2015年10月19日

MR4をなんちゃってアヘッド化する作戦 ステムハイライザー投入!

ヨドで取り寄せになっていたステムハイライザーことSATORIのHEADS UP 2がやっとこ到着。

DSC_0927
アタマを上げろ!

これとシュレッドレスコンバーターを合体させるわけです。そしてコンバーターのウスを引き上げるネジの上にヘッドキャップがくっ付いていました。

mr4-bhp20
BHP-20

BHP-20の上にHEADS UP 2がハマる予定だけれども、キャップの直径がデカイのでそのままではハマりません。これはヘッドキャップ付きのネジはあきらめてHEADS UP 2込みの長さで下のウスまで届くボルトを買ってこないといかんの?それは難易度高そうですよ?職人の店っぽいネジ屋さんで1本だけ買うのは勇気いるんすよ?

この組み合わせで装着したという記事は読みました。もしかして?と思って軸をペンチで挟んで上のボルトを緩めてみたら、普通にネジ止めされていたヘッドキャップが外れました。そりゃそうだ。こんなところネジ止めに決まってるw

151019_200352
BHP-20の軸はこういう六角レンチで回せるようなネジになっておりました。ここの絵が見たかった。

このネジを締め上げてBHP-20をフロントフォークにガッチリ固定させ、あとはHEADS UP 2とステムとハンドルの上部構造を乗っけるだけです。シュレッドレスコンバーターが新世代アヘッドの上部と旧時代の下部スレッドを繋ぎよった!

151019_200005
新旧ハンドル比較。ハンドル幅はまったく同じでした。ナイスです!ありがとうカレーさん!

151019_202632
仮組みしたら結構いい感じに。

さて、ざっと組んでみたところ、ハンドルはかなり高いところにきました。測ってみると、ハンドル上面の地上高は950mmありました。980mmだったシート高との落差は30mmまで縮まっております。また、シートはリアサスの影響で少し下がるので、ハンドルとシート高はほぼほぼフラットになる予感。これならまったりライドが出来そう。ロングライド対応型折り畳み式ポタリングマシーンの完成です!やったー!

151019_202718
シュレッドレスコンバーターのパーツ部分が弱そうですが、肉厚のパイプだったから破断はないと信じよう。コンバーターのウスで固定されてるからクイックの部分は不要かな。固定する意味でネジは残そうと思います。

151019_202734
ハンドル高がかなり上がったので、予想通りケーブル長が足りなくなっりました。アウターから作り直しです。ながやん氏から売るしこもらってるから問題ないッス。あざっす!

またがってみたところ、ポジションはかなりラクチンぽい。そしてフロント周りの剛性は弱くて若干ビヨンビヨンします。衝撃吸収性が高いということで良かろう(・∀・)

ワイヤー周りを作り直して変速調整、あとはバーテープ巻いたら完成じゃー。早くどこかへ走りにいきたいっすわ〜。

posted by イワナミ at 21:39| 福岡 ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

初めての英彦山ライドに死す

先週の土曜日に、カレー氏やあつなお氏と筑豊方面の山を走ってきました。当初は小石原村あたりで鳥モモを焼いたヤツを食べようライドだったのですが、諸事情により英彦山ヒルクライムと鳥モモライドにナテマシタヨー(゚_゚)

英彦山と言えばこのへんではヒルクライム大会で有名です。とてもしんどい坂をバビョンとみなさん上っていくらしい。そんな坂はプロが上るものだと思いたいのですが、どうやら庶民も上って良いようです(笑)
近くまで車載してもらえることになりましたので、とりあえずなんとか上れるかなと。

さて当日。あつなお氏に乗っけてもらっていざ添田。

151010_085708
いきなり添田公園。フル自走なら折り返すところかもw

スタート時点ではカレー氏、あつなお氏、メロン姐さん、私の四人。自分が別格に登坂は遅いです(キリッ

添田公園を過ぎたあたりから英彦山ヒルクライムのコースになります。カレー先輩はいきなり消えました。あつなお氏もシューッといなくなり、メロン姐さんもほどなく視界からいなくなられました。登坂ではよくあるシーンです。

151010_090817
俺の周りだけ重力場に異常が発生している!ここは俺に任せてみんな先に行けー、の図(フラグ

151010_092734
きつかったです

英彦山の登坂は二段階になってまして、まずだらーっと上ったあとにそこそこ長い下りがあります。それから結構は急登が続き心がへし折れるあたりでゴールとなります。

ダラ上りを過ぎてしばし下り。重力カタパルトお恩恵を受けつつ下ってますと、地元の軽トラの後ろにつきました。長い直線の下りでしばらく後ろを走ってましたら、軽トラがじわりと減速してスッと左に寄りました。

「ああ、道を譲ってくれのか。ありがとう〜」と右から前に出ようとしたらアナタ!軽トラがウィンカーも無しにいきなり右折を始めたわけですよ!

直進する私の目前には軽トラの横っ腹が見えてる状態。しいて言えば日本海海戦状態。俺がバルチック艦隊だ!Z旗が見えたような気がしました。文字通り死亡フラッグ(笑)

フルブレーキングで減速しつつ右旋回を試みるも軽トラとの距離がつまる−!もう無理かも−!と思ったけれどもなんとか軽トラと平行な状態までにはもっていけました。でもまだ軽トラ向きのベクトルはあったもので軽トラと接触して立ちゴケのように転倒。

ぶつかる直前はおいおいおいー!!と声を出してたので軽トラのおっちゃんもすぐに降りてきて大丈夫ですか!?と聞いてくれました。

幸いぶつかった衝撃はほどんどなかったし、ひかれてもない。とりあえず打った場所をチェック。大した損傷はなさそう。外傷もない。自転車もこれといって不具合はなさそう。ホイールに振れもない。ホント立ちゴケした程度のようです。

「田舎だから(ウィンカーをつけなかった)」みたいなことは言ってたけど、それは通らんでしょ。しかし私の前方不注意ってことにもなるのかなーとか、英彦山ヒルクライムのコース上だけにあんまり揉めたりするのも良くない気がしました。ケガも損害も気にするほどでは無さそうだったので「今後気をつけましょう」でおっちゃんとは別れました。

しかし何かあったときのために連絡先の交換くらいはしておかないといかんですね。連絡先聞いてなかったのでホント何ともなくてよかったです(^_^;)

さて、ヒルクライムは継続中です。気を取り直して登坂再開!したらいきなりシカが三頭登場!

151010_093826
分かりづらい画像ですが中央やや上に三頭写ってる。はずw

今日は色々あるなぁオイ〜とか思いながら重いペダルを踏み踏み。後半の上り始めで1時間経過しておりました。

上る前、いやー自分遅いから1時間半とかかかるかもですよー。いやいやそれはないでしょw みたいなやりとりをしましたが、現実的になって参りました。先行したみなさん、すみません!とりあえず頑張ってるんですー(*_*)

151010_101925
ヘロヘロのぼってやっと天辺付近に。ここからまだあるんですけども。

151010_103207
あんまり遅いんで心配して下りてきてくださったの図。

151010_104007
やっと上れました。タイムはなんと1時間22分。バリ遅いw

ホントお待たせしてすみませんでしたー。

151010_105400
ほどなくしていも天さんも合流。

歓談してると、どうやらえすもと先生も登坂開始したみたい。せっかくだから待ちしょう〜。とか言ってたらカレーさんが迎えに下っていかれました。今日だけで自分の倍は上ってるんじゃなかろうか。

151010_110807
えすもとさんにげてーw

六名になり、モモ焼きを目指します。ひとまず長い下り。超寒かった。ベストがなかったら死んでたかもw

長谷の里でしたっけ?モモ焼きと鴨うどんをいただきました。美味しかったでござる!しかし登坂で疲弊していたのでろくな写真がござらぬ−。

そこから陣屋ダム方面へ抜ける予定でしたけど、ショートカットルートをあつなお氏が発見したのでそちらへ

151010_130157
なかなかイイ感じの田舎道。

151010_130200
さすがあつなおさん!

151010_131005
って!あつなおさんっ!?

やや荒れたダウンヒルルートに肝を冷やしました(笑)

下った先は最終目的地のまめ庵でした。豆腐系のお店で、おぼろ豆腐などはもちろんのこと、豆腐で作った唐揚げみたいなのや豆乳の杏仁豆腐、白玉団子みたいなやつもありましたなー。なかなか面白い。あのあたりに行かれる方は行ってみるとよかも。

後は車まで戻って解散し、あつなお号で帰路に。

151010_150728
唐揚げ屋さんだけど、馬刺しを買って帰りました(笑)

さらにコストコにも寄ってもらって鳥を一羽まるっと焼いたヤツを買って帰りました。ありがとうあつなおさん!おかげさまでハッピーな一日となりました!

しかしまぁ自分は登坂がホント遅いなと痛感しましした。もう少しマシならないと。体重を落とさないといかんのですが、こればっかりは鳥が許してくれなくてですねー(妄言

あと、田舎の車はウィンカー点けないから要注意です。一歩間違えたらやばかったー('_')

みなさんもお気をつけて!

posted by イワナミ at 22:24| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

MR4をなんちゃってアヘッド化する作戦 発動

5月の話しになりますが、MR4のステムが折れましてね。

IMG_0917
ポッキリ

幸い、停止直前だったのでつんのめった程度で転倒もありませんでした。もちろんケガも無し。

150522_160354
破断面詳細 溶接が上手くいってない...

MR4のステムはリコールがかかっていたので以前GIANTに相談したところ、「アルミ製ならリコール対象外です」と返事をいただいていたけれど、再度確認したらアルミ製でも私のタイプは交換対象だった模様。対策品を送ってもらいました。ケガしてないのでまぁそれで十分かなと。

さすがにもうこのタイプのステムで乗ってる人はいないと思いますけど、もしも上の画像のステムでまだ乗ってるMR4乗りは急いでGIANTに連絡を!担当者が発送を忘れたりするからなかなか来ない時はさらに連絡を!(゚Д゚)

さて、対策品が送ってきたわけですが、これがかなり形状が違う。

DSC_3948
とても頑丈そう。

二度と折れないように強度ましましで作った感じですね。気合いのアルミ塊。

IMG_1045
新生MR4。

ただ、このステムだと強度重視のためかあまり突き出し量がなくて、前のものに比べて20mmくらいハンドル位置が下がってしまうんです。イージーライド用で使いたいのにハンドル落差が前より付いてしまって正直シンドく感じられます。ちなみにハンドルと水平ステムは固着しててこの角度から変えられないのでありました。

MR4独自のステムをやめてアヘッドステムに交換する「なんちゃってアヘッド化」というのがあるのは知っていたけれど、それにはシュレッドレスコンバーター、ドロップハンドル、ステム、の三つをそろえる必要がありざっくり1万円かかるかな?と思って二の足を踏んでいました。しかし現状のMR4は乗りづらい。うーむ。

そういえば昔MTBで使ってたステムがあるよな?と思って探してみたら、130mmのステムが出てきました。これ使えたら安上がりです。ハンドルはだれか余らせてたりしませんかな?そう思ってTwitterで聞いてみたところ、欲しかったコラム径25.4ではなく今時の31.8のものならありますよ、とカレーさんから返信いただきました。

長めのステムが欲しいところですが、120mmならサイクリーに1000円で売ってるようです。ハンドルをいただけたらあとはシュレッドレスコンバーターを買うだけ。BBBのロングなやつが85mmほど上がるのでよさそう。2000円チョイじゃないすか。意外にお安く実現できそう。

mr4-bhp20
BBB ヘッドセットパーツ エクステンダーアダプター BHP-20

カレーさんからハンドルをいただき、ステムもゲット。アマゾンからBBBのシュレッドレスコンバーターも届きました。とりあえず組んでみる。

DSC_0919
よいではないか!

シュレッドレスコンバーター BHP-20 (22.2-25.4)
1インチ変換シム(25.4-28.6)
ステム 120mm、10度、ハンドル径31.8、コラム径28.6
ハンドル 31.8径、420幅

こういう組み合わせになりました。

さっそくMR4に組み付けてみる。あれ?ハンドル位置高くないよ?むしろ低い気が。
ハンドルまでの高さを測ってみると、900mmでした。シート高が980mmなので落差80mm。ちなみに低く感じられていたノーマル仕様では920mmの落差60mm。さらに下がってどうすんねん!(ToT)

お酒飲んでふて寝しようと思ったけど、ステムをにょーんと上がったタイプにしたら大丈夫かも、などと思いパーツ検索してると、ハンドルの位置をかえるアダプターを発見。私のには使えないけど、色々ありそうね。

さらに調べて行くと、ステアリングコラムを延長するアダプターにたどり着きました。ステムハイライザーとか言うようです。文字通りコラムを延長するもの。

mr4-headsup2
こういうの。画像はSATORIのHEADS-UP2

シュレッドレスコンバーターのBHP-20とHEADS-UP2の組み合わせは先達が実戦済みの模様。80mmほどステムの位置が上がるみたいです。ほぼシート高とハンドル高が同じになる感じ。これこそ夢のラクチンライド仕様!のんびり走っちゃうよー。

HEADS-UP2はヨドバシで取り寄せになりました。続報をしばし待たれよ〜。

posted by イワナミ at 12:08| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする