2016年09月07日

MTBにビッグアップル(29x2.35)を装着

MTBにはブロックタイヤしかない!と思ってましたが、舗装路でタイヤのブロックがみるみる減っていくのは哀しいものがありました。いざオフロード!というときにすり減ってたら意味ないし。ということで普段使いでも気軽に乗れるようにオンロードタイヤの導入を決定。

オンロードタイヤにする場合、走行抵抗を考えてだいたい細身にします。細い方が速く走れそうですから。しかし、MTBに細いタイヤを履くと見た目がショボくなる気がするんです。なるべくなら太い方がいいなあ、と思って探してみたら、29x2.35というかなり太めのタイヤがあるじゃないですか。シュワルベのビッグアップルというやつです。バルーンタイヤの先駆け、なんてコピーがついてたりします。

URBAN - 街乗り用タイヤ -|SCHWALBE(シュワルベ )|PR International

29x2.35は一本890gと重いけど、たぶん乗ったら気にならないっしょ。トレーニングになるってもんですw 160905_210851
バルーンって書いてる(笑)

タイヤを交換し、いざ試走!なんとなく志賀島を目指しました。

160906_140057
セミスリックだけど太いから見た目の安心感は半端ない

乗り始めての第一印象は「踏みだし重っ!」でしたw 最近小径車に乗ることが多かったからですかね。しばらく走るとスタート時の重さは気にならなくなりました。ギアを落とせばいいし。そしてセミスリックタイヤになった恩恵でタイヤの抵抗による減速感がとても少ないことを痛感。スルスル進みます。そして太いタイヤだから多少のギャップは全然気にならない。この気楽さがMTBの醍醐味ですな!

160906_141155
29erでこの太さ実物のボリューム感すごいっす。

重いタイヤなので速度が乗ると慣性が働いてさらにスルスル進む感じになります。少し追い風だったので巡航楽々。いやー、これはいいわ~。

ほどなく志賀島に到着し、周回へ。休暇村手前の坂は、普通にしんどかったですが、昔MTBで来たときより脚力自体は上がってるようでインナーは使わないで上れました。タイヤ転がり抵抗が少なくなったので低速になる登坂はちょっと楽になったのかも。

160906_150204
なんでも乗り越えちゃう感。まだこの太さは見慣れないですw

しばらく居合わせたロードの人とリハビリ中のライダーと歓談してから潮見公園へ上ってみました。いざとなればインナーがありますし!

登坂開始して後悔。やっぱりMTBは重いですわ。というか登坂力落ちまくり。フロントインナーには落とさなかったけど、かなり低めのギアで這い上がりました。蒸し暑いから汗たらたらです。

160906_154253
やはり潮見公園からの景色はよかですな。

MTBだと達成感があります。あと、わき道に入りたくなるので注意が必要。どこかには出るんでしょうけど。

160906_160100
志賀島外周は気持ちよいよい

工事信号待ちされていたロード女子から「私遅いんでお先にどうぞ!」なんて言われちゃいましてね。良いところを見せなければスイッチが入って高速巡航。心拍最大!このまま先行しては身が持たないのでわき道にエスケープ(笑)

160906_161803
昔よく通ってた海沿いのルートを見にいってみる

反対側にあった渡船場が廃止になって通行が途絶えたようで、やたらゴミが散乱してました。もう通らない方がよさそう。

海の中道からは歩道をまったり帰還しました。そうそう、途中で人工島にあるベジフルスタジアム(青果市場)に寄ってみました。

ベジフルスタジアムは一般客の来場をかなり意識した造りで、常時開放された見学ルートやお食事どころ、少ないながら小売のお店もあります。さらにコンビニもあるしトイレも綺麗なんでサイクリングの途中に利用しない手はないなーと思ってですね。

前回来たときに見た北側の駐輪場がショボかったからぐんにょりしてましたが、守衛さんも聞いたらもう一つ駐輪場が南側にあるとのこと。とりあえず見にいってみたら、スタンドなしでも使えるラックがあるじゃないすか!これならロードでも寄れますな。ホントはぶら下げるラックが欲しいとこですが、それはさすがに贅沢な要望かw

160906_171951
太いタイヤも入るサイズでした。

ちなみにベジフルスタジアム内にはローストビーフ丼屋とステーキ屋とラーメン屋と海鮮系食堂、あとは社食みたいな大きな食堂がありました。どれも一般の人でも利用できます。あの辺りでお昼難民になったときは是非。

posted by イワナミ at 22:32| 福岡 ☀| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする