたーのしー!」ってなりますな。

170414_102425
そしてたまに千切れる

170414_103455
もうすぐ松原ダムってあたり。気持ち良いよい。

170414_111150
そしてダムに到着!

松原ダムと下筌ダムでダムカードゲット。このダム沿いは工事アリ勾配アリでちょっと走りづらかったですね。

170414_112156
走りづらいといえばハンドルが若干曲がっていたりもしましたがドンマイ( ^o^)ノ

170414_113445
季節的にも最高やないか!

ダムから小国までの小国街道は多少車とからむも快走路ですね。トンネルの歩道が広いのもよかったですわ。

そして小国を通過して「茶のこ」に到着。ここはマスターが自転車乗りなこともあり、福岡からも自転車乗り走りにいく有名なカフェであります。ごはんもスイーツもお茶も美味しい!

170414_124915
ごはんに鳥からあげがのった茶のこランチをいただきました。とりがしみるぜ。

この日はニコ生ジャージを着ていたからか、マスターから「綾祢さんとかとブログに載ってるイワナミさんですよね?」と声をかけていただいきびっくり。ニコ生ジャージと綾祢さんの有名さに便乗だ!このビッグウェーブ、乗ってこう!(笑)

てな感じでモリモリごはんをいただいていたら、あつなおさんがなにやら驚いた感じで入り口を見ている。なんぞ?と思ったらサイクルジャージ姿のあんぢ師匠がニコニコ近づいてくるではありませんか!そういえばツールド国東のAコースにエントリーしちゃったから走らないといかん、なんて言ってたけどなんでまたここに?

師匠いわく、インスタグラムで我々の動きを見て、お昼ごはんは茶のこだとあたりをつけて自走で来られたとか。タイミングバッチリですよ!

三人でごはんしてお茶して、たまたまいらしたサイクリストの方も交えて盛り上がり、それはもう楽しい時間でした。はぁもう帰りたいけど最後に牧ノ戸超えないとなんですよね~。しゃーない、がんばりますか!

170414_140724
久しぶりに見た師匠のフィブラ。ド派手である。

170414_141456
お疲れっした!エネルギーが残り1/3とのことでしたが、帰りもお気をつけて!

茶のこからのルートが渋くてですね~。国道へ出ずに奥へすすみ、そのままずんずん山の方へ。170414_142313
よろしくあつなお先生!

170414_143234
坂で千切れるのは仕様です。

170414_143515
なんか開けたけどどこだここは?

正直どこ走ったのかいまいち分かりません。気がつけば黒川温泉の中にいました(笑)

黒川温泉を通り抜け、さらにメインでない道をえっちらおっちら。

170414_151038
なんだか九重エリアっぽい感じになってきたぞ。

170414_154340
この先で牧ノ戸への峠道に出るみたいだけどもなんだ坂こんな坂~(*_*)

正直、もう登坂力が売り切れてまして、あつなお氏にはなんども待ってもらいつつのサイクリングでした。いつもありがとうございます!

あとはゆるい勾配をのぼって牧ノ戸峠を超えるだけなんですが、この勾配でも登れんのか俺は!?というくらいに全然走れませんでした。牛歩戦術かと。

170414_161347
でも絶景だからがんばれる。というか休憩いれないとがんばれません(^^;)

170414_162439
たぶんもうちょっと。そして気温が下がってくるのを感じます。

上ってるときは別に大丈夫なんですが、下りはウィンドブレーカー的なモノが必須ですな。

170414_164046
やっと着いた-!本日の登坂はほぼ完了!

いやー、しんどかったッス。でもニローネのポジションがドンピシャに合ってて、走りも軽い操縦性も良いでサイクリングをとても楽しめました。良い自転車ですわー。てれすけさん、綾祢さん、ありがとうございますm(_ _)m

さて、あとは下り基調です。自転車乗りが下り基調というとかなりの確率で上りが入るんですが、ここからのルートはほぼ下りでした。よかったですw

170414_170343
半感応式の信号は人間でも反応することを証明し、信号を青にする青い人。そのもの青き衣をまといてシグナルを青にするべし!

170414_172457
下り途中で寒くなり缶コーヒー休憩。気温の違いからか桜まだまだ満開でした。

170414_180103
下ってきたらもう日が傾いてきてました。影が長い。

170414_181813
そして豊後の森駅跡に立ち寄りました。いつの間にかSLが!(情弱

170414_182136
チェレステは背景に埋もれないのがよいのであります。

絵になる公園だけに、どう撮るのかむずかしいっす。また撮りにいきたい。

あとは車のところに戻るだけ。

170414_182847
110kmの山ライド、おつかれっした!やっぱり自転車たーのしー!

この後日田のプノンペンラーメンで補給し、帰路につきました。あつなおさん、ありがとうございました。また行きましょう!

posted by イワナミ at 00:56| 福岡 ☔| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

2017 BRM401 ヤマネコ200はリタイアしました

今年も対馬で行われるブルベに参加してきました。が、結果はDNF。リタイアです。トラブルもありましたけど、乗ってない、太った、が主な敗因ですわ。200kmで3700mくらい上る山岳ブルベなのに全然上れないんですもの(*_*)

とりあえず時系列で振り返ってみましょう。

170401_044936
もうじき対馬に着くので準備する人たち

0時出航、5時到着のフェリーです。今回は目が冴えて全然眠れずに着いてしまいました。ビビッたか俺(笑)

下船して自転車を組み立て、500m先のコンビニへ用意し忘れていた朝ご飯を買い出しに。サラダチキンを流し込む。やっぱり鳥ですな!

170401_055957
ブリーフィングを聞いて、いよいよスタートです。

170401_061254
夜が明けていく中を走り出す。

のっけから登坂です。今回は天気が良く無さそうなので雨具を携帯しています。これが結構重たい。さらに対馬は食べ物を補給する場所がほとんどないのでミニ羊羹を13個とエナジージェルを三個フレームバッグに装備。これだけでずっしり重い。そして自分もお正月にくらべて3kgは重くなっております。上りがきついのなんの。

とりあえず一つ目の山頂に到着。みなさんまだいらっしゃるので一安心。

170401_070051
とか思ってたらスタッフの綾祢さんがブロンプトンで上ってきちゃったよ!すごいな!変態や!(笑)

ひとしきり盛り上がったところで先を急ぎましょう。シュー…パアン!!

山に木霊す破裂音。バーストです。私です(ToT)

img170401_ayane01_3
いそいで原因を探る [Photo by Ayane]

このパアンは通常のパンクじゃないですね。サイドカットの可能性が高いです。過去に泣いた記憶がよみがえる。タイヤを探ったらやはり穴が開いてました。どうやら後輪が下にずれた状態ではまっており、フルブレーキのタイミングでシューがタイヤに接触し、タイヤが切れた模様。初歩的なミスです。あほやー。

穴は一部ですが長い区間が削れてて怪しい。とにかく穴に裏からガムテを張り、こんなこともあろうかと持っていたヤマダ電機のポイントカードをタイヤとチューブの間にすべり込ませてタイヤブートにします。応急修理完了。ただし空気圧はやや低め。

補修具合からしばらくは走れそうだし、H谷さんに付き添ってもらってPC1まで行くことにしました。

リアタイヤがめっちゃ気になるので路面のギャップに注意を払いつつ走ります。段差怖い。なんかタイヤの一部だけ感触が違うような?なんて疑心暗鬼になりつつもとりあえずPC1に到着。まだ30kmくらいなのに正直しんどい。

img170401_ayane01_10
PCなのでサポートをいただき、予備のタイヤを念のため携帯させてもらいました [Photo by Ayane]

やめるにはまだ早いから、次のしんどいポイントである烏帽子岳まではがんばろう。そこの登坂で判断しようと思いました。

コースプロフィール的には重たい山岳はそうないんですが、国道レベルでもアップダウンがたくさんあってとてもキツイ。途中で雨脚が強くなりカッパ装備。初めて透湿ゴム手袋のテムレスも導入。たしかに通気してる感じがする!なんて思いつつ烏帽子岳付近へ。なんで海抜ゼロ付近まで下るのか(*_*)

烏帽子岳は150mくらいだけど途中の勾配がとてもきつい。前回はダンシングでなんとかしたけど今回は無理。結構な距離を押しました。もう私の登坂力はゼロよ。

なんとか上まで上りきり、展望台へ。

img170401_tsushima200_6
景色はいいけど、もう元気ないッス [Photo by Hase]

60km走ってのこの消耗具合での完走は無理と判断し、ここでDNFすることにしました。ハセさん付き合ってくれたのに申し訳ない-。

img170401_tsushima200_8
今回のブルベは一応終了。お疲れ俺。

ただ、対馬の公共交通機関はほぼないに等しいため、今夜の宿まで走らないといけないのであります。登坂ありのざっくり30km。気持ち折れそう。いや、折れてるんだけども(笑)

11時くらいだし、まずは腹ごしらえどころを探しましょう。鯛焼き売りのおいちゃんと話してたら20kmくらい戻ったところにレストランがあるらしい。おいしいよ、とのことだったのでそこに決定!そこまでは手持ちのようかんでしのごう。13個あるからカロリー的には大丈夫なんだけども。

img170401_tsushima200_9
この段階でのサイドカット部分はこんな感じ

穴が少し広がってるような気が。やはりこの先はやめて正解かなと。

170401_120208
水面の桜と絡めてみたの図

ルートはわき道には目もくれずにひたすら国道を。それが一番近いし楽そうでしたが、やっぱりしんどい登坂の連続でありました。1時間半くらいで橋のたもとのレストランに到着。精神的に長かったですわ~。

img170401_tsushima200_11
さわやかランチをいただく

景色のいいカフェレストランでした。美味しかったけれど、土地のモノを期待してしまっていたのでちょっと残念でした。贅沢な話しですがね。

170401_135600
この橋の横にありました。ゴールまでもうちょいだし、ブルベで寄るのはむずかしいかも。

ご飯食べ終わったのが14時くらい。15時くらいにはお風呂が用意されるらしいから、時間的にちょっと早いなーとか考えつつ走ってたら、「なんちゃら砲台跡」の看板が!とりあえず寄る!

綾祢さんから砲台跡とか寄ったらどうですか、なんて聞いてましたしね。戻るのもまだ早いしちょっと寄り道です。

って!なんだ坂こんな坂登場!結構上らされました。そして一気に下る。

170401_142027
お、あと2kmならがんばろう

170401_142021
1.5km先だけど、天空のって、もしかして山頂とかなの?

いやな予感がしましたが、先へ。なんだか道が狭くなって参りました。

170401_141503
この先かー。1kmチョットあるっぽいな。

サイドカット状態のままなので、ダートはさすがに断念。引き返しました。ちょっと見たかったけど、ここのリスクはやばそう。

下ってきたのを再登坂は勘弁じゃー。迂回路はどこかいな?探してみたけど来た道しかありません。砲台跡を紹介してくれた人のことを想い出しつつ神と仏を呪いながら再び上りかえす。ひとおもいにころせー!みたいな。

でもまだみんながんばってますからね。雨とか降ってないだけ平和ってなもんで。宿まで残り数キロ、がんばれ俺。最後まで登坂は続き、宿に到着したときの走行距離は96kmでした。登坂は1800mくらい。よくがんばった俺。

着替えてお風呂入って軽くビールをいただいていたら、スタッフカーより入電。ゴール受付を担当することになりました。初めてだったのでお手数かけさせちゃいましたけど、みなさんのご協力でなんとかなりました。ありがとうございました~。

img170401_ayane01_11
受け付けマン。とはいえ全部書いてもらうんで大したことはしないんですけど。[Photo by Ayane]

終盤は豪雨とか雹が降ったりでみなさんなんとか生還した感アリアリでゴール。ちょっと感動しちゃいましたわ。ランドヌールすげえ。

ゴールした人への対応なんかしてたら宴会もう始まってんじゃんw 乾杯の時間には居られたからまぁいいか。

img170401_ayane02_1
かんぱーい! [Photo by Ayane]

たまたま座ったとこの周りが韓国からの人たちでちょっと緊張したけど、アプリとか英語でコミュニケーションは普通にとれたし、お互いお酒いける口だったのでめっちゃ盛り上がって楽しゅうございました~。Joo, Steve, Han, See you next year!

このあとはあんまりおぼえていません(・∀・)

2017_0401_nehan
しんでいたようです(・∀・) [Photo by Nagashima]

泊まる部屋が宴会部屋になってて、部屋に戻ったらすぐ寝ていびきかいてたそうで。なんかすんません( ^o^)ノ

おかげさまで次の日はしっかり目が覚めて朝からご飯モリモリいただきました。美味しかったですわ~。旅館の方々、ありがとうございました。

img170401_ayane02_4
みなさん、お疲れっした!

特に主催のイシカワさん、スタッフのたいかんさん、綾祢さん、お疲れさまでした。いろいろありがとうございました!次回は完走出来るようにがんばりたいと思いますので、是非ともまたよろしくお願いしたいッス。

あと、酒は飲んでも飲まれるな>俺

posted by イワナミ at 00:12| 福岡 | Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする