2017年08月26日

汗汗フェスタ参戦記 ~当日編~

キャンプの夜は聞いていたほど暑くはなく、そこそこ快適に眠れました。マットを忘れてきたながやん氏もそれなりに寝られたらしい。おはようございます。

20170806_morning
汗汗フェスタの朝は早い

当日はタケボウチューンさんの日よけタープのお世話になるんで、その陣地確保のため5時半くらいに起床。ピット付近に行くとすでに陣取り部隊が待機してます。ピットエリアの出口付近が人気なのかな?でも自分らはピットエリアの手前側に場所を確保!そのタイミングくらいで予定より早く竹本氏到着。早速タープを展開して陣取り任務完了。いい経験が積めました。

テントサイトに一時戻り朝ごはんをいただき、テントその他の撤収。それから着替えて受け付けです。朝っぱらからスタッフの人もお疲れっすわー。ありがたやー。このへんのタイミングでRさん合流。今日はよろしくッス!

受付も済ませてゼッケンも付けた。今回は初出場のRさんもいることだし、とりあえず試走しますか!とコースイン。コース確認のためゆっくり走るつもりだったのですが、やっぱMTB楽しいなアハハー!と各自加速w 途中でRさんは前転したようでしたが、大事にいたらずなによりでした。

しばらくして我がチームのエース綾祢さん、応援のトミーさん、カレー氏、メロン姐さんも合流。今日は楽しくなりそうだ!\(^_^)/

170806_091659
まめぞう屋ジャージ率が高かったですよ社長!

170806_knkn_ayane12
自分はニコ生ジャージですが☆ [photo by Ayane]

170806_092243
開会式-。今年の選手宣誓の人、なかなか面白かったです。やりよる。(写真は運営会長)

開会式後はスタート待ち。1周目はコースの再確認もかねて初出場のRさんに。自転車をスタート地点に並べ、ピットをうろうろして知り合いにご挨拶。

170806_094505
これが汗汗フェスタだ!というニュアンスが伝われば幸いです(笑)

170806_094258
ペダルたん兄弟とうちのエースのコラボ。やるきにみちあふれております(・∀・)

スタート時間が近づいてきたのでスタート地点へ。今回はキャンプ目的だったのでカメラは人任せ。ありがたく画像拝借いたしますm(_ _)m

170806_knkn_ayane21
Rさんがんばってー![photo by Ayane]

もういっちょコーナーで応援したらあとは戻ってくるのを待つばかり。今回は四人チームなので1度走ると小一時間まわってこないので自由度が高い。まったり出場の我々にはちょうどいいかも。Rさん、ながやん、イワナミ、綾祢さん、の流れで走りましたんで、自分の出番まで30~40分あります。そして会場はすでに暑い。

170806_knkn_ayane10
ひとまずシャワーを浴びました。 [photo by Ayane]

本来は冷水シャワーのはずですが、配管があたたまっててお湯のシャワーでした。キャンプ後だしちょうどよかったw そうそう、最近ボウズにしましてね。あまり変わらないと言われますが一応。

170806_knkn_ayane24
第二走者ながやん先生疾走!やっぱりうまいなあ。[photo by Ayane]

ながやん氏はシングルスピードのフルリジッドで出場。変態であります。

ながやん氏と交代でイワナミもいざ出陣。下しは楽しいけどちょっとの上りで息が上がる!でもなんかたのしい。

170806_knkn_ayane13
自分も速そうに撮ってもらいました。逆バンク減速中なう。 [photo by Ayane]

後半の上りで信じられんくらいしんどくなったけど、まぁこんなもんでしょ(笑) 次走者の綾祢さんにバトンタッチしてしばしぐったりします。日陰最高!ありがとうタケボウチューン!

休憩時間にまたシャワー浴びて食べ放題のフルーツをもぐもぐ。熱中症対策できゅうりに塩は多めでね。地表温度は45度とかなってたらしいですからなー。

会場BGMはCDがあればリクエスト可能っぽかったので来年はなにかネタを仕込みたい、なんて思いつつ応援徘徊。

170806_knkn_ayane16
応援する人たち [photo by Ayane]

170806_knkn_tommy23
楽しそうな応援スタイルと期待に応えるライダーの図 [photo by Tommy]

170806_knkn_tommy40
綾祢さんも前傾深くていいポジションをとらっしゃる。速いわけだぜ! [photo by Tommy]

170806_knkn_curry1
そしておつかれっすw [photo by curry野郎]

170806_knkn_ayane3
おそらく2周目でも元気なながやん先生 [photo by Ayane]

最終周回は順番的にRさんでしたが、みんなもう満足してたというかもう上りたくないっぽいので自分が代わりに。

170806_knkn_ayane28
29erなのに26インチのようなサイズ感。ロゴダウの巨人です。 [photo by Ayane]

下りはひとより余計に溜め込んだ位置エネルギーを利用出来るので、結構スピードが出ます。ずばんと長い下りがクリアラップだったときは楽しゅうございました。

170806_knkn_tommy22
最終周回、バトルっぽく撮ってもらいました。トミーさんありがとう! [photo by Tommy]

170806_knkn_tommy1
途中一緒になった人とは談笑しながら走るスタイルです(笑) [photo by Tommy]

これで3時間終了でした。お疲れさまでした!

チーム「焼鳥を愛好する団」は四人で9周して、チームで66/137位でした。自分は三周でだいたい満足ですかねー。これ以上はちょっときつそう。ソロで参加されてる方は尊敬します!

今年も無事に参加することができました。一緒に出てくれたり、現地で絡んでくださったみなさん、ありがとうございました。また来年も楽しくやりましょうぜ!

汗汗フェスタの空撮動画がオフィシャルでアップされていたのでご紹介。

汗汗フェスタ2017 in 千畳敷高原(youtube)

いっぱい走ってたんだなーと実感しました。来年は写りたい(笑)

posted by イワナミ at 15:39| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

2017 汗汗フェスタ参戦記 ~前日編~

今年も山口県長門市の千畳敷キャンプ場で行われる汗汗(かんかん)フェスタに参加してきました。

汗汗フェスタというのはMTBの3時間耐久レースです。まったりもよし、ガチもよしな、ビギナーからベテランまで楽しめるイベントであります。

今年は毎度おなじみながやん、綾祢さん、イワナミに加えて最近MTBをゲットされたRさんを加えた四人で参戦することにしました。そして、ながやんと私はキャンプを楽しむべく前日入りしたのでありました。

前日入りするなら案内に書いてあったプチレースに出てみようぜ~、と軽い気持ちで障害物競走的なミニレースに参加しました。

kankan_minirase004
こういうセクションを駆け抜けるのであります。シーソーを疾走、とか言う気はない(キリッ

一本橋、シーソー、シケイン、バンク走行、丸太2本越え、狭くなる一本橋、という障害がありました。一人ずつタイムを計測し、障害をミスると5秒加算されるルール。

30人くらい参加されるとふんでヘルメットやポンプなど豪華賞品が7つも用意してありました。が、集まった参加者はお子様含めて17人。これはなにかゲットできる可能性大ですぜ!

スタートまで練習してよかったので、ぐるぐる回ってみる。丸太の間隔がホイールベースプラスアルファに設定してある丸太越えがやっかいでねー。その後の一本橋へのアプローチも路面がスリッピーでアプローチが地味にむずかしい。

なんかむずかしいやんけ!HAHAHAー!と楽しく遊んでたら時間となりいざ本番。出走表に記入した順にスタートとなりまして、私は最初の方でした。緊張しつつもミスらないようになるべく急いでフィニッシュ!26秒8で暫定一位。まぁ他に速そうな人が結構いたので、出走する方々に「いけますよ!」とか「ふめふめー!」とか「ミスれ~!」などのプレッシャーを与えつつ楽しく観戦(笑)

結構速そうだな!と思われる人たちがことごとくミス。丸太から一本橋へのアプローチでみなさんミスされてましたな。30秒かからないところに5秒のペナルティはかなりデカいので、自分の暫定一位がなかなか動きませんよ?あれよあれよと最終走者まで完了し、結果、優勝してました\(^o^)/ さらに、ながやん氏が二位!ワンツーフィニッシュです(笑)

170805_153135
結局二人ともフロアポンプをいただきました。イェーイ。ガチャピンTシャツのおかげで勝てたよ>ぶちょこさん

本番のあと、遊びで計測してたら速い人は25秒台でフィニッシュされてました。プレッシャー与えてなかったら即死でした(・∀・)

思いのほかミニレースでいい思いをしたので、今回の汗汗フェスタはもう満足した感ありましたw

ともあれキャンプも楽しみにしてたので、ダッシュでテント設営の後、七輪で焼いて野外宴会スタートやー!

170805_174118
ししゃもを焼く現地の人

20170805_burn
鳥を焼いて簡易スモーカーで燻しながら食べるとうまい!

ししゃもの後は主に鳥肉を焼き、ながやんのスモーカーで簡易燻製したりしながらダラダラと飲み続け、ちょうどビールが底をついたあたりの22時頃には眠くなってましたな。ピットの陣取りで朝も早いですしそのまま就寝。

去年は夜も暑かったそうですが、今年は風があってテントがメッシュのままだと少し冷えるくらいでした。閉めたら暑かったとながやんは言うてましたが。

車中泊の人が多かったのか、テントサイトはまだ余裕がありましたな。面白かったので来年も前泊アリでいきたい。そしてもうちょっと写真を撮っておけ>俺

posted by イワナミ at 22:51| 福岡 ☁| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

関東のブロンプトン乗りを志賀島へご案内~

お絵描き好きサイクリストのすぽさん@関東在住がついにブロンプトンを購入!おめでたい!
そして帰省のついでに福岡をちょっと走りたいとのことでしたので、先日の小径車オフ会でも好評だった志賀島一周ポタリングへご案内。最寄りの6速スピードスター綾祢さんにも来てもらい、三名でいっちょいきますか!

JR宇美線に乗り換える香椎駅で合流し、一路西戸崎へ。海の中道でイベントがあったせいかちょっと混み気味でしたが、ブロンプトンならあまり邪魔にならなくてよいよいー。

170715_121429
すぽさんは悩んだ末にRAWカラーのS2L。しぶい。

170715_122727
ひとまず海が見えるところへ。天気ヨーシ!

小径車ポタリングの楽しみの一つはこういうところでのだべりですな。距離を走りたいわけじゃないからまったりメインで。ちょうどお昼どきなのでメガネカリーへ向かいましょう。

20170715_sposan
ちょっと交換してみました。なぜかお互いブロとウェアの色合いがドンピシャ(笑)

170715_125527
路側帯が出来てずいぶん走りやすくなりました。尽力された関連各位に敬礼!

170715_131543
メガネカリーは今日もおいしい。

お茶まで飲んで移動しましょう。次の目的地はショップ弘。3kmくらい走ります。

170715_134622
のんびり海辺を走ります。

のんびりですが、三人ともロードバイク乗ってたりしますので巡航はそれなりに。ブロンプトン、よう走るわ~。

170715_140041
ショップ弘でサザエさんをいただく。

一個100円なので寄らないわけにはいかない(笑)
テラス席でしばらくゆっくりして、お次は勝馬の浜へいきまっしょい。

170715_144219
風が吹いて気持ちヨカとこです。

ここでも水分補給しつつ歓談タイム。ブロンプトンネタで話しは尽きません。

この日の予定としては、あとはシカシマサイクルでお茶でも飲んでシメのつもりでしたが、すぽさんが現状でどれくらい登坂できるものか試してみたいので潮見公園に行きたいとのこと。フロント54Tでまじすか!その意気やヨシ!つーことで早速潮見へレッツトライ。

フロントバッグに諸々積んでる状態でシューッと駆け上がって行かれました。最近走り込んでるらしかったし、ギア比的にジリジリは上りづらいのもあったかも。そしててっぺんでは疲労困憊したすぽさんが(笑)

聞いたら登坂の距離が想像の10倍長かったとな。確かに潮見公園いきますよ、だと、ちょっとした公園へのアプローチの坂、というイメージになりますよね~。失敬失敬☆

170715_151307
ブロできた

潮見公園はブロンプトンでは二度と上らないぞ!と思ってましたが、また上ってしまいました。おそらく三度目もあるのだろう(*_*)

170715_153708
とりあえず一周するコースで。

相変わらず工事区間がありますが、こっちサイドの道好きなんです。

170715_155815
そしてシカシマサイクルで梅スカッシュをいただきます!

休みすぎな気もしますが、ブロンプトンだとこれくらいがちょうどいい。宇美線の時間を調べて、ぼちぼちおいとま。

170715_160902
フロントバッグ大きさ比較。自分のはモンベルですがw

自作のバッグも便利なサイズ感ですが、やっぱりSバッグくらいあると色々運べてよさそうですねえ。いずれ買おう。

170715_161104
そんなこんなでグッバイ志賀島!

西戸崎までシューッと向かえばあっという間でした。ホントよく走りますわー。10kmくらいなら走ろうかなと思ってしまいます。そこをあえて輪行するのがまたよし、みたいな(笑)

博多方面に乗り換えるすぽさんと綾祢さんとは香椎駅でお別れ。一日あざました~!また会いましょう~!

という流れで次の日もLOROでペダル購入芸を見せてもらってラーメン食べに行って博多界隈を軽くポタってみたり。なんつーか、ブロンプトン最高です(^_^)b

posted by イワナミ at 17:39| 福岡 ☀| Comment(0) | Brompton | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

ブロンプトンのフロントバッグを作ってみよう

170630_adaptor
最寄りのブロ乗りKムラさんから、ブロンプトンのキャリアブロック用のアダプタープレートをいただきました。ありがとうございます!

あまり使ってないモンベルのバッグがちょうどいいサイズなのでこいつをドナーにしてみましょう。フレームの代わりにこれまたちょうどいいサイズのトレーを発見。ドリルも用意して準備は万端だ!

170701_105402
キャリアブロックのアダプターをこのトレーに固定するのです。どうせプラスチックだし木工ドリルで十分でしょう。

170701_105702
しかし、トレーの素材が固すぎて穴が開く前に割れやがりました(^_^;)

弾力性があまりない素材だったようです。これに穴を開けて使ってもそこから割れるだけでしょうからトレー方式は廃案。本棚に挟まってた薄い合板が手頃な感じなのでそいつでやってみることにしましょう。

170701_110827
強度的には不安ですが、さすがに加工は容易ですな。ギュンギュン掘るぜ。

この穴に合わせてバッグ側も穴を開けます。そして二枚の合板でバッグを挟んで固定。このバッグは背中がポケット状になってるのでいい具合に合板も隠れてくれます。計算通り(笑)

170701_122258
二枚をしっかり固定しようと手持ちの小ネジ総動員。やりすぎである。

しかし、このアダプターのネジ位置、ちょっと集まりすぎですな。ワッシャーにかかる応力きつそうなので、ちょっと挟みもの金具を考えないと。

170630_frontbag
テストにちょっくら走ってきましょう。

170701_143454
なんとなく志賀島を目指す。ちなみにこの道は行き止まりでした。

固定が不安でたいして荷を入れてないのもありますが、フレームに固定されるフロントバッグは全くハンドリングに影響がなくてよいモノですね。Sバッグ購入も時間の問題な気がw

170630_siomi
フロントバッグを着けたら潮見公園も楽勝!(プラシーボ)

170701_162602
しかし現状ではバッグが垂れ下がってライトに干渉することが判明。どげんかせんといかん。

さすがにこのままだと困るので底を持ち上げるアイテムを探しにホームセンターへ。閉店まで10分しかなかったのでパッと目に付いたステンレスのLアングルを二つ購入。これでなんとかなるっしょ。

170702_190737
一番下は力がかかりそうなので強めに固定。底板もでっちあげ、袋ナットを付けたらイイ感じの脚になりました。

170702_190925
うまいこと立ちますw

170702_191008
しかしこの三点のネジ部分に全過重がかかるわけで、ちょっと不安は残りますねえ。

せめて背面にあるアダプターサイズくらいの金属製挟み板が欲しいとこです。ちょうどイイ感じの部材でも探しますわ。ハンズマンならきっとあるはず!

日を改めて、ホームセンターで金具を物色。ちょうど三点がかかりそうなT字のものを発見。もう一声大きいのがよかったけれども、2mmくらい厚みがあって頑丈そうでよい感じ。ついでに2mm長いビスも購入しました。

170701_mogeta
早速取り付けてみたら、勢い余って1箇所ネジ部分のパーツがモゲました。

電動工具のトルクをなめたらいかんやった(^_^;) とりあえず皿ビスのアタマが引っかかりそうだったので、樹脂の袋ナットにギュイーンと固定。とりあえずはよかろう。

170703_192808
こんな感じになりました。

全体に対して支える範囲が広がったのでメリッ!ともげる可能性は低くなったかな。しかしモゲたネジのところの締め付けが弱ったのが気になるので、皿アタマのビスとナットでも買ってきて強く締め上げたい。金具の上の方が板から離れないようにすればいいんだよな~、とプチ施工。

170703_225442
金具の上に剥がれ止め的な意味を込めてビスを3本ビスビスビス!

結構強く固定された気がします。これで金具がもげたらあきらめますわ(笑)

真ん中のネジを金属ナット止めに換えてからネジの緩みや耐荷重あたりを確認しますかね。ミラーレスカメラとレンズ、あと飲み物くらい入ればいいから、2kgくらいの荷物に耐えてくれれば御の字です。

posted by イワナミ at 23:51| 福岡 ☁| Comment(0) | Brompton | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

山中でソロキャンプ

先日テントのポールをメンテしてたら、久しぶりにキャンプしたい!と思いまして、山中キャンプ場へ行ってまいりました。

山中キャンプ場は三瀬峠を越えてすぐのあたり。うちからだと車で一時間半。テント泊だと一人200円なのです。杉林の中で川のせせらぎ音が聞こえる静かなところです。お風呂施設がないのが難点かな。

奥の方には一組いらっしゃったので、反対側の水場が近いあたりに設営。

170614_163923
失われたポールを枝でなんとか。これの代替品なんとかせねば。

170614_164315
こんな感じで本日のキャンプ地設置完了。

テントは20年くらい前に買ったダンロップのツーリングドーム。広く使いたかったので三人用。二人でも広々寝られますし、一人なら荷物がどさっと入れられて便利です。

170614_171121
夜に備えて薪を拾っておきます。

キャンプ場で本でも読もうかと思ってたんですが、到着が結構遅くなったこともあり、日が暮れる前に着火することにしました。

170614_172439
直火じゃないなら火は使ってよいそうで。これまた長年愛用の金属七輪で着火の儀。

小枝で済まそうと思ったけど面倒なのでアルコールも使い、楽勝着火。

本日の焼きものは、鶏(もも、胸)500g、豚バラ200g。さすがに牛を追加したら多すぎだろうからこれくらいで。メスティンでご飯も炊きました。

170614_solocamp2
メスティンご飯とトリを焼いたモノ

170614_191431
クレイジーソルトと醤油で和えたキュウリを付け合わせに。シンプルうまい。

170614_191417
こんな感じです。ちいさいテーブルマジ便利でした。

170614_191509
椅子は物置とゴミ入れ、キッチンペーパー、ウェットティッシュを装備。こうしとくと便利でした。

さっと拭けるものがあると助かりますな。そしてそれを入れるゴミ入れも。椅子に座ったまますべてにアクセス出来る環境最高(笑)

170614_194620
空はまだ明るいけど杉林の中はもう暗い。ランタンとライトを装備。

ランタンは全体を明るく、LEDライトで七輪の上をライトアップ。ヘッドランプは明るすぎたので要るときだけ点ける、としました。ヘッドランプが明るすぎるのは盲点でしたね。暗いのも味のウチなので。モンベルに5ルーメン用のLEDが付いてるのがあったなあ。ああいうのがいいかも。

暗くなってきたところで寒くなってきましたのでフリースを羽織りました。あとでさらに防風ベストも追加。夜の山はまだかなり寒かったです。酒もってこいって感じ(笑)

170614_193753
トリを蒸し焼きにするシステムを試してみました。火の通りが少し早くなっていいかも。

170614_221315
たき火モードに入り、飲みものも焼酎お湯割りにシフト。薪が尽きるまで宴は続いたのでありました。

二時間くらいたき火してました。もの思いにでもふけろうとかなんて思ってましたけど、無理でしたね!たき火の最中はたき火のことしか考えられなかったw 集中はするからある意味すっきりはしましたけども。ゆっくりたき火するなら大きな薪でやらないと。小枝はすぐ燃えちゃうから常にいじってないとイカンです。それが楽しいんですけど(笑)

よく飲んで食べてたき火も楽しんでさて寝るか、と横になったら若干斜面で寝苦しかったのはここだけの話。

寝苦しい割りにガッツリ寝まして朝ご飯。フランスパンにソーセージを挟むのですが、そのままだとパンがパサパサで美味しくない。ちょっとホットサンド風にしたいなーと思いついたやり方がこちら。

170615_084348
蒸しパンシステム?

ソーセージを極少量の水でボイルします。水が蒸発しきる一歩手前でソーセージの上にパンを載せて蓋をしてしばし待つ。しっとりホットになったあたりでソーセージとマスタードを挟んでいただきます。

170614_solocamp1
あったかモチモチでウマイ!

あたためるタイミングを研究するあまり、三回やってバゲット1本食べちゃいました(・∀・)

11時の撤収タイムまでまったりして帰路に。いやー、やっぱりキャンプはなんか楽しいっすね。炭がまだ残ってるしまた行きたいです。

posted by イワナミ at 01:27| 福岡 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする