2016年04月13日

Brompton S2Lのギア比変更

ブロンプトンの2速モデルS2lは、デフォルトでフロントに54Tのチェーンリングが付いてきます(3速、6速モデルは50T)。
リアは12/16でして、重い方のギアにすると平地高速巡航で踏み続けるのはしんどい重さでした。なので、ほぼ常時ローギアに入ってる状態です。さすがにここまで重いギアは要らないので早々にチェーンリングを変えてギア比を軽くしたいなー、と思っておりました。

今の低い方のギア比で20km/h台後半くらいは出そうだから、今のリア16Tのギア比をリア12Tで再現するには、と計算したら40.5と出ました。ということはブロンプトンのオプションにある44Tにしたら12T常用で16Tは登坂用に使えるんじゃない?ということで44Tにしようかなーと。

私のは2012年モデルで一体型クランク装着車なので旧型のISOテーパーBBのはず。新型はJISテーパーでちょっとクランクの位置が変わるかも?なのでとりあえず一体型のクランクを用意することに。
しばらく一体型の44Tを探したんですが、旧タイプなこともあり市場に全然出回ってません。頼みの綱であるオークションでも全く見かけません。新型の44Tも在庫無しみたいだし、一体型44Tはマジで手に入らないかも?

そこでふとブロンプトンの先輩であるシンさんに「フロントは50Tくらいでいいんじゃない?」とアドバイスいただいたことを思い出す。確かに44Tは軽すぎますよ、とLOROの方も言ってたナー。そんなタイミングに某中古パーツ屋で50Tの一体型クランクを発見!ちょっと悩んで確保!54Tからは早く脱したかったんです。

160405_143408
左50T、右54T

よく見りゃ直径がちょっと違う。それより50Tの肉抜き穴がカッコイイ。

160405_143246
サクッと入れ替える。持っててよかったコッタレス抜き。

交換自体はあっけなく完了。チェーンのコマ数は減らすべしなんだろうけど、そのままで問題ないって話しも小耳ったのでとりあえずテストライド。ペダルの踏み具合は、思ったほどは軽くなってなかった(^^;)

ペダルの踏み具合は、思ったほどは軽くなってなかった(^^;) ただ、車道である程度の速度を出す場合、これくらいのギア比があっていいかも。多少ギア比が落ちてるのでHiで車道巡航上等、まったり走りはLowギアで。みたいな。少なくともフロント54Tのときよりは踏めるギア比になりました。

160406_170505
チェーンテンショナーの角度もそんなに変じゃないかな?1度LOROで見てもらおう。

しばらくこれで乗り込んでみます。ってブロンプトンで一生懸命走ることはあんまりないんですけどね(笑)

posted by イワナミ at 22:42| 福岡 ☔| Comment(6) | Brompton | 更新情報をチェックする